果実が生る

前回エントリーのヨーグルトクリームトルテに私が使ったベリー系果実は、Johannisbeer (ヨハネスベア)といって、独和辞書には「スグリ属の実」と出ています。

マイガーデンにも生っていますが、ご近所の庭でとっても綺麗な形で生っているのを見かけたのでカメラでパチリ:
d0116376_5241141.jpg

ふさふさとしていますね。
今の季節が盛りで、味はかなり酸っぱいです。

ドイツの人たちは、放っておいて鳥の餌になっては惜しいとばかり、せっせと収穫してジャムなどの保存食にしたりします。
勤勉な国民性です。

また、赤い色がとても綺麗なので、ケーキの飾りとしても最適(私のケーキ参照)。
種類としては黒い色のものもあります。

果実が生る、というのはいいものですね。

昨年の今頃はマイガーデンにリンゴが一つ生ったことを発見しました。

その私の林檎の木、今年は4,5個は生るだろう、と楽しみにしていたのですが、どうも今年はお休みの年のようです。

リンゴのくせにサバティカル?

冗談はともかく、聞くところによると、リンゴは種類によって隔年に実をつけるものがあるそうで、我が家のリンゴはそういう種類ということのようです。

近くで見かけたリンゴの木には下のようにたくさんの実が生っていてうらやましく思いました:
d0116376_5441253.jpg

d0116376_5444049.jpg


とりあえず、我が家の林檎の木には、来年期待することにします。
[PR]
by mamapanda_mimi | 2008-07-10 06:05 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mamapandam.exblog.jp/tb/8250825
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。