アウリッヒにて

北ドイツ紀行を続けます・・・

ドイツの北海沿岸地方オストフリースランドの
地元の言葉はプラットと呼ばれる低地ドイツ語です。

これは標準ドイツ語とかなり違う言葉なので、
分からないことが結構ありました。

でも、同じドイツでもいろいろと違う点を体験する、
というのはなかなか面白い049.gif

たとえば、この地方の人たちは朝昼晩、いつ会っても
挨拶が「グーテンターク」や「グーテンアーベンド」とかではなく
「モイン!」でした005.gif

アウリッヒという町のマルクトを覗いてみました:
d0116376_3224455.jpg

d0116376_3231813.jpg

d0116376_324463.jpg

海の近くですからね、お魚の種類も豊富でした。
で、この日の夕飯:
d0116376_3252381.jpg

マルクトで買ったジャガイモとニシン。
それに「ワカメ」という名で売られていた海藻。
名物料理でした049.gif

他にもこの地方独特のものがありました。
紅茶です049.gif

これには飲み方があって・・・

ティーカップの底にまずキャンディスシュガーを入れ、
そこにお茶を注ぎ込みます。
この時のシュガーのパリパリという音がたまらない038.gif
で、その上に特殊なスプーンで生クリームを入れます。
掻きまわしては駄目。
クリームがジワジワと広がるのを待ち、それから飲みます。
飲む時はまず少し苦みのあるお茶、そして円やかなクリーム、
最後にシュガーの甘みを楽しみます。

オストフリースランドの人たちは「のんびり、悠長」と言われているのですが
それにぴったりな紅茶の飲み方みたいですね。

でも、私も家に帰ってきて毎日同じ飲み方を楽しむようになりました037.gif
[PR]
by mamapanda_mimi | 2013-10-19 03:44 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mamapandam.exblog.jp/tb/19843202
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。