国防相退任の余韻

d0116376_14282395.jpg

(出典:www.spiegel.de)

現在グッテンベルク氏が国防相を辞したことより
ずっと大事なニュースがあるはずなのですが、
なぜか気になるこのニュース・・・

まず、
アンケートで過半数の市民がグッテンベルク氏が
国防相を辞める必要がないと思っているという結果が出ている
という話もあまり当てにならないらしい。

というか、どこの主催で行ったアンケートかによって
かなり結果に差があるのだそうです。

最も多くの国民が読んでいると言われるビルト紙の
アンケートでは「辞める必要なし」回答が多かったのですが、
Spiegel Onlineでは「辞めて当然」という意見が優勢。

ビルト紙のビルトとは写真という意味ということからも分かるように
この新聞はイメージで訴える傾向のある新聞なわけです。
その読者にグッテンベルク氏のファンが多いというのも
分かるような気がします。

フォトジェニックな方ですから。

方や、
オンラインニュースの読者はやはりテーマを掘り下げる人が
多いので、「辞めて当然」意見が多いのでしょう。

フェイスブックでグッテンベルクファンが多い、というのも
私がフェイスブックに持っている印象にマッチしています。

で、そういうファンが盛り上がって、この週末に「Come back」を訴える
デモが行われるということだったのですが・・・

実際は、昨日土曜日にベルリンで行われた主なデモグループの主旨は、
その逆、つまり、風刺的なものだったということです。

コピペ・スキャンダル、これはすっかり笑劇化しましたね。

なのに、
テレビでは(彼が)政治舞台にカムバックするのはいつか、
などと大臣経験者などが出演して真剣に討論を行うトークショー番組
があったりして、2重に笑ってしまう状況になっています。
[PR]
by mamapanda_mimi | 2011-03-06 14:55 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mamapandam.exblog.jp/tb/13060321
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。