女王様のパイ

d0116376_5134152.jpg

ドイツ語で「Königin Pastetchen」、日本語で「女王様のパイ」。
というお料理なんですが、これが我が家の元旦料理でした001.gif

元旦といえどもお節料理はちょっとこちらでは材料もなく
なかなか作れません。
また、我が夫はお節料理は苦手なので、
どうしても西洋料理になってしまいます。

でもこれはちょっと手の込んだ料理です。
そういう意味で美味であるということ以外に
元旦(祝日)にふさわしい料理と言えます。

実は普通この籠型の入れ物の形をしたパイを
パン屋さんに予約して出来たものを買ってきて、
中身だけを料理して詰め、
それを短時間オーブンで焼きます。

しかし、今回、生地は出来あいのものを買ったのですが、
この形にするのを自分でやってみました。

ここが自慢のポイントなわけです066.gif037.gif

生地をこね板に広げ、8cmの円型を数枚切り抜き、底用に円型を残し、
その上に、中心の円(5cm)をさらに切り抜いてできたリング型を
数枚重ねていきます。

余った生地を何度も一緒にして再び広げ上記の手順を繰り返します。

最後に蓋部分も残すのを忘れないように。

とまあ、こうしたちょっと凝った手順が必要というわけです。

中身は鶏肉ラグーを作って詰めるのが一般的なようですが、
私は自分の趣味でビーフストロガノフを入れました。

なかなか豪華でおいしかったです。
白のバーデンワインがピッタリでした049.gif
[PR]
by mamapanda_mimi | 2013-01-05 05:39 | グルメ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mamapandam.exblog.jp/tb/17565576
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。