クリスマス 2009

ドイツのクリスマスはイブがクライマックス、
イブに初めてツリーの灯がともります:
d0116376_0453876.jpg


我が家にとっては、クリスマスは宗教的祝祭というよりも
家族のreunionのお祝い053.gif

とは言っても・・・

昨晩、私は教会の夜の礼拝に出かけました。
リコーダーアンサンブルの演奏のためです。

普段は空席が目立つ教会ですが、やはりクリスマスは教会で
しみじみ味わいたいと思う人が多いのでしょう、
夜遅い(10時~11時)のにたくさんの人が来ていました。

ホワイトクリスマスとはなりませんでしたが、
零下の寒さはおさまり、私としてはホッとしています。

日本から帰ったのが約1週間前、
今年はクリスマスとは無縁となってしまうかもと思いました。

しかし、クッキーも焼くことができた(左上のプロフィール写真参照)し、
クリスマス市を訪ねることもできました。

そして無事このクリスマスの祭日を迎えています072.gif
[PR]
by mamapanda_mimi | 2009-12-26 00:49 | 文化 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://mamapandam.exblog.jp/tb/10596584
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yoshikazunet at 2009-12-26 14:38
素敵なクリスマスツリーですね。シンプルでいいですね。クッキーも焼いて、えらい。そういえば昨日は娘がクリスマスのクッキーを焼くと言って私も手伝わされました。クリスマスらしい型でぬいて飾りをつけるとそれらしくなりますね。
佐渡ヶ武部屋から28日にお餅つきをやるからどうぞ、という葉書が来ましたよ。こんなの初めてです。
Commented by mamapanda_mimi at 2009-12-26 15:28
そう、シンプルなんです、うちのツリーの飾り付けは。我が家の「伝統」でして、銀の玉とラメッタという銀色の糸飾りだけで飾ります。このラメッタですが、近頃はポリエステル製ばかりですが、うちのは数少ない本物(金属製)です。
お餅つき、カロヤンのブログを見ると(親方の地元?)山形でもやったようですね。ま、お相撲さんは力持ちですから、年末年始の行事プログラムにつきものなのでしょう。
Commented by yoshikazunet at 2009-12-28 20:25
ラメッタ素敵ですね。
佐渡ヶ嶽部屋のお餅つき行ってきましたよ。8時近くになってやっと関取衆がお出まし。まず、琴光喜…おなかがまん丸でした。琴小菊、最後に琴欧州。琴欧州は出てきてすぐにみんなの前に来てご挨拶してました。お客様の「調子は??」のかけ声に「大丈夫」と言って指でOKマーク出してました。琴欧州はお餅つきもしました。盛んに携帯で写真を撮ってました。ブログ用に撮ってるんだなって思ったら、やっぱりブログにアップしてありましたね。
琴光喜はお子様を抱っこしてずっと座ってました。琴欧州のブログの左の端っこに写ってるのがそうですよ。お客さんもたくさんになってきました。男の人はみなお餅をつくことができます。女性は土俵に入ることはできないようです。若い衆もとっても明るく、楽しそうでした。関取衆もみな、お客様と一緒に写真を撮るのに応じてくれたりしてましたよ。
お餅をお土産にいただきました。お相撲さんのついたお餅は縁起がいいそうです。私も福をいただきました。家族にも食べさせました。
佐渡ヶ嶽部屋の皆様のご活躍期待したいです。
人のブログでこんなに長いコメントしてごめんなさいね。
Commented by mamapanda_mimi at 2009-12-28 20:51
わ~行ってきたのね!
詳しいレポートありがとう!
カロヤン、やっぱり礼儀正しいのね。それにファンサービスもなかなか・・・。でも写真はやはり携帯ですか、ブログの写真、画質が悪いことが多いのでいつも残念に思っているのよ。

佐渡ヶ嶽部屋の雰囲気は相変わらずなごやかなようですね。それにカロヤンもオフの時はなんか上機嫌で前向き。いいことですが、場所につなげる厳しさもしっかり感じていてほしいな、感じてるんでしょうね?
初場所、正念場だと思います。