ネーレスハイム Neresheim

きょうの日曜日は、ただいま仕事で関連している日本からいらしているエンジニアのY氏を近郊の観光にご案内。

ローテンブルクにお連れしました。
ロマンチック街道沿いのこの美しい小さな街は日本人に人気の観光地。
話の種に一度は訪れておくべきでは?ということでご案内し、事実そのタウバー川の景観を十分楽しんでいただきました。

しかし、実は、きょうのハイライトはその後にやってきたのでした001.gif

ローテンブルクを後にして、宿泊中のホテルに戻る前に、近くにあるネーレスハイムという(日本人観光客にはほとんど無名の)街の修道院教会をちょっとお見せしましょう、ということになり立ち寄りました。
d0116376_293356.jpg

d0116376_2122656.jpg

d0116376_2134495.jpg

この教会は1747年ー1792年ヴュルツブルクのレジデンスを設計したバルターザー・ノイマンの設計で建てられたベネディクト会修道院教会です。天井のフレスコ画は南チロルの画家マルティン・クノラー作。
d0116376_2142641.jpg

d0116376_2145477.jpg

d0116376_2152165.jpg

d0116376_2154131.jpg

d0116376_216177.jpg

ここでY氏の感動は頂点に達したのでした058.gif
[PR]
by mamapanda_mimi | 2008-04-07 02:23 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mamapandam.exblog.jp/tb/7652536
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。