お正月3日

昨日大分雪が降ったので、辺りは美しい雪景色となりました。
d0116376_22492475.jpg

きょうは時折日も射すお天気、
久しぶりに裏山に登ることにしました。

頂上の山小屋ではお茶とケーキが食べられるので、
それを目指して雪道を行きました。

暖かい山小屋に入ると、メガネがすっかり曇ってしまい、
しばらく何も見えない状態(笑)。
それでもしっかり歩いた後のこのホッとする感覚、
いいものです。

たくさんの人が来ていました。
年末年始の休み最後の日を同じように楽しもうとする人たちが
たくさんいたというわけです001.gif

帰りソリで下る人たち:
d0116376_23293373.jpg

[PR]
by mamapanda_mimi | 2010-01-03 23:35 | 社会 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mamapandam.exblog.jp/tb/10627183
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by toitoi1954 at 2010-01-06 11:44 x
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。雪景色のなか そりで滑る爽快さ~♪
mamapanndaさんも滑りおりましたか__?
日本も 暖冬といわれていたのに 寒いですが、
雪の降り方も雨の集中豪雨とおなじで集中豪雪のようです。雪国で暮らす大変さを知らず銀世界にうっとりです。
Commented by mamapanda_mimi at 2010-01-06 17:07
こちらこそ、今年もよろしく!
「超寒い早朝に起きて決まった約束の時刻に車で用足しに出かける」といった文明社会の日常から離れて見ると、雪景色も本当に綺麗で楽しむことができます。
だからこそ休日って必要なんですね。

ところで私はソリには乗りませんでしたよ。
この写真の女の子(16歳くらい)はお兄さんと両親とで家族揃ってソリで滑り降りていました。趣味と実用を兼ねるというか、手軽に「生活を楽しめる」環境にあることが家族を結び付けているのかな?などとフト考えました。