水仙、そしてマグノリア

庭のラッパ水仙が咲きました(チューリップはまだです):
d0116376_20372462.jpg

Primelchenがあまりに可愛いのでその写真ももう一度:
d0116376_20423588.jpg


きょうも素晴らしいお天気058.gif
で、仕事が一段落したので午前中にウォーキングに行ってきました:
d0116376_20394423.jpg

とっても気持ちよかったで~す!

途中、蕾をつけた美しいマグノリアの木に出会い、思わずパチッ・・・
d0116376_20445960.jpg

私の最も好きな花です。

東京に住んでいた時、庭に紫木蓮があって、
春になるとそれが咲くのを毎年楽しみにしていました。
紫木蓮は白木蓮より10日間ほど後に咲くのだそうです。

「木蓮」の西洋名「マグノリア」という言葉を私が初めて知ったのは、
多感な6年間を過ごした中学・高校ででした。
その学校の文化祭が「マグノリア祭」という名で呼ばれていたからです。

マグノリアが後年私の愛花となったというのも不思議なこと。
だからこの花を見ると時代と自分の人生の変遷のようなものに
思いを馳せたりします。

とノスタルジーに浸ったところで・・・
今度日本に行く時にその学校のクラス会に出席することになっています。

実は海外に住んでいる私が、「クラス会をやるなら、私が日本に行く時にして!」
という一心で、幹事役を引き受けちゃったわけです。

これずいぶん勝手なようですけど、一番いい方法!

日本に住んでいる他の幹事と協力、またIT手段を駆使、
さっさと話が進み、あっという間にアレンジ完了。

懐かしいみんなに会えるのがとっても楽しみ!
[PR]
by mamapanda_mimi | 2009-04-15 21:25 | 社会 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://mamapandam.exblog.jp/tb/9602267
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by anne at 2009-04-16 17:46 x
このマグノリアはいい。明るい。天に向かって飛翔する瞬間を待つような、でも軽すぎないマグノリア。風土のせいか、風土による気候の現れ方のせいか・・・はじめて目にする希望を感じるマグノリア☆ 
Commented by オニオン at 2009-04-16 21:31 x
mamapandaさんの待ち焦がれた春を迎えた喜びがあふれている花たちの可愛い写真ですね。日本は桜前線が北上していき、ここいらは、ソメイヨシノはあっという間に散ってしまい、今は八重桜が満開です。チューリップも盛りです。mamapandaさんのウォーキング、空気が澄んでいて気持ちよさそうですね。
Commented by mamapanda_mimi at 2009-04-16 21:51
きょうはもう一部花が開いていました。それもまた綺麗な姿でした。
Commented by mamapanda_mimi at 2009-04-16 22:02
オニオンさん、こちらでも時々桜か桜科の花かな?と思うものを見かけます。それももちろん綺麗なのですが、日本の桜が格別に美しいのはやはり「枝ぶり」なのではないかと思います。また、そういう美しさを求める気持ちが日本的とも言えるのかもしれません。