d0116376_18233224.jpg
リハビリから帰宅しやっと日常を取り戻しています。
もちろん、継続は力なり、ですから、
これからも運動は続けていくつもり。

折から、こちらは素晴らしい秋晴れ。
ノルディックウォーキングに行ってきました。
上記の写真はその時のスナップです。

久しぶりのわが町、というか私の住んでいる町の
景色、紅葉が綺麗です。

さて、日本は衆院選挙で騒がしいことと思います。

私はもう在外投票の郵便を出しました。
ぎりぎりですが間に合うと思います。

公開の場で誰を、どの党を支持するなど、
もちろん言いませんが、遠い外国で
私の思いは複雑です。

自民党内でポスト安倍を狙う石破さんの
立場も複雑ですよね。

これで自民党圧勝となれば、安倍さんが
「国民の支持を得た(ので森友、加計問題は
忘れていい)」という主張で続投になるのだろうし、
自民党の勝利は石破さんとしても目指さなくては
ならないし・・・

などと、他人事ながら、心配したりして。

自民党支持の人で石破さんに首相になって
もらいたい人はどうしたらいいんでしょうね?

希望の党が選挙民の心を侮らなければ、
その辺、もっとうまくいったのにね、と
私は思います。

残念なことです。

[PR]
さて、リハビリプログラムの内容です。
私の場合は:

1週は

理学療法30分が2

マッサージ30分が2回

マシンを使ったトレーニング1時間が3回

アクアジョギング30分が2回

ウォータートレーニング30分が1回

背骨トレーニング30分が2回

循環しながらやる10種トレーニング30分が2回

溶岩パックが2回

背中についての講義1時間が3回

太極拳30分が1

ノルディックウォーキング1時間が1回

第2週は、背泳コース45分毎日が加わりました
(その代わり、第一週のアクアジョギングと
ウォータートレーニングが削除されました)。

第3週は、再び第一週のプログラムに
ほぼ同じです。

太極拳とヨガは術後まだ12週間経っていないと
いう理由で削除されました。
体をねじる運動が多いのだそうで、まだ適さない
ということらしいです。

これだけインテンシブに運動をすると、
まず、昼食の時間に本当にお腹が空きます166.png
それから夜ぐっすり眠れます152.png

時間割に沿ってアチコチと建物の中を歩き回って
いると、学生時代に戻ったような気がします。
懐かしいです101.png

このリハビリでしっかりと安定性を
身に着けるつもりです174.png


[PR]
椎間板ヘルニアの手術を受けたのは8月10日。
半年間苦しめられた痛みがすっかり取れ、
別世界で生き返ったような気さえしました。

術後3週間自宅で静かにした後、
6月に亡くなった母を偲ぶ会が9月初めに予定
されていたので、2週間日本に一時帰国しました。

手術をしてくれたドクターは
「術後3週間で長いフライト」に
もちろんいい顔をしませんでしたが、
事情が事情でしたので、フライトを
急遽グレードアップし、フラットシートで
何とか問題なく行ってきました。

帰独後、即予定のリハビリが始まりました。
3週間の予定で現在2週間が過ぎたところ。

これは手術をした病院の社会保険担当者から

リハビリの希望を訊かれ、その病院が

健康保険会社に許可を得たことによって
参加が
決定したものです。

こういったリハビリはたいていは宿泊付で、
病院のようなホテルのような宿泊施設に
滞在して行うのですが、通いリハができる
所もあります。
そこで、私はその通いリハをやっています。

これですと昼間はリハビリプログラムをこなし、
夜は自宅に帰り、普段の生活を保つことができます。
ただし、これは「通える」状態であることが
条件です。

実質15日間通いリハの場合、料金の自己負担は

150EUR110EURです。

(もちろん保険が負担してくれる日数は

無制限ではありません。)

また、プログラムには昼食が含まれており、
この昼食メニューは、普通食とベジタリアンと
2種類。毎日サラダバー、スープ、
メイン、デザートと揃っています。
また、味もなかなかです。

そこで、最も大事なリハプログラムの
内容ですが、それは続編でご紹介しましょう101.png


[PR]
2回目のレーザー治療も効果なしだったため、
いよいよ背中を数センチ切る手術を受けました。
先週の木曜日のことです。

今回はもちろん全身麻酔です。
手術は成功165.png
昨日退院しました。

入院前日に見た(今年2度目の)ダブルレインボー:

d0116376_22424087.jpg

本当に幸運の前兆でした179.png

予後の注意はまだまだ続くとはいえ、
半年間続いた痛みは嘘のように無くなりました。

手術をしてくれたドクターに感謝です。
特に問診の翌々日に執刀してくれたこと、
何と言っていいか分からないほど、
感謝しています。

手術前に麻酔医が私に
「彼の手術はいつもドライだから」
と言ったので、どういう意味か尋ねたところ、
出血がいつも少ないので有名なのだそうです。

それだけ腕がいいということらしいです165.png165.png165.png


[PR]
日本から来た友達とランチ。
で、下記のスペアリブを食べました:
d0116376_18011327.jpg
これ、一人分です。
写真では迫力が伝わらないかもしれませんが、
実は、横が約30 cm、縦が20 cmくらいの入れ物に
入ってるんです146.png

お肉の身の部分はそれほどないとはいえ、
食べるのに疲れて、おなかがいっぱいになる前に、
降参してしまいましたぁ135.png

以前にも同じレストランで食べたことがあって、
このブログでも報告したことがありました。

先ほどちょっと探したら、2010年の8月、
その時はポテトをあまり食べずにお肉に集中した
せいか、完食した、と書いてありました。

でも、今回食べきれなかったのは、歳のせいも
あるのかも・・・だって7年経っているので142.png

で、味の方も前回は美味しいと思ったみたいですが、
今回は「まあまあ」と感じた次第。

ここのシェフはオーストリアで修業したことが
ある人なので、クレン(西洋わさびの細い千切り)
がついていたのが、私には何より嬉しかったです165.png

これって大根おろしに喜ぶ老人って
いう感じかもしれません(笑)



[PR]

d0116376_19551770.jpg
昨夜はリコーダーアンサンブルの仲間と観劇に行きました。
数年前から夏休みに入る前後にいい演目があったら
行こうという話になっています。

このブログでも紹介したことがあると思うのですが、
最初の年は「シュぺッサートの宿」、次の年はシェークスピアの
「真夏の夜の夢」でした。

この二つの作品はコミカルな内容で楽しめたのですが、
その次の年の作品がなんだか暗い作品だったので、
それ以来お休みしていました。

で、今年はモリエールというコメディだったので、
行くことになったのでした。

モリエールと言えば私は「人間嫌い」を読んだのみですが、
有名な劇作家です。
彼の生涯に倣っていくつかのストーリーを劇化した演目でした。

本当のことを言うと、私にはちょっと難しすぎて、
あまり笑えなかったんですよねぇ。。。
内緒ですけど。

で、観客の中でいやに大声で笑う人が2人くらいいて、
あまりよく内容についていけなかった私だけじゃなく、
他の多くの人もだまっているところで笑い声を上げるので、
「笑い過ぎじゃない?」
と思ったのですが、
あれって「サクラ」かもね。

俳優たちは右往左往と頑張っていました165.png

野外劇場といってもお城の中の中庭で
一応テントがあるので雨天でも決行できるのですが、
昨夜は雷雨も予想されたので、傘持参していきました。

そのせいでしょうか、降られずに済みました102.png



[PR]
ドイツでインド料理を食べるなんて・・・
とちょっとビックリされるかもしれません。
ま、イギリスなら植民地だった過去もあるので、
分かりますが、ドイツでは「珍しいですね」って
言われそう。

でも長くドイツに住んでいると、どこかに出かけた時に
ドイツ料理を食べるというのはあまりに陳腐。
なので、わが家はたいてい和食あるいは中華あるいはインド料理
を探します。

で、昨日はフランケン地方の町でカレー3種のランチ:
d0116376_23214489.jpg
もちろんナンを付けてもらいました。
本当はパトゥーラ(揚げナン)があったら
それを頼みたかったのですが、
ウェーターがあまりドイツ語が分からず
私の言うことを分かってもらえませんでした。
(後で考えたら、英語で説明すれば話が通じたかもですよね、
インドの人なんだから135.png
d0116376_23215924.jpg

d0116376_23221201.jpg
兎にも角にも、
このマンゴジュース、最高に美味しかったです165.png



[PR]

雨上がりの空を見上げたら
後ろから陽が差して前には虹が半円を描いていました165.png
d0116376_04241971.jpg
d0116376_04244238.jpg
そしてしばらくしたら、幸運の前兆と言われる
ダブルレインボーまで見えました165.png
d0116376_04245703.jpg
何かいいことあるかなあ174.png


[PR]
椎間板ヘルニアの治療で、レーザー治療を受け、
その予後が思わしくない話はしましたが、
治療が上手くいかなかった大きな理由は
MRIデータがなかったことです。

50年以上前、子供の頃に受けた先天性の
心臓疾患の手術時に胸骨に3カ所メタルを
使ったことが分かっていて、その材質が不明だと
いうことで、問い合わせた病院各所に磁気を使う
MRI検査を受けることを拒否されてきました。

でもやっと、ある放射線科の医師が、
心臓自体に使ったのでなければ、問題ないはず、
と受け入れてくれたのです。

それが今月12日のこと。

で、一抹の不安をかかえながら受けたのですが、
全く問題ありませんでした165.png

で、早速、そのデータを持って整形外科へ。
担当医師には、これほど飛び出している組織が大きいと、
レーザー治療では完全除去は難しい
という理由で手術を勧められました。

しかし、同時に、手術までの時間も見越し、
並行してレーザー治療を試みてみますか?
と訊かれたので、そうすることにしました。

で、早速、昨日、2回目のレーザー治療を受けました。

手術前、担当医師の意気込みも今回はちょっと
違ったような気がします。

「しっかり真ん中(組織の位置)までやってみますから」
ということでした。

で、結果は「すっかり除去できました165.png

まだ痛み(の余韻?)はありますが、
今回は効果がありそうな予感です。

これだったら大きな手術は必要ないかも・・・

2週間くらい様子見です。

ところで、前回より時間も長くかけたようでしたし、
じっくり治療を行うために麻酔を微量だけ
多くしたのだそうです。

そうしたら、私、すっかり麻酔が利いて、
ぐっすり寝てしまい、2分間くらい無呼吸状態に
なってしまったとか131.png

モニターで麻酔医が管理しているので、
すぐ酸素補給し問題にならなかったそうですが、
マイケル・ジャクソンはこれで亡くなった
そうだと聞いて、

ドキッでした119.png

[PR]

昨年9月に行ったオーストリアの
ブレゲンツの森に再び行ってきました。

d0116376_03570501.jpg
d0116376_03591990.jpg
d0116376_03581576.jpg
実は腰の問題が解決しないまま
休暇旅行に出かけたので、
今回はハイキングはお預けでした。

でも、
いろいろな意味で静養が必要だったので、
予定通り出かけてよかったと思っています。

何しろご覧のように素晴らしい自然が
溢れていました165.png



[PR]
先月13日に母が他界しました。
老衰でした。

親の死に目に会うということが
どんなに重要なことか分かりませんが、
私は5月に一時帰国した時に
心の中で別れを告げてきたので、
母の最期に駆けつけることはしませんでした。

9月始めに親戚が集まって偲ぶ会が
あるので、それには夫と娘と3人で
ドイツから参加する予定です。

こういう私的なことをブログで公開する
というのはどうかなと思うところもあります。

ブログって本来日記ですからね。
日記を公開すること自体に違和感があって
当然です。

(海老蔵さんもいろいろと難しさを感じて
いることでしょう。
海老蔵さんの場合は、ブログを綴っていく上でも
やはり有名人であることと、私的な人間である
ことに境をつけた方がいいと私は思います。
私的人間の領域に戻るために、公開をしばらく
お休みしたらどうでしょうか?)

ところで、亡くなった私の母は、最後の3年半、
ケアハウスにお世話になりました。

約10年前、80歳で膝関節手術後に
理由不明のまま半身不随になってしまい、
車いすの生活を強いられました。
そして、徐々に、自宅での介護が
難しくなったので、自宅近くの
ケアハウスに入居しました。

そして、そのケアハウスで静かな最期を
迎えることになったのですが、
スタッフの温かい介護には
家族として頭が下がりました。

この事を公開の場で言いたいために
私事をブログに記すことにしました。

ベネッセ今川ケアハウスの皆さん、
本当にありがとうございました。

[PR]
前回の投稿から1カ月以上が経ってしまいました。

その間にいろいろなことが起こったので
徐々に報告していきたいと思っていますが、
とりあえず、前回の投稿で改めておすすめ
したハンブルクの町がこの週末、
全くその美しい様相を変えてしまうような
醜い出来事で大騒ぎだったことを今書かずには
いられません。

7,8日の両日にハンブルクでG20サミットが
行われました。

それで各国から首脳陣が集まってきましたが、
グロバリゼーション反対派も各国から集まって
きたのです。

複数のデモ隊と警官とが衝突して
騒ぎがエスカレートし、反対派が店を荒らして
商品を盗んだり、窓を割ったり、駐車して
あった車を燃やしたり。。。。
まるで戦争のようになってしまったのです。

たくさんの怪我人や逮捕者が出ました。

5月に私が行ったハンブルクはあれほど
美しくて平和だったのに。。。
あんなことがドイツで起こるなんて
信じられません。

ホステス役のメルケル首相はあの新しい
エルフィー(前回投稿写真のコンサートホール)
で行われたケント・ナガノ氏指揮ハンブルク州立
オーケストラ演奏によるベートーベンの第九
に各国首脳を招待しました。

その間もエルフィーの周りでは信じられない
騒ぎが起こっていたのです。

第4楽章の喜びの歌を思い浮かべると
この出来事が実に皮肉に心に響きます。

[PR]
日本から帰ってきて3日後にハンブルクに行ってきました。

足の痛みは相変わらずで杖をつきながらの移動でしたが、
QOLの低下にもめげず出かけてきました166.png

d0116376_20442888.jpg
折から最高のお天気174.png
オープンカーでアルスター湖を一周。

美しく輝く湖を眺めて幸せな気分に浸りました162.png

向うに見える塔は左から
聖ヤコビ教会
聖ペトリ教会
聖ニコライ教会
そして市庁舎です。

d0116376_20524220.jpg
アルスター湖がハンブルクの伝統的な象徴なら
このエルプフィルハーモニーは
町の新しい象徴です。
2016年にオープンしたコンサートホールです。

当初の予定より費用がかさみ、いろいろと問題も
あった建物ですが、まだ完成して間もないこともあり、
新しい人気の観光名所にもなっている模様です:
d0116376_20595036.jpg
私がこれまで行ったことがあるドイツの町の中でも
ハンブルクは私にとってナンバーワンの町。
同じく(私にとって)最上級レベルのミュンヘンと比べても
シティ感覚においては一段上という気がします。
また町の中に湖があるというのが素敵。
おすすめです165.png




[PR]
前回の投稿から大分経ってしまいました。

で、今2週間前から日本に来ています。

母が大分老衰で弱ってきているので、
どうしてもこちらに来たかったのですが、
例のレーザー治療の後の予後が思わしくなく、
足が痛いのでこちらでも杖が手放せません。

家から最寄りの駅まで通常徒歩10分弱なのですが、
先日頑張って歩いてみたら25分かかってしまいました。
スタート時はよかったんですけどね。
途中次第に足の痛みで足が前に出なくなってしまったのです。

それでこちらで2日に一度鍼治療に通っています。

1回一時間強のインテンシブ治療をこれまで6回受け、
離日前にあと2回受ける予定です。
痛みはまだ無くならないのですけれど、
即効果が見えるものでもないかと思うので、
忍の一字です。

そんな中、お相撲の時期に来たのは私にとって
一つの癒し。
キセノンの苦しい場所をしっかり見届けるつもり。

ではでは、また投稿しま~す101.png


[PR]
今週末はこちらはイースターの連休で
先週の金曜日ときょうの月曜日が祭日でした。

生憎お天気がよくなかったので、
一週間前の最高のお天気の時に撮影した
マイガーデンの写真を下記にアップします:

d0116376_04295921.jpg
d0116376_04302017.jpg
で、冒頭に書いた通り、今週末はお天気が悪かったのですが、
雨が降り出す前にこのマイガーデンで恒例の卵探しをやりました。
楽しかったです101.png

それから、映画館で「美女と野獣」を見てきました。

いや、CG技術と言い、エマ・ワトソンと言い、
ダン・スティーブンスと言い、
良かったです165.png

日本でもすでに公開とか・・・
おすすめです。




[PR]
2年前、椎間板ヘルニアになって坐骨神経痛に
悩まされたので、根気良く理学療法と筋力トレーニング
に通い、ついに痛みを克服166.png

で、完治したと思い込んでいたのですが・・・

1月にまたなってしまいました141.png

前回頑張って治したので今回も同じ理学療法士に
かかり、努力したのですが、今度は坐骨神経痛が
全く改善せず、それどころかこの2週間は
酷くなってしまい、もうびっこを引かなければ
歩けない状態になりました。

CT検査の結果、ヘルニアの箇所は前回と全く同じ。
というか、前回のがそのままだった。

そう、手術して飛び出てしまった組織を
切り取ったわけでもないわけなので、
一度出てしまった組織はそのままなんですって。

そんなこと、私は考えもしなかった。
痛みが全くなくなった段階で完治を疑わなかった。

ということで、足に走る痛みはもう耐えられないくらいに
なってしまったので、レーザー治療をすることになりました。

それが今日でした。

これは一応手術なのですが、局部麻酔、そして外来で行われます。

背中に針のようなものを差し込み、
レントゲンでコントロールしながら
飛び出た組織に向かい、レーザーを
照射して、組織を縮ませる手術です。

麻酔を使うので、術前に慎重な問診と
術後に1時間ほど安静にすることが必要ですが
手術自体はあっという間でした。

で、今まだ術後数時間です。

足の痛みが少なくなったなと感じていますが、
長い間刺激されていた神経がまだうずいている
感じがあります。

これはこれからの2週間くらいの間に
徐々に取れていくものという担当医師の説明でした。

その言葉を信じて、1月以来すっかりダウンしていた
私のQOLをしっかり取り戻したいもの。

それにしても素晴らしい医学の進歩。

こんな治療が可能だなんて、素晴らしい!

[PR]
今年もルバーブの季節になりました049.gif
d0116376_23134559.jpg
d0116376_23140294.jpg

この甘酸っぱい味覚が春の訪れの証です067.gif


[PR]
ということをきょうは感じました。
稀勢の里のことです。

見えない力が働いた、と本人も言っていましたが、
本当に奇跡は起こるということを私たちみんなに
見せてくれましたね。

左肩は怪我していたけれど、
「足は動いていたので」
と言っていました。

左肩に負担をかけないで勝つ方法を
しっかり考えて実践したのだと思います。

見えない力、でもきっと偶然ではないのです。

人智をつくして天命を待つ。

本物の横綱です049.gif

稀勢の里にありがとうと言いたい。

[PR]
稀勢の里、辛いですね。

それにしても照ノ富士が注文相撲で
白星を拾ったのにはガッカリしました。

今場所の照ノ富士なら堂々と勝負できたはず。
それにその時点で同じく1敗の横綱は
手負いの状態。

なんで変化なんてしたのでしょう。

それに何といってもこの相撲で
菊ちゃんが大関復帰のチャンスを失ったのです。

照ノ富士050.gif

千秋楽もキセノンは出場するらしいですが、
怪我の悪化は大丈夫なのか心配です。

この際、私がキセノンの立場なら、
本割で変化して白星を拾い、
優勝決定戦にまで持って行き、
優勝決定戦でも変化する作戦を取りますね。

怪我しながらも勝つ方法はそういうトリックしかない。

そして、それは横綱でも優勝を左右する
大事な取り組みでも許されることだと
思います。

というか、誰もがキセノンを許すと思うな。

ただし、うまく変化しなくちゃだめですけど。

[PR]
昨夜、今年初のサッカードイツ代表による親善試合
ドイツ対イングランドがありました。

これは同時に、13年間ドイツ代表としてプレーしてきた
ルーカス・ポドルスキーの代表引退試合でもありました。

試合自体は(特に前半が)とても退屈で
実は私も途中でちょっとこっくりこっくり014.gif

しかし、後半ある時突然ポドルスキーの素晴らしいゴール049.gif
一気に目が覚めました037.gif

で、それが決定ゴールになり、
試合は1-0でドイツの勝ち。

ポドルスキーは2006年のドイツ開催W杯の頃、
最も活躍した選手です。

全部で130試合の国際試合に出場して
代表の古参になっていました。

ここ数年は代表に選ばれても
監督に気に入られているチームのマスコット
とか言われて皮肉られている選手でも
ありました。

しかし、昨日の試合は、彼がいかに人気があり、
チームにとって重要人物だったかを十分感じさせる
ものでした。

何しろ「黄金の左足」による威力あるシュート、
そしてあのゴールを狙ったあのコース
(ゴールの右上の奥の端!)、
素晴らしいテクニックの持ち主であることは
間違いありません。

で、これから彼は日本でプレーするそうですね。
私は知らなかったのですけど・・・
ヴィッセル神戸と契約したそうです。

日本でもあの素晴らしい左足のゴールを
たくさん見せてほしいですね。

[PR]
今ドイツのシュピーゲル誌で読んだんですけど・・・

ロンドン郊外の老人ホームに住む87歳になるおばあさん、
ジョージ・クルーニーの長年の大ファン。

一生のうちのいつか彼に会ってみたいというのが夢だった。

で、たまたまジョージ・クルーニーが最近その老人ホームの
近くに家を購入したことを知ったヘルパーさんが
おばあさんのお誕生日に会いに来てくれないか
ジョージ・クルーニーに手紙を書いた。

で、お誕生日当日、本当にジョージ・クルーニーが
花束とカードを持って老人ホームを
訪ねてきてくれたんですって049.gif

なんて素敵な話でしょう053.gif

[PR]
d0116376_03461561.jpg
友人(ドイツ人)のお誕生日カフェに行ってきました。

上の写真は招待客8名のケーキ皿一枚一枚の上に
載っていた彼女がマジパンとココナッツで
手作りした子羊。
かわいいでしょ?


そして。恒例のケーキ攻め、ご覧ください:

d0116376_03424068.jpg

d0116376_03403498.jpg
d0116376_03434887.jpg
d0116376_03452440.jpg
迫力あるケーキ攻めでした067.gif

閉口したのは招待客のほとんどがこの一つ一つのケーキの作り方を
根掘り葉掘り訊きたがったことです。
美味しい、と言って味わっていればいいものを、
本当に根掘り葉掘り・・・
そういうのって私は苦手。

ま、私もまさかドイツ人相手に
稀勢の里が連勝を続けている話題を
出すわけにもいかないので、
それなりに主婦的話題に乗ってみましたが037.gif



[PR]
きょうは日曜日の朝食時にリアルタイムで
関脇以降の取り組みを見ることができました。

まずは稀勢の里、豪風に完勝でよかったです049.gif

それから菊ちゃん、日馬富士に力強く勝ちました066.gif
この調子で10勝行くといいな。
ま、4横綱いるので、簡単ではないでしょうが。

白鵬が負けたのにはビックリ。
「横綱の地位で負けるとショック度が大きい」
と北の富士が言っていたけど、
まさにそのショック度が表情に出ていました。

面白くなりそうですね。
楽しみ。



[PR]
d0116376_01311324.jpg
このところすっかり日も長くなり、
春の兆しが感じられる南ドイツです。

小鳥の鳴き声もにぎやかになってきましたし、
まだまだ油断はできないけれど、
厳寒期は過ぎた感じです。

ということで、ちょっとお花でも生けたくなり、
我流ですが居間に飾ってみました056.gif

こうして写真を見ると
我が家の調度品は日本の物ばかりだと
いうことが分かって面白い。

これドイツなんですけど037.gif


[PR]
たった今、ドイツの新しい大統領の選挙があり、
二大政党連合で推薦されていたシュタインマイヤー
前外務大臣が選出されました049.gif

1200票以上中931票獲得したので、
圧倒的な勝利と言えます。

大統領は直接選挙ではなく、
600名ちょっとの国会議員と
600名ちょっとの各州から選ばれた選挙人(多くが有名人)
が連邦議会で投票して決まります。

ドイツの大統領は政治的決定権はありませんが、
国を代表する役目としては最高の地位です。

シュタインマイヤー氏はその地位にふさわしい
人物だと思います049.gif

ところで、この重要な選挙の進行役は連邦議会議長が行います。

で、きょうのランメルト連邦議会議長の選挙前の演説が
実に素晴らしかった:

「世界に心を開く代わりに壁を周りに造って
自国のことだけに集中し、
自由貿易の代わりに守りにまわったり、
他の国々と協力する代わりに孤立しようとして、
自分たちが一番大事と主張する人は、
他の国も同じように彼に接することになっても
驚く権利はない。」

と、はっきりとトランプ大統領を批判し、

「世界にはテロ問題や気候温暖化問題のように
一つの国だけで解決できない問題が散在しているからこそ、
今、国々は協力し合わなくてはならない。
一つ一つの国の問題には各国が従事するにしても、、
グローバルな問題では協力し合わなくてはならない。
だからこそ、今、強いヨーロッパが必要なのだ。」

と、鼓舞したのでした049.gif

メルケル首相も含んだ議会場の大部分の人々から
拍手喝采を浴びました。

安倍首相がトランプ大統領に「おべっか」を使った
ことにガッカリしていただけに、この演説のすばらしさに
感動した私でした。

同時に日本人としてあの「おべっか」が
とても恥ずかしく思えました。



[PR]
安倍首相とトランプ大統領が会合しています。

共産党の志位委員長が「異常な貢ぎ物外交」と
言っていますが、言い得て妙だと思います。

別に私は日本共産党の支持者ではありません。

でも、世界中がトランプ大統領を批判しているのに、
安倍首相の態度はあまりに無節操に思えます。

その時々の成り行きですり寄るのではなく、
一国の首長としての「理念」というものを
示してほしい。

そうでないと理性ある(日本)国民からの信頼を
得られないと思います。

これは外交問題にとどまらず、
内政問題にも影響を及ぼしかねない
ということを自覚してほしい。

ちなみにドイツのメルケル首相は
(大分遅くなりましたが)トランプ大統領が
大統領令で定めた中東・アフリカ各国の国民に対する
入国一時禁止に対して批判的な談話を発表しています。

[PR]
昨日こちらのニュースを騒がせたのは、
バイエルンミュンヘンのフィリップ・ラームが
今シーズン限りでサッカー選手を引退すると
発表したニュースです。

33歳とは言え、今尚バイエルンミュンヘンに
欠かすことができない重要選手です。

近いうちに引退してバイエルンミュンヘンの
スポーツ部長になるだろうという予測はありました。

でも、そのスポーツ部長にもならないそうです。

だいたい彼は、2014年のW杯でドイツが優勝した
直後にドイツ代表を引退すると発表して皆を
驚かせ、また悲しませた引き際良すぎる選手です。

でも何と美しい引き際でしょう049.gif

13年間バイエルンミュンヘンでプレーしてきて、
私が思うに怪我で休んだ(これも少なかった!)
時以外は、常にスタメンだった。

(休みが少ないことも)これも凄いことです。

W杯で優勝した時、最高を極めたのだから、
これ以上のものは望めないと辞めたのも
クレバーでしたが、今回も同じフィロソフィー
なのだと思います。

一番最高潮の時にやめる、これは一種の美学。

たくさんのタイトルの中で手中にしていないのは
ヨーロッパ杯のみ。

本人はインタビューで
「毎日、毎試合、サッカーにベストを尽くしてきた。
それがこの夏までで終わりということ。」
なんと明快な説明でしょう!

バイエルンミュンヘンのスタッフにならなかったのにも
それなりに理由があるのだと思います。

なので、メディアも「今はまだ(ならない)」という書き方です。

サッカー選手としては33歳は年長ですが、
一人の人間としてはまだまだ若い。
夏以降はどんなことに「ベスト」を尽くすのか
興味津々です。

[PR]
d0116376_22280436.jpg
節分も過ぎてしまった土曜日に
リコーダーグループの新年朝食会がありました。

このカフェ、精神障害者が一緒に働くカフェで
なかなかモダンなコンセプトで出来ているのですが、
お客が少なくて、結局3月半ばで店じまいします。

ということで、この豪華な朝食(一人8EUR)、
今年が最後。

お客が少ないというのはやはり立地条件が一番の
理由かと思われます。

しかし、紅茶を2度目に頼んだ時に同じティーバッグを
使うように言われた時は私もちょっと驚きました・・・

というわけで時々ビックリするようなことを
経験することがありました。

そういうことを深い理解を持って受け入れることが
できるお客が固定利用客だったと思います。

が、なかなか寛容になれない人は離れていかざるを
得なかったかもしれません。

[PR]
大統領就任式でアメリカ・ファーストを強調した
トランプ米大統領でしたが、大統領令で定めた、
中東・アフリカ各国の国民に対する入国の一時禁止は
全然アメリカ・ファーストではないことが
次第に明らかになっています。

トランプ大統領自身もそれに気が付いて
撤回という運びになるといいのですが・・・

大統領令ですから、間違ったからと
言って簡単に撤回するのも権威の損失ですが、
この問題に限って言えば、権威の損失に
なっても自分の間違いを認めてもらった方が
世界のため、アメリカのため、になると思います。

各国の首脳がどんな人が大統領になっても
アメリカとの良好関係を保ちたいと思う気持ちは
分かりますが、こういう明らかに間違った判断が
下された時は、彼らは、間違っている、と声を
大にして言うべきだと思いますがどうでしょうか?

日本は事難民となると他人事みたいに思っている
感じがしてなりませんが、世界で発言力を増すためには
世界の抱える問題にはっきりした世界観を示して
いかないとダメです。

改めて、2017年、いったいどこへ行くのでしょうか?


[PR]
d0116376_03333938.jpg
昨年に引き続き同じ日本人のメンバーで新年会を兼ねたおでんの会を開きました043.gif
何しろこちら南ドイツは今零下の世界ですから格別に美味しく感じました049.gif


[PR]