秋たけなわ

きょうのヨコブログ pic は、紅葉とザッハートルテ
d0116376_624189.jpg

夕方ウォーキングに行った時に撮りました。
d0116376_6252637.jpg

Musfussの誕生日に毎年これを焼くことになっています067.gif
約1週間遅れでした。

ドイツでは誕生日は前に祝うと縁起が悪いと言われています。
が、多少遅れて祝うのはアリです001.gif

「縁起が悪い」なんて表現、日本的ですけど、
どこにでもあるんですね、そういうのって。

なんか面白い037.gif
[PR]
by mamapanda_mimi | 2009-10-08 06:36 | 社会 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://mamapandam.exblog.jp/tb/10314515
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by anne at 2009-10-08 09:09 x
ザッハトルテといえば必ず ホテル ザッハの木箱入りを思い出します。だから自分で焼いてる☆あんた☆は凄い! 見るからに美味しそう☆☆☆☆☆・・・ほら、五つ星だよ~ん!
Commented by yoshikazunet at 2009-10-08 10:13
お誕生日おめでとうございます。ザッハートルテもおいしそうですね。「誕生日は前に祝うと縁起が悪い」って面白いですね。日本ではお祝い事は早めに・・・って言う気がしますが・・・誕生日はどうだったかな??
Commented by mamapanda_mimi at 2009-10-08 15:39
ザッハートルテはウィーンのザッハーホテルのものがオリジナル権を持っている「普通名詞」ですよね。で、同ホテルは上のチョコレートのコーティングのレシピを決して公表しないそうです。私が想像するに、アイシングが混ざっていますね、あそこのは。非常に甘~くて柔らかい。だから「お砂糖が入っていない」生クリームをつけて食べるとよく合うんですね。
私のチョコレートコーティングはチョコーレートだけなので、それほど柔らかくもなく、甘~いというほどではありません(下にはもちろん杏ジャムの層が入っていますが)。で、生クリームにはバニラシュガーを少量入れています。我が家では一応いつも好評です。
Commented by mamapanda_mimi at 2009-10-08 15:48
yoshikazunetさん、久しぶりのコメント、ありがとうございます。
日本では、還暦や古希など長生きを讃える慣習はありますが、毎年の誕生日を祝う伝統的習慣はありませんね。だからきっと誕生日に関して縁起がいいとか悪いとかの所謂「迷信」はないんじゃないでしょうか?
Commented by オニオン at 2009-10-08 21:55 x
mamapandaさんのケーキはいつもおいしそうですね。リンゴケーキはたびたび作るんですが、チョコレートケーキは手がかかりそうで挑戦したことはないんです。日本人宇宙飛行士の若田光一さんの奥さんがドイツ人で、宇宙から帰ってきたその日の夕食にチョコレートケーキの「黒い森のさくらんぼ。。なんとかのチョコレートケーキ」を作ったとか。ドイツの人々にとってチョコレートケーキは日本でいうチラシ寿司のようなものなのですか。レシピはご自分で研究されたのですか。それとも伝統のレシピがあるんですか。
Commented by mamapanda_mimi at 2009-10-09 00:51
「黒い森のさくらんぼ。。。」ケーキは、きっと「Schwarzwälderkirschtorte(シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテ」のことですね。黒い森名物のサワーチェリーのケーキです。チョコスプリットがたくさんついています。このブログでも写真入りで紹介したことがあります:
http://mamapandam.exblog.jp/7269185/
これは、サワーチェリーをチェリーの蒸留酒で漬けたり、根気よくデコレーションをしたり、と手が込んだケーキです。だから全然私には向いていない(笑)。
チラシ寿司との比較ですが、チョコレートケーキに限らず、ドイツでは、冠婚葬祭を含めたイベントやお祝いにケーキが欠かせないことは確かです!
レシピはそれぞれの家庭に代々伝わる「おふくろの味」的なものもあれば、人から教えてもらったり、雑誌などから仕入れたり、自分でモディファイしたり、いろいろです。
今思い出しましたが、カロヤンの「しましまケーキ」っていうのもありましたね(笑)・・・どうやって作るんだろう?