ドイツ地方選

昨日、私の住んでいるバーデン・ヴュルテンベルク州で
州議会選挙がありました。

メルケル首相の連立与党CDU(キリスト教民主同盟)と
FDP(自由民主党)が大敗北し、緑の党が大躍進しました。

で、緑の党がSPD(社会民主党)と連立を組んで
ドイツで初めて州首相の座を得ることになりそうです。

バーデン・ヴュルテンベルク州の首相はこれまで
58年もの間CDUから出ていました。

総じてドイツでは南に行くほどカトリック色が強くなり、
保守的になると言われています。

その南ドイツの保守色が強い州で緑の党から首相が出る
というのは画期的なことです。

こういう結果になったのにはいろいろな背景があるわけですが、
決定打はなんといっても日本の原発事故です。

これまで首相だったCDUのマップス氏は、原発促進論者だったのです。

そこへきて日本の事故です。

ドイツでは本当にヒステリックな報道が続いていて、
人々は毎日のように津波の被害の様子と共に、チェルノブイリ事故や
広島や長崎の原爆投下の写真をメディアを通して見せつけられています。

もちろん原発事故や放射能の怖さを認識するのは重大なことですが、
多くの人が感情に流されているのも確かだと思います。

ということで、原発反対を唱える緑の党が大勝利したのは
予想通りのことでした。

日本で起こったことがこんなに世界の国々の内政の行方まで
左右するなんて・・・と、もしかしたら世界における日本の重要性
みたいなことを感じていらっしゃる方もいるかもしれませんが・・・

どんでもない、残念ながらそういうことではないのです。

今、日本の行方は確かに世界から注目されています。

しかし、これはあくまで「問題児」と思われているだけです。
つまり悪い例で目立っているだけです。

また、産業面など日本と交流のある分野では、
外国でも日本の問題が自分の問題になっているので
注目を集めているわけです。

日本が本当の意味で注目を集めることができるのは、
この絶大な危機を乗り越えた時なのです。

がんばれ、日本!
[PR]
by mamapanda_mimi | 2011-03-28 23:00 | 社会 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mamapandam.exblog.jp/tb/13262743
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by オニオン at 2011-03-29 23:16 x
日本人が思っているほどにヨーロッパ人は日本に関心がないということですね。明日、フランスのサルコジ大統領が来日するそうですが、フランスもたくさんの原発を持っているので参考にしたいと思ってのことでしょう。
Commented by mamapanda_mimi at 2011-03-29 23:49
日本は先進国ですから、今回の震災は世界経済に及ぼす影響がスマトラ島沖の津波災害の時と比べれば格段に大きいです。その意味では、日本の窮地は各国にとっても大問題でしょう。また、メルケル首相も「日本のように安全性が高い国でもこのような事故が起こることを鑑みて、原発の一時停止を決定した」と言っていました。他人事ではない、といった危機感は政治家にも市民にもあるでしょう。ですから関心がないということはないと思いますが、一般的にはヨーロッパ人にとって日本は遠い国なのだと思います。

今の原発反対の流れは理解できますし、原発是非論をここでするつもりはありませんが、現実問題として、原発なしで現代の文明生活が成り立つものなのか、また、火力発電を代替方法にするとしたらCO2の問題はどうなるのか、そういうことをしっかり考えて市民は反応しているのか、疑問です。冷静さという点では、日本人が上かな?