相撲道

初場所が終わったのに、なお相撲の話にこだわるのは
自分でもちょっと抵抗がありますが、
「朝青龍が酒に酔って知人に暴力をふるった」
という事件の日本相撲協会の対応、納得いきません。

NHKニュースによると(横審の)

鶴田委員長は「横綱の進退をどうこう言うのは行きすぎだが、
不快感を与えないような行動を取ることが大事だ」と話し、
朝青龍に土俵外でも横綱らしいふるまいをするよう求めました。


ということです。

「不快感を与えないような行動を取ることが大事」:

これ、横綱じゃなくても人間なら誰でも当たり前のことでしょ。

「土俵外でも横綱らしいふるまいを取ることを求める」:

つまり横綱は土俵外の態度も横綱らしくできなければ横綱失格ということ。
それを本当に示したいならば、それなりの処分があって当然だと私は思います。

今回に関しては私は内館氏の意見に同感です。

本人は「たいしたことない」と言っていることも報道されてしまって
いるのですから、厳重注意だけでは甘すぎ。

以前、小錦が現役の時、「相撲は喧嘩よ」
と発言しただけで大問題になったことがありましたっけ。

こういう甘い対応をしていくと
相撲精神自体が変わっていくのは避けられません。

残念なことです。

そういえば小錦は外国人として初めて大関になった力士でした。

もちろん私は、日本人だとか外国人だとか言うつもりはなく、
相撲道を本当に理解できる人が上に上がってほしいと願っているだけです。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

追記(1月27日):

どうも朝青龍が暴力をふるった相手というのは
マネジャーじゃなかったらしいですね。

これが本当だとすると横綱側は嘘もついていたことになる。
さあ、どうするでしょうね、協会は。
甘すぎる対応ですっかりなめられた感じが否めません。

内館氏:

「外国の伝統文化で禄(ろく)をはんでいる人間がその文化をなめている。
イチローも松井(秀喜)もアメリカのベースボールをなめてないでしょ。・・・」

(http://mainichi.jp/enta/sports/general/sumo/news/20100126k0000m050088000c.html)

オー、いいですね、この主張049.gif
[PR]
by mamapanda_mimi | 2010-01-26 20:33 | 社会 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://mamapandam.exblog.jp/tb/10703959
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by オニオン at 2010-01-26 21:58 x
「不快感を与えないような行動」とは鶴田さん個人の意見だと思います。1-2人を除いたほとんどの委員が今度何かやったら引退勧告すべきと言っていたとか。こういう生ぬるい意見しか言えない委員長は役目を果たしていないので別な人に交代したほうがいいのでは。。
Commented by mamapanda_mimi at 2010-01-27 00:26
ダカールラリーではレース中に非社会的行動を取るとタイムでペナルティを科せられることになっています。
非社会的行動というのは、例えば事故に合って困っている人をヘルプしないでそのままレースを続けるとかそういう態度のことです。
こういった考え方がスポーツに格というものを与えるのですね。
ダカールラリーの場合はレース中の態度の評価ではありますが、2週間も続くレースですから、場所中の横綱の態度も土俵以外とは言え同じ範囲のことと言えるのでは?
簡単に言ってしまえば、「人に不快感を与える横綱」なんてあり得ないですよね!
Commented by tuka at 2010-01-27 11:31 x
「アスリートとしては150%尊敬するが、横綱としては認めない。。彼は仕事をなめている。。」
以前から繰り返し発言される内館さんの意見に賛同しております。
それにしても目を覆うばかりの対応です。。
今回の朝青龍の蛮行事態も大変な事件ですが、それを捌けない角界〜横審の無責任ぶりは大問題。。
プロ格闘家が土俵外で暴れる。。この事件をあんな発言で済ませてしまうのは些か重篤。。
メディアの取り上げ方が小さいのも異様でしたが、謹慎処分に値する重大な事件と思います。。
Commented by mamapanda_mimi at 2010-01-27 17:03
おっしゃる通りです。
そう言われれば「メディアの取り上げ方が小さい」というのも薄々感じておりました。外国からなので分かっていないだけかもとも思っていましたが、やはりそうですか・・・。
普段から力士が「勝つとべた褒め、負けるとこきおろす」というメディアの無節操な扱い方にはおおいに不満を感じています。センセーショナルであることだけがニュースバリューだと勘違いしている。 
こうなるとこういったブログがフォーラムとなって客観的な見方を示していくしかないということかもしれません。