13日目

朝青龍の下手投げが豪快に決まりました。

相撲内容から言ってもきょうの朝青龍は立派でした。
認めざるを得ません。

琴欧洲は、きょうの集中力と気合いを
初日から、また格下の対戦相手にも発揮できていたら優勝争いに加われたのに・・・
本当に惜しい、と思うくらいよかったです。
頑張りました066.gif

しかし、最後は力の差でしたね。

舞の海いわく、「琴欧洲はあそこで下手投げができていたら・・・」
という場面もあったわけです。

カロヤン、だからきょうのVTRを見てしっかり勉強してくださいね!

大相撲放送は最初からずっときょうの結びの一番に集中していました。
視聴者の関心がそうだからなのでしょうが、カロヤンファンの私は
もちろん不満。

それでもその結びの一番は見ました。

白鵬、素晴らしかったですね049.gif
落ち着いていたし、技も卓越していました。
日馬富士があの壁を乗り越えることは到底無理かも、
という思いがフトよぎりました。

一方カロヤンの場合は、
日馬富士のガムシャラなところ、ふてぶてしいところを学べば、
十分両横綱の壁を乗り越えることができるはずだと思うんですがねぇ・・・

事実、一年前はだからこそ優勝できたのです。

是非とも明日の白鵬戦で私の観測があたっていることを再び証明してもらいたいものです047.gif
[PR]
by mamapanda_mimi | 2009-05-22 18:41 | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://mamapandam.exblog.jp/tb/9761099
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Anything Story at 2009-05-22 20:45
タイトル : 何やってるんだ!
大相撲は13日を終わってモンゴル勢の白鵬が全勝同士の日馬富士を破ってリード。朝青龍が1敗で残り2日日で今回もモンゴル勢の優勝が決定。国技である日本人は何やってるの?ここ数年は良いことも悪いことモンゴル勢の話題ばかり。相撲協会はモンゴル勢なくしては相撲を語れないでしょう。朝青龍が悪いことをしても金のなる木には何も言えない?理事長が誰に代わっても、体制がどんなに変わっても日本人が弱い限り理事長の言うことも説得力がないし強いことを言えないような気がします。世界には色んなスポーツがありますが長い間、他国の選手...... more
Commented by オニオン at 2009-05-22 19:38 x
久し振りに見ていて力が入りましたね。もう一歩。。。これからも研究、精進すれば、朝青龍をいつか倒せますよ。期待しましょう。。。白鵬は日馬富士に余裕で勝ちましたね。どういう訳か、モヤモヤがすっきりしました。
Commented by mamapanda_mimi at 2009-05-22 19:50
私のモヤモヤもすっきりしました(笑)。
皆日馬富士を褒めていますけどね。
あの貪欲さがいわゆる相撲ファンに受けるのでしょうね。
カロヤンと対照的、だからカロヤンファンの私たちは好きになれない・・・。
ところで、きょうの取り組みの時、アナウンサーが「琴欧洲は顔が真っ赤です!」って叫んだんですけど、あれ、カロヤンがまさに白人なんだということを思い出させる言葉でした。
Commented by hippo_yume at 2009-05-23 11:23
初めまして、飛んで飛んでこちらにたどり着きました。
飛んできて、”ドイツと日本の話”のブログ名にドッキリです(^^)。
ドイツ好きです。ドイツ観光局のバーチャル体験で飢えをしのいでいます。(^^)
相撲はちょっと期間が空きましたが、今、
北太樹関、白鵬関の勝ち星を見守っているとこです。
以前の記事を見せてくださいね、訪れたことのあるとこがあるかもーと、
わくわくしてます。ではまた。
Commented by mamapanda_mimi at 2009-05-23 15:54
現在は相撲の話に偏っているのでドイツに興味があってこのブログを見てくださっている方たちにはウンザリされてるかも(笑)。
でも、これはあくまで私のブログなので、こういう私の「人と成り」を受け入れていただくしかありません。

聞くところによると近年ドイツ語学習者の数も少なくなっているそうですが、その中でドイツファンという方がいらっしゃるとは嬉しいことです。
観光局のドイツ紹介記事には仕事で一部ですが関わっています。

私もこのブログでドイツのいい点悪い点など少しでも日本の方々に伝えられたらと思っています。
なぜならその作業は私にとって同時に日本と向き合うことでもあるからです。