グッテンベルク国防相の結論

論文盗用スキャンダルに屈し、
とうとう国防相の地位を捨てる決断を下しました。

「自分の人生の中で最も辛いステップだった」
と語った普段クールな男爵、
きょうばかりは苦渋の表情に満ちていました。

辞表提出についての発表の中では、
もちろん間違いだらけの博士論文に関する反省の言葉もありました。

しかし、一人の政治家の個人的な事柄が、
例えばアフガニスタンで命を落としたり負傷したりした兵士たちについての
報道より大きく扱われることで、本来大事なことへの注意が散漫になって
しまった事態に責任を感じていることが国防大臣の地位を辞する決意に
つながったことを強調していました。

また、、そういったメディアの不均衡な姿勢に対する痛烈な批判
も忘れませんでした。

そして、

「政治家として常に闘う用意があったが、今、私の力は限界に達した」
という言葉で演説を締めくくりました。

2週間前、初めてこのニュースを聞いた時は、
まさかこのような大事に発展するとは想像しませんでした。

この事件が発生して以来のツー・グッテンベルク氏の対応にも
問題があったと思います。

最初は強気で疑惑を全面否定したにも関わらず、
「博士」を疑惑解明まで名乗らない、
と思ったら、やっぱり「博士号」を自ら返す。。。
と態度が段階的に変っていった。

これはまずかったですね。

しかし、このスキャンダルにもかかわらず、
70%以上の市民が彼に国防相を続けてほしいと思っている、
という調査結果にも驚かされます。

これってドイツ人のイタリア人化現象?
037.gif
[PR]
by mamapanda_mimi | 2011-03-02 02:26 | 社会 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mamapandam.exblog.jp/tb/13027350
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by オニオン at 2011-03-05 21:55 x
シャルケの内田君活躍してるみたいですね。ドイツカップの優勝はシャルケに決まりそうだとか。中継はやっているのですか。
Commented by mamapanda_mimi at 2011-03-06 00:51
オニオンさん、お久しぶりです。
本来ならそろそろ春場所で盛り上がる頃なんですけどねぇ・・・。

実は1週間くらい前から日本に来ています。
で、グッテンベルクや北アフリカのことは気になってネットニュースを追っていたのですけれど、独サッカーには疎くなっていました。

今現在、岡崎選手所属のシュトゥットガルトと内田選手所属のシャルケ04が対戦していますね。2人ともスターティングメンバーで本来なら見たいところですが、今私のいる所のテレビでは見られません。残念・・・。

チームとしては今シーズンはシュトットガルトは不調です。これまでのところ岡崎選手は結構頑張っているようですが、得点には結びついていません。内田選手はこれまで17試合も出場しているし、もう固定メンバーになっています。それに内田選手はやはりマガト監督の下でプレーできるのがものすごくラッキーだと思います。
シャルケはドイツカップで強豪バイエルンを破っての決勝進出ですし、決勝対戦相手がデュイスブルクなので、大方はシャルケが優勝と見るでしょうね。本当にそうなったら内田選手にとってますます素晴らしい経験となることでしょう。