桑田佳祐さんのお詫びと説明の言葉に思う

サザンオールスターズの桑田佳祐さんの紅白出演時のことについて
ネット上で批判が飛び交い、桑田佳祐さんが謝罪し、考えを述べた
という記事を読みました。

まず、ネット上ですぐ批判が飛び交う世の中というのにも
改めて驚かされます。

今回がどうのということより、ツイッターなどに逐次載る
言葉は、実に勝手な言葉であることが多く、
顔が見えないから何でも言えるみたいな世界という気がします。

なので、私はツイッターを一情報源としてしか利用していません。

で、桑田佳祐さんの謝罪文と考えですが、
悪意がなかったことはよく分かりましたが、
「反省」したり、「お詫び」したりする事柄が
今回ちょっと多すぎましたね。

「軽率」という言葉に尽きます。

私の中ではイメージダウンは避けられない感じです。

一方、政府批判の主旨はなかったらしい。
平和を願うメッセージを伝えたかっただけだそうです。

それを「政府批判だ」「反日だ」と批判する人がいる
ということ自体、政府が平和と逆行することをしている
という証拠になってしまうかもしれませんよ。

ま、ネット社会の煩わしさも感じた出来事でした。
[PR]
by mamapanda_mimi | 2015-01-19 04:15 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mamapandam.exblog.jp/tb/21486363
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。