マイガーデン 2009

小樽にお住まいのくまごろうさ~ん!

うちにもムスカリ咲いてますよ001.gif
d0116376_20214841.jpg

ウィキペディアによると:
「ムスカリ属の一部は園芸植物としてよく栽培され、一般的には球根植物で開花期は3月初旬から4月末頃。花は一見するとブドウの実のように見える。このことからブドウヒアシンスの別名を持つ。」
そうですが、私は球根植えた覚えがなかったのでちょっと驚きました。
うちは古い家なのできっと以前誰かが植えたのでしょう。

今マイガーデンに咲いているその他の花々、またまた紹介しちゃいます:
d0116376_2028558.jpg
d0116376_20351870.jpg
d0116376_20355494.jpg
d0116376_20362883.jpg

















































なんだか園芸が趣味みたいに思われそうですが、
全然そうじゃなく、本来ガーデニングには怠惰な私ですが、
秋の球根植えだけはかろうじて欠かしたことがなく、
花々が徐々に開花してくるとやっぱり嬉しいものですね056.gif

そして、さらに実が生ったりするとますます感動します!

一昨年初めてたった1個実をつけた我が家のリンゴちゃん、
昨年は不作で・・・というか2年に1度実をつける種類らしい・・・
ということで、今年はかなり期待されているのですが、
実は蕾をつけているのを発見したのです005.gif
d0116376_20404323.jpg

見えるでしょう?

この4年間、この季節には日本に行って居なかったのですが、
今年はマイガーデンの検証ができてよかった!

その代わり、東京より遅れてやってくる花粉症にかなり苦しめられていますけど・・・。
[PR]
by mamapanda_mimi | 2009-04-26 21:03 | 社会 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://mamapandam.exblog.jp/tb/9648827
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by オニオン at 2009-04-30 17:17 x
mamapandaさん、横から相撲の話題で失礼します。昨日、稽古総見行ってきましたので、カロヤン応援団の一員として、ご報告します。カロヤンは元気でしたよ。幕内力士が三番稽古をしているときにずっとしこを踏んでました。そのときに鼻をかんだので風邪でも引いているのかとちょっと心配しましたが、風邪はひいてないみたいでした。大関横綱とだけ稽古で日馬富士に3連敗しましたが、それ以外の大関には1勝づつ。白鵬には5戦2勝。3敗のうち1回は土俵際かなり惜しかったです。この時期に調子を万全に上げている力士はいないと思うので、5月場所の予想はできませんが、白鵬も朝青龍も稽古不足のような気がしました。かなりチャンスの場所だと思います。
Commented by mamapanda_mimi at 2009-04-30 17:49
レポートありがとうございます!
今息子が東京にいるので、稽古総見に行くことを奨めていたのですけど、早起きしなくちゃならないので行けないかも・・・とか言っていたんです。ですので当てにならないと思っていたのでレポートとっても嬉しいです!

白鵬がカロヤンに2敗したことはニュースで話題になっていましたね。
それから日馬富士が動きがよかったって。でもカロヤンが3連敗したことは知りませんでした。

う~ん、私は今場所かなり期待しているんですが、初日の相手が安美錦かもと予想していて、それを克服すれば波に乗るんではないか・・・と。

とにかくカロヤンは「苦手意識」などの精神的な消極性を克服しなくてはだめですね。
攻めるにしても、守るにしても、「取組みの主導権は自分が取る!」という強い意志を持たなくては。

初日に間に合うように日本に行く予定にしています。
ファンとしても気合が入る夏場所です。
Commented by オニオン at 2009-04-30 20:12 x
mamapandaさん、見てるとカロヤンは性格的おとなしいという印象です。闘志が顔にでないので、どうかなと思って見ていると、結構積極的にぶつかり稽古をしたりとか、他の大関よりもがんばっていました。朝青龍は調子が悪いのをごまかす(?)為か自分のやりやすい相手を指名して勝つとさっさと土俵を下りてしまったんです。白鵬は「ただいま研究中」のような感じで勝ちにはこだわらなかった気がします。他の力士はといえばバルトの強さが群を抜いていた他は鶴竜も実力をつけてきたなという印象です。安美錦はあまり目立ってはいなかったですが、本場所では何を考えてくるかわからないので要注意ですね。錣山親方曰く「琴欧洲はへっぴリ腰で腰が引けておっかなびっくり相撲をとっているのに大関になったんだから大したもの。これで腰が割れたらどんだけ強くなるか」と解説でほめてるんだか、けなしているんだか、ファンとしては喜んでいいんだか、よくわからないコメントをしていました。
Commented by mamapanda_mimi at 2009-05-01 01:47
なるほど、カロヤンは本来おとなしい性質なのですね、きっと。
そういうカロヤンが内に秘めた強さを外に出せた時こそ、無敵になるのかも。
「腰が割れる」ようしっかり稽古に励んでほしいですね!