琴欧洲のこと その6 千秋楽

2008年大相撲夏場所 千秋楽 琴欧洲 対 千代大海 は琴欧洲が寄り切りで制しました。
力強いどっしりとした相撲でした。
14勝1敗。立派な成績です。

佐渡ヶ嶽部屋後援会の会員の方に祝賀会参加のお誘いを受け、行ってきました069.gif
d0116376_1434444.jpg

d0116376_15193329.jpg

確かkeepon_annさんはカロヤンが不調で途中休場した先場所後の祝賀会に参加され楽しまれたと聞いていましたが、今場所はカロヤンは何と優勝してしまったわけで、ほとんど主役、渦中の人となったので、祝賀会ではむしろカロヤンが遠い存在に思えるかも・・・と躊躇していたのですが、ドイツからはるばる来ているのだし、本当のファンなら祝賀会場でのカロヤンもしっかり検証するべきかも、と考え直し、参加することにしました。

参加者は600名ということでしたので、まあ、私の懸念はちょっとやはり当たってしまいましたね。
カロヤンはファンに嫌な顔一つせず、一緒に写真に収まったり、サインしたりしていました。
が、常に多くの後援会関係の方々や若い女性ファンに囲まれていたので、なかなかその群衆の中に入っていくことは私には難しい感じでした。

d0116376_14740100.jpg

それで、ステファン・パパとツーショットを、と思いつき、お願いすることにしました。
最初英語で話しかけたのですが、通じない様子だったので、近くの通訳(ブルガリア人女性)の方にドイツ語を理解されるかどうかを聞いてもらったのですが、それもダメ。あー、せめてロシア語が話せたらなぁ。ま、とにかく快くツーショットに応じていただけました。

下の写真は舞台上のステファン・パパとカロヤン:
d0116376_1501453.jpg


カロヤンはひときわ目立つので、いつもどこに居るかは誰にでもすぐ分かり、周りは常に人だかりがしていました。あんなにチヤホヤされてカロヤン大丈夫かしらん、とちょっと心配になるくらいでした・・・。
まあ、優勝したのですからね。もちろん誰もが褒め称えて当然ですよね。そしてあの素敵な笑顔・・・誰でも魅力を感じますよね。
d0116376_1515940.jpg


後援会の方とかのご挨拶の中には、「次は是非綱とりを」という言葉が入っていました。
これについて、一言:
カロヤンは確実に強くなりました。
だから、遅かれ早かれ必ず横綱になる。
でも、横綱になるためには絶対負けないくらいの安定感が必要。
負けが込んだら後がない。
あまり早急に横綱になってしまうと大関になった時のように自分を苦しめることになってしまうのではないか、と思ったりします。
周囲の誰もが「横綱の資格がある」と認めるようになる、そういうコンセンサスが得られてなる方が長い目で見れば本人のためになるのではないでしょうか。
少なくとも、周囲の綱とり願望でカロヤンを翻弄するのはどうかな?と思います。
本人も「一番一番、一日一日、自分の相撲を取ることだけを考える」と言っています。
その姿勢を大事にしてあげたい、と私は思います。
本当のファンですからね、私058.gif
[PR]
by mamapanda_mimi | 2008-05-26 02:07 | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : http://mamapandam.exblog.jp/tb/7975190
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from シネマと寝言の日記 at 2008-05-27 01:52
タイトル : 2008年5月場所千秋楽
琴欧洲 幕内初優勝おめでとう!! 【千代大海●(寄り切り)琴欧洲○】 最後の一番をしっかり白星で飾りました。 昨日すでに優勝を決めて、その翌日の内容はさあどうだ、と注目されていましたが、今場所復活の象徴である力強い寄りでみごと勝ちました。 安心して見られたけど、やっぱりいつもの癖でドキドキ。。。 「落ち着いているから大丈夫だよ」とカロヤンに言われたような気分です。 ::::::::::::::::::::::::: 優勝から一夜明け、今朝からあらゆる新聞を読みあさり、心地よい疲労モー...... more
Commented by keepon_ann at 2008-05-26 07:50 x
おはようございます。
やっぱり祝賀会に行かれていたんですね。
ご報告ありがとうございます。
大阪場所の祝賀会では控えめだったカロヤンでした。
しかし今場所はなんと優勝を果たしての本当の祝賀会。
それに出席できたなんて、mamapandaさん、帰省されていてよかったですね!
カロヤンパパとのツーショット、うらやましい~

「綱取り」については同感です。マスコミは煽るけど、審議会や協会理事方も慎重な見解です。
ここでしっかり腰をおちつけて相撲を確立させることを優先すべきだと思うので、急ぐ必要ないですよね。
Commented by yoshikazunet at 2008-05-26 10:08
祝賀会の様子さっそくアップしてくれてありがとう。琴欧州優勝おめでとう!!彼の日本語のコメントも、しっかりしてましたね。喜びに満ちた笑顔・・・素敵ですね。大関になってから本当に苦しい道のりだったんでしょうね。また次のプレッシャーに負けずに、怪我にも気をつけて、一歩一歩上昇してくれたらいいですね。
松戸でも優勝パレードやるといいんだけど・・・??
Commented by toitoi1954 at 2008-05-26 10:26 x
おはようございます。琴欧州の晴れやかな笑顔が素敵です♪これからの彼の将来を予感させる顔つきでしょう。。琴欧州の腰がしっかりしてきて、その上で上背を生かした相撲がいつも出来るようになれば、アピアランスも素敵なのですから 昔の大鵬のような 品格のある横綱になれると思います。それとともに、日本の関取たちも頑張って欲しいですよね。 今回は、思い出深い日本滞在になってよかったですね。おめでとう!
Commented by オニオン at 2008-05-26 11:22 x
祝勝会の貴重な写真アップありがとうございます。それにパパとのツーショットよかったですね。表彰式の様子をテレビで見ましたが、落ち着いているし、力士としての風格がでてきましたね。mamapandaさんの興奮した気持ちが伝わってきますよ。
Commented by mamapanda_mimi at 2008-05-26 16:43
yoshikazunetさん、パーティ会場の隣の部屋にテレビが用意してあって、そこで千秋楽の大相撲放送を見ました。
琴奨菊の勝ち越し、琴欧洲の完勝、琴光喜の勝ち越しと、いい事づくめの佐渡ヶ嶽部屋、拍手が続きました。

toitoi1954さん、巨人・大鵬・卵焼きという時代に育った私たち、今では何と言うのでしょう?
価値観の多様化で3ジャンルではすまないかもね。
でも、相撲ジャンルには琴欧洲が入る時代がもうすぐそこまで来ているのかもしれません。
楽しみデス。

オニオンさん、花道奥で表彰式の手順の説明を聞くカロヤンも何か可愛かったですね。でも土俵上ではさすがに男らしく立派でした。
Commented by mamapanda at 2008-05-26 23:00 x
何とよりによってkeepon_annさんにお返事書くの忘れてしまいました。ごめんなさい。私の今場所のカロヤンについての総括はそちらのブログのコメント欄に長々と書き入れました。
お互いに感動的な2週間でしたね。嘘みたい、夢みたい、「信じられない」・・・。大鵬さんも「「神がかり的変身」とおっしゃっているようです。
これからも一緒に温かくカロヤンのことを見守っていきましょう。