クールな国防相のコピペ・スキャンダル

ドイツでこの数年最も人気のある政治家と言われている 
zu Guttenberg (ツー・グッテンベルク)国防相、
先週半ばから大変なことになっています。

この方、もともと貴族の出身で、お城に住んでいます。
さすがに気品を感じさせる出で立ち、話し方も上手な
キリスト教社会同盟の政治家。

法学博士の学位を持っているのですが、
彼が書いた475ページにわたる博士論文の中に
少なくとも15個以上の出典先を明記しなかった引用があるとか・・・

最初、このニュースを聞いた時は、国防相としてこのところ
アフガニスタン問題で野党の批判を浴びることが多かったので、
単なるスター政治家に対するやっかみだろうと、
私のように真剣に取らなかった人も多かったと思います。

ところが、この問題、国防相の進退問題に発展しそうな気配です。

私もびっくりしているのですが・・・
インターネットに掲載された問題となっている引用部分を見てみると、
オリジナル作者の文章に2,3箇所言葉を加えたり消したりして
手を入れて、自分が書いたように見せているのですね。

これは単に明記するのを忘れたとは言えず、本当にまずい。

で、ネットで新たにプラットフォームが開かれて、
その他にも同じようなコピペと思われる部分を見つけよう運動が起こり、
現在のところ論文の約70%がそれである疑いがあると指摘されています。

また、まだ証明はされていないのですが、連邦議会の学術サービスに
依頼して書かせた10ページにわたる文章をそのまま論文に載せた
ことが指摘されていて、これが本当だとすると職務権限を乱用
したことになります。

さらに、この論文、彼に博士号を与えたバイロイト大学の審査委員会が
最優秀評価をしたものなんです。

そのバイロイト大学、これまで
ツー・グッテンベルク博士・男爵・国防相を大学の広告塔的存在
としてきた感があるので、今回のことでその審査の厳正さを
問われることになるのではないかと思います。
皮肉なものです。

こういった一連のスキャンダルは、称号を重んじるドイツ社会
の保守性が背景となっているんですね。

ツー・グッテンベルク防衛相は、問題が解明するまで、
「過渡的に」博士号を使わない、と宣言しました。

いやあ、強気ですね。

でも、この方、何しろファーストネームだけでも10個あるので
呼び名が1つくらい無くなってももいいんじゃないかと
私は思うのですが・・・037.gif
[PR]
by mamapanda_mimi | 2011-02-21 17:04 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mamapandam.exblog.jp/tb/12950352
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。