現職ドイツ大統領の人間性

クリスマス前から年明けの現在に至るまで
ドイツの大統領が苦境に立たされています。

日本でもとうとう今日記事が出ました:

ドイツのウルフ大統領(52)が北部ニーダーザクセン州首相時代の08年、地元の実業家側から自宅購入資金として、銀行より低い金利で50万ユーロ(約5000万円)の融資を受けていた事実が発覚し、窮地に立たされている。個人間の貸し付けのため違法性はないとされるが、ウルフ氏は以前にこの実業家との金銭のやり取りを否定していた。このため道義的責任を問う声が強まり、野党からは辞任要求も出始めている。

 独メディアによると、ウルフ氏は08年に実業家の妻から融資を受けた。その後、実業家が所有する米国の別荘で休暇を過ごすなど親密な関係が判明したため州議会で追及されたが、「ただの友人で金銭のやり取りはない」と説明していた。だが先月、大衆紙ビルトの報道で融資の事実が発覚し、ウルフ氏は「説明は正確ではなかった」と謝罪。この報道直前、ビルト紙幹部に報道をやめるよう電話をかけていた事実も判明し、ジャーナリスト団体や野党が「言論の自由への圧力」と非難していた。

(http://mainichi.jp/select/world/news/20120105dde007030032000c.html)

このウルフ大統領、先日私のドイツフェスティバルについての記事
にも登場しました。

ドイツ大統領は政治的実権はありません。

国を代表する立場にあるという意味では
日本の皇室の立場と類似しています。

しかし、大きな違いは「持って生まれる」のではなく、
「(議会によって)選ばれる」つまり「なる」立場であることです。

ましてウルフ大統領は政治家だったのですから、
利害関係を引きづる職業だった人です。
皇室の方々との違いは明白です。

で、昨晩とうとうウルフ大統領はテレビインタビューに答えて
一連の問題について釈明しました。

法に触れるようなことは一切していない、
電話については、記事の掲載をしないように
ではなく、1日延ばすように話しただけだったが、
あれは自分の過ちだった、
人間は誰でも間違いを犯すもの、
深く陳謝したい。
過ちから学ぶことが大事だと思う。
公的立場にあるといっても大統領にも私的生活が
あることを分かってほしい。
大統領としての5年の任期を全うし、
立派な大統領だったと言われるよう努力したい。

といったところが主な内容でした。

全体的に自分はメディアの犠牲者だと
言いたげな回答の仕方でしたね。

メディアが公的な人の「立場」に直接関係ない
私的なことをほじくり出すのは確かに良くないことです022.gif

しかし!

電話に関しては(これは留守番電話だったそうですが)
電話を受けた方は、1日延ばしてほしい、ではなく、
記事の掲載をしないでほしい、という内容だった
という主張を変えておらず、今度はそのテープを公開する
という話にエスカレートしています。

また、大統領の言葉には私の常識感覚とは違うことも
いくつかありました。

1) 友人からお金を借りられないような国はおかしい国だ。

とか、

2) 長年の友人の家に無料で宿泊し、一緒に料理をして、
楽しく休暇を過ごしたことがいけないことなのか?

という言動です。

1) は、私だったら、友人から5千万円を借りるなんて、
たとえ金利を払っても、友人だからこそ絶対にしたくないことです。

2) は、普通だったらそうですけど、政治家なら、また、
公的立場を代表する人なら、たとえ長年の友人とのつきあいでも
神経質過ぎるほどに気をつけて公私の区別をつけるべき。

このまま大統領の職を守れるかどうか、興味津々。

インターネットや政治風刺の世界でも
ウルフ大統領は嘲笑される対象になってしまっています。

ドイツの大統領は尊敬される存在でなければならないという
意識が国民にはありますが、その大統領がこんなことになって
しまってこれでいいのかなあ、と心配になっている私です025.gif
[PR]
by mamapanda_mimi | 2012-01-05 21:55 | 社会 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://mamapandam.exblog.jp/tb/15224877
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kumagoro-1 at 2012-01-06 09:50
今年もよろしくお願いします。
ドイツから相撲解説、辛口時事解説そして美味しいネタ
楽しみにしています。
平和な2012年でありますように。
小樽は年をまたいで雪が降りつづいています。
Commented by mamapanda_mimi at 2012-01-06 21:14
kumagoroさん、
お久しぶりです!こちらこそ今年もよろしく!
ドイツは今冬はこれまでのところ暖冬傾向です。
雪かきがなく楽なお正月で、少々肥り気味。
気をつけなくちゃ(笑)
Commented by オニオン at 2012-01-06 21:52 x
2012年お正月はお天気も良く平穏に過ぎました。今年もよろしくお願いします。ところで日曜日から初場所が始まりますが、今日は明治神宮の奉納相撲がありました。白鵬が相撲界の代表になってからずいぶんたちましたね。白鵬の優勝も当たり前の風物になってしまって少々飽きてきました。mamapandaさん、ここらで新しい風を期待したいですね。
Commented by mamapanda_mimi at 2012-01-06 23:37
オニオンさん、
こちらこそ今年もよろしくお願いします。
カロヤンの不振がマンネリ化してくると、私のブログ更新のモチベーションも低下してきます・・・。
確か先代親方は30歳の時に横綱になったはず。
それをお手本にしているわけでもないでしょうが、大関まで駆け上がったのがあまりにも速かったから、大関在位が長く感じます。
期待を背負いながら大関になったのに、最近では諦められている感じもあるので、なんとか存在感を示してほしいですよね。