ドイツ大統領選挙

たった今、ドイツの新しい大統領の選挙があり、
二大政党連合で推薦されていたシュタインマイヤー
前外務大臣が選出されました049.gif

1200票以上中931票獲得したので、
圧倒的な勝利と言えます。

大統領は直接選挙ではなく、
600名ちょっとの国会議員と
600名ちょっとの各州から選ばれた選挙人(多くが有名人)
が連邦議会で投票して決まります。

ドイツの大統領は政治的決定権はありませんが、
国を代表する役目としては最高の地位です。

シュタインマイヤー氏はその地位にふさわしい
人物だと思います049.gif

ところで、この重要な選挙の進行役は連邦議会議長が行います。

で、きょうのランメルト連邦議会議長の選挙前の演説が
実に素晴らしかった:

「世界に心を開く代わりに壁を周りに造って
自国のことだけに集中し、
自由貿易の代わりに守りにまわったり、
他の国々と協力する代わりに孤立しようとして、
自分たちが一番大事と主張する人は、
他の国も同じように彼に接することになっても
驚く権利はない。」

と、はっきりとトランプ大統領を批判し、

「世界にはテロ問題や気候温暖化問題のように
一つの国だけで解決できない問題が散在しているからこそ、
今、国々は協力し合わなくてはならない。
一つ一つの国の問題には各国が従事するにしても、、
グローバルな問題では協力し合わなくてはならない。
だからこそ、今、強いヨーロッパが必要なのだ。」

と、鼓舞したのでした049.gif

メルケル首相も含んだ議会場の大部分の人々から
拍手喝采を浴びました。

安倍首相がトランプ大統領に「おべっか」を使った
ことにガッカリしていただけに、この演説のすばらしさに
感動した私でした。

同時に日本人としてあの「おべっか」が
とても恥ずかしく思えました。



[PR]
by mamapanda_mimi | 2017-02-13 00:02 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mamapandam.exblog.jp/tb/23856764
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。