日本から帰って思うこと

d0116376_14151015.jpg
d0116376_14152533.jpg

近くに住む夫の母を訪ねました。
彼女は私の日本行きを心配していたので、言わば無事帰還の報告です。
自分で焼いたチーズケーキを持参して、またまたちょっとゴマすり037.gif

日本行きはずいぶん迷いましたが、行ってきてよかったと思っています。

私の帰国を機に集まってくれた友人たち(首都圏在住)は、
皆、人と心を割って話すことに飢えていたように感じました。

震災時にはそれぞれがバラバラな所でとても怖い思いをしました。
以来、それぞれが震災に関わるいろいろな問題と向き合ってきました。

親戚に津波被災者が居て、被災地にお葬式に「通っている」人、
液状化による断水に苦しめられていた人、
老人介護の中で緊急時の対処をどうしたらいいか心配している人、
再び起こるかもしれない大余震への不安、
そして、持続する原発問題への不安・・・

こういったことを吐露して語る時間が「私たち」には必要でした。

そして、震災前にはなかった「危機感」に目覚めた私たちは、
もう元には戻れないと今私は感じています。

目覚めたと言えば、今回の福島第一原発事故が起こってよかった(?)
ことがあるとすれば、原発問題が無視できないことだと
気がついたことでしょう。

実は私は、以前から反原発活動を社会的に行っている私の恩師に
勧められて、「もう一つのノーベル賞」ライト・ライブリフッド賞を
受賞した反原発運動家で科学者の故高木仁三郎氏の著書を、
過去に数冊読んだことがありました。

しかし、そのメッセージすら、当時「目覚めていなかった」私には、
通り過ぎてしまっていたようです。

今、本箱から取り出して、再読したいと思っています。

一方、先日、朝日のWEBRONZA
http://webronza.asahi.com/
に宇宙飛行士の山崎直子さんが書いていらっしゃった記事
にも考えさせられました。

1986年に起こったチャレンジャー号の事故原因究明をした物理学者
リチャード・ファイマン氏の「真の原因が、組織の評価をあげようとして
安全性の基準をゆるめてしまう組織体質にあることを指摘する」
個人的見解のことです。

氏はその見解を「技術が成功するためには、体面よりも現実が優先
されなければならない、何故なら自然は騙せないからだ」
と締めくくっているそうです。

いずれの科学者の目にも尊敬の気持ちを抱かずにはいられません。
[PR]
by mamapanda_mimi | 2011-05-28 16:41 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mamapandam.exblog.jp/tb/13667756
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。