Merry Christmas!

d0116376_153108.jpg

大雪の中、我が家のクリスマスイブは、最後に到着したメンバーが
日本食材を持参して作ってくれたので、日本モードの晩餐となりました:
d0116376_1552080.jpg
d0116376_1553637.jpg

上記のメニューはその一部。
この他、サイコロステーキ、鶏の唐揚げ、一口カツ、それから
お寿司の種は、ホタテ、トロ、エビ、アボガドなどなど、
もちろんにぎりや軍艦巻きも・・・。
そして、日本酒。

私はこのところ毎日の雪かきで007.gifという感じだったのですが、
きょうは喜びで涙が出そうでしたぁ038.gif

ドイツでホワイトクリスマスを日本食でお祝いした我が家、
ちょっと変わっているかも037.gif

いつでもどこでもオリジナルで生きている私です006.gif
[PR]
by mamapanda_mimi | 2010-12-26 02:05 | 文化 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://mamapandam.exblog.jp/tb/12576354
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kumagoro-1 at 2010-12-26 21:59
ご無沙汰です。
この冬ヨーロッパは大雪のようですね。
クリスマスやお正月用の花が届かないと花の輸入業者が困っているニュースが流れたりしています。
小樽の12月は雪が少なかったのですが
やっとクリスマスイブからの降雪で積雪が50㎝を超えました。
ドイツでは和風の料理が小樽では洋風の料理のクリスマスパーティ。
なんだか可笑しくてコメントしました。
雪掻きで腰など痛めないように。
お元気で新しい年をお迎えください。
Commented by mamapanda_mimi at 2010-12-26 23:38
小樽では屋根の上の雪はどうしているんでしょうか?
屋根に上って雪降ろしをする風景を日本で見たことがありますが・・・。
ドイツでは屋根の断熱がいいので気温が少し上がって雪解けモードになるとすぐ屋根から自然に雪が落ちます。
しかし、その雪は水分を含んだ重い雪なので、家の周りに落ちた雪を除けて人が通れる道筋を作るのがまた一苦労。
屋根に柵をつけてすぐ雪が落ちないのようにする方法を取っている家もありますが、それはそれで屋根にいつまでも雪の重さがかかる上、家の中を冷やす結果となるのでデメリットもあります。
一長一短ですね。
Commented by オニオン at 2010-12-29 22:59 x
雪は大変ですね。ところで、今日のNHKテレビ「大相撲この1年」はいつもと違って対談ではなくて、この1年の総ざらいでした。初場所は朝青龍が優勝して2月に引退したんでしたね。そのあとは白鵬の独り舞台でした。ちょっと把瑠都と豊ノ島がとりあげられて、カロヤンはチラっとも映りませんでした。ファンとしては寂しいかぎりです。
Commented by yoshikazunet at 2010-12-29 23:52
遅ればせながらメリークリスマス!!
素敵なクリスマスだったようですね。
雪は大変ですね。体力がないと生活できませんね。
ところで、28日、佐渡ヶ嶽部屋のお餅つき行ってきました。
Commented by mamapanda_mimi at 2010-12-30 01:37
オニオンさんの寂しい気持ち、よく分かります。
バルトと豊ノ島は、九州場所でよかったので取り上げられたのでしょう。カロヤンはその逆で先場所がダメでしたから損でしたね。
いずれにしても、何とか脇役返上できるよう、結果がすぐ出なくても、気力を見せてほしいですよね。
Commented by mamapanda_mimi at 2010-12-30 01:44
yoshikazunetさん、え~?! またまた羨まし~い(笑)。
でも去年と違って琴光喜のいない部屋の雰囲気はどうだったか興味あるところです。
Commented by kumagoro-1 at 2011-01-12 23:31
mamapanda先生へ
遅くなりましたが宿題の屋根の雪下ろしレポート送ります。
屋根の雪下ろしは雪国ではごく一般的と思われがちですが
北海道ではそんな光景を見る事はほとんどありません。
というのも住宅の屋根が無絡雪屋根(陸屋根)に
変わってしまったからです。
フラットな屋根に雪を貯め風によってある程度吹き飛ばし
残った雪は建物からの温度で融かしその水は建物内を通る樋で流すという独特な技術で住宅が建てられています。
北海道の雪は本州の雪国の湿った重い雪とは異なり
軽い粉雪のためあえて雪を屋根に貯めるという発想が
取り入れられたのでしょう。
さらに敷地が狭い日本では傾斜のある屋根では隣の敷地に
落雪する可能性があり
隣家同士の屋根雪戦争を防ぐためともいわれているようです。
北海道の長い冬を乗り越えるために
合理的な屋根のカタチなんでしょうが街並のデザインは
無惨に壊されているといっても過言ではありません。
屋根の雪下ろしという営みを捨てて
暮らしやすさを手に入れたけど
住宅の個性はどこかに置き忘れてきてしまったようです。
Commented by mamapanda_mimi at 2011-01-13 00:04
詳しいご回答ありがとうございました。
家の中からの熱で雪が解けるということは、家(屋根)の断熱が悪い、ということですよね。
家の中が寒いか、暖房エネルギーが限りなく必要、ということでしょうか?
また断熱が悪いと氷柱が出来たりしませんか?
ここまで書いて、5,6年前に拙宅の屋根を新しくする前に、毎冬屋根から下がっていた見事な氷柱を思い出しました。
古い屋根だったので断熱が悪かったわけですが、とても見事だったので楽しんでいた面もありました(笑)。
ということで、本投稿記事の方にその写真、アップすることにします。ご参照ください。