ドイツの前大統領の話

ドイツの前大統領ウルフ氏が大統領職辞任に追い込まれた
ことについては昨年2月にこのブログでお伝えしました

そのウルフ氏が辞任発表の時に強調して感謝の言葉を
述べていた愛妻と離婚することになったと聞いて
ビックリ005.gif

最初に私が思わず言った言葉は「かわいそう」
でした。

彼が汚職疑惑を抱えてグレーゾーンを渡り歩いてきたこと、
そういう人がドイツの大統領であることには
もちろん私も批判的でした。

でも、何も奥さんまで彼を見捨てることはないのではないか、
なんて思ったんですよね。

こういう時にこそ、夫を助けるのが妻の役目ではないか・・・と、
あっ、これってやっぱり大和撫子的な考えだったかも037.gif

こういうことをドイツ人女性に求めるのは無理な話なのかな?

実はこの奥さん、秋頃に自分で本を出していて、
その中でも夫婦仲がうまくいってないことをほのめかしていたのです。

理由は、何か夫の社会的立場故に自分の意思と関係ないところで
自分の生活が決められていたことにとても不満を感じていたとか。

まあ、大統領の妻ともなれば、大統領の妻としての役目もあって当然。
仕方ないことなんではないでしょうか?

でも彼女はそのことが原因で夫婦間に支障を来たした
と主張していたようです。

大統領の妻としては若すぎたことも原因と言わざるを得ないでしょう。
それはウルフ氏についても言えるかも。彼は50歳前後でしたし。

大統領たるもの、国民に指針となるような生き方を求められる
わけですから、私欲の塊的な汚職疑惑グレーゾーンでの生き方では
ふさわしくありません。

こういう時にやはり思い出すのが東関東大震災の時の天皇皇后両陛下の
被災地訪問が感動的だったことです。

なぜそれが感動的だったかというと、やはり天皇皇后両陛下は
利害関係というものが全くない存在の方たちだからだと思うのですね。

話はずれてしまいましたが、この夫婦破綻でプライベートでも
どん底に落ちてしまったウルフ氏、身から出た錆とは言え、
私は奥さんの方にどうしても反感を持ってしまうので、
気の毒に感じているわけです。

で、きょうのSpiegelで読んだんですが、
どうもウルフ氏にヨーロッパとトルコとの関係を仲介するような役割を
してもらったらどうかという話が出ているようです。

ウルフ氏は大統領時代にもその関連事に尽力していました。

新たな気持ちでそういった意味ある仕事に従事して、
大統領職経験者の名誉を追求するチャンスを与えられたら、
彼も人間として復活できるのではないでしょうか?

今度こそ、真摯に頑張ってほしいですね。
[PR]
by mamapanda_mimi | 2013-01-10 01:16 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mamapandam.exblog.jp/tb/17595062
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。