マンハイム Mannheim

Musfussが充実した大学生活を送っているマンハイムを訪ねました。

マンハイム城内の大部分が今では大学になっています。城内の博物館を見学しました。
d0116376_5183843.jpg


(ドイツ観光局サイトから http://www.visit-germany.jp/?ID=17)
マンハイム城 Schloss Mannheim
1720年カール・フィリップとカール・テオドール選帝侯の時代、バルターザー・ノイマンやニコラ・デ・ピガージュ、コスマス・ダミアン・アサムなど多数の著名な芸術家の援助で完成した、バロックの豪華なマンハイム城は、すでにこの城自体が一つの芸術作品です。絵画やゴブラン織り、彫像などのある、500以上の豪華な調度の整えられた部屋、またその大きな規模で、“プファルツ選帝侯の王冠”と言われ、ドイツでも最大級の完成したバロック宮殿です。2007年のはじめから長い工事期間を経て、城が新しい輝きを取り戻しました・・・
» www.schloss-mannheim.de

まだ改修して間もないということで、本当に綺麗でした。

マンハイム大学社会学科の新館:
d0116376_584661.jpg

大学図書館
d0116376_59876.jpg

カフェ・ソレー
d0116376_593296.jpg

大学のカフェとは思えない洒落た雰囲気でした。

有名なショッピング通りプランケン:
d0116376_510103.jpg

d0116376_5103460.jpg


(ドイツ観光局サイトから http://www.visit-germany.jp/?ID=17):
プランケン(渡り板)Planken
給水塔とパラーデ広場の間の歴史のある通りには、かつては渡り板が敷いてありました。街で散歩を楽しむ貴婦人たちの足が濡れないようにするためです。今ではこの渡り板は歩行者天国となり、エレガントな店やカフェが立ち並ぶマンハイムの賑やかな買い物通りとなっています。

そして同じプランケンにユダヤ人犠牲者追悼の記念碑がありました:
d0116376_5112663.jpg

d0116376_5114727.jpg

犠牲者の名前が読み取れます。
[PR]
by mamapanda_mimi | 2008-02-09 05:31 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mamapandam.exblog.jp/tb/7210443
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。