カテゴリ:グルメ( 84 )

この間の週末にドイツに帰ってきました。

日本滞在中に逐次ブログ更新をする予定でしたが、
諸事情で余裕がありませんでした040.gif

で、こちらに帰ってきて2日後にリコーダーの友人の
軽食パーティに招待された時の写真です:
d0116376_15121135.jpg

豪華でしょう005.gif

中心にあるプレートは、近くに鱒の養魚場があって、
そこでパーティ用盛り付けをしてくれたのだそうです:
d0116376_150235.jpg

日本から帰ってきたばかりとはいえ、
今回はお魚を十分楽しむ余裕もなかったので、
満喫してしまいました037.gif

ま、日本でもこちらに帰ってくる前日には、
恒例の旧ご近所によるパーティが開催され
そこでもご馳走だらけでしたが・・・
d0116376_1562664.jpg

d0116376_15132764.jpg

いつものことながら、こちらもかなり豪華でした049.gif
[PR]
グルテンアレルギーの人が身近にいるので、
グルテンフリーのザッハートルテを作ってみました067.gif
d0116376_465382.jpg

これがなんとグルテン云々にかかわらず、
大変美味しかったんですねぇ049.gif

どうやってグルテンフリーにしたかというと、
いつものレシピにある「小麦粉」の代わりに
グルテンフリーの小麦粉とコーンスターチと
半分ずつの量にしてみたわけです。

グルテンフリーの小麦粉はこちらではスーパー、または
自然食品専門店で売っています。

しかし、これだけですと、ボロボロといった感じのものになるので、
コーンスターチを入れてみたわけです。

そうしたら、しっとり感が出て、ソフト。
これまでの普通の薄力粉だけよりずっと美味しくなりました!

コーンスターチって片栗粉と同じで味をまろやかにする
効果があるらしい。

もっと早くに試してみればよかった。

それに他の料理にもこの効果を活用すればよかった、
と思った次第です045.gif
[PR]
d0116376_2325490.jpg

リンゴが溢れている関係で、
再びリンゴを使ったケーキを作ってみました:

今回はアップルマフィン067.gif

中にリンゴが入っているのでしっとり感がありグー049.gif

なんか次第に現在尚進行中のダイエットとの両立が
厳しい状況になってきました037.gif
[PR]
2007年の夏まだヒョロヒョロだったマイガーデンのリンゴの木に
生ったのはたった一個の「リンゴちゃん」だけでした。056.gif

あれから7年目の今夏、私のリンゴの木はこんなに成長して、
「リンゴちゃん」だらけになりました037.gif
d0116376_1934685.jpg


で、収穫しましたぁ038.gif
d0116376_1974617.jpg


あまりたくさんなので、お隣とかにもプレゼントしたりしていますが、
まずは自分の家で楽しもうと、さっそくリンゴケーキを焼きました067.gif
d0116376_1994256.jpg


034.gifといっても食べ過ぎは禁物なので、
2つ焼いて、とりあえず適量味わい、あとは4分の1ずつに切り、
冷凍にし、徐々に楽しむことにしました:
d0116376_1910393.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今、お昼の代わりに食べましたが、
もう最高に美味しかったです049.gif

何が美味しいって、「リンゴちゃん」の味が
甘酸っぱくって素晴らしい!

ケーキとしての味付けと溶け合って
トロッとした舌触りになっています049.gif

自家製リンゴの自家製ケーキ、
ちょっと自慢したい気分006.gif
[PR]
d0116376_1263352.jpg

ちょっと前になりますが、6月20日の義母の誕生日に
焼いたチーズケーキです067.gif

夫がダイエットしているためにケーキを焼くのを日常的には
控えているのですが、お誕生日には焼かないわけにいきません。

それにこのヨーロッパ風チーズケーキはクワルクを使った
ものなので、低脂肪・高タンパク質で、カロリー的にはOKの
範囲のものです。

中にレーズンを入れました。

焼きあがった後に逆さにして網に置いて冷やすんですね。
それで表面に放射状の模様がついているわけです。

フワッとして美味しかったです049.gif

サッカーW杯の最新レポートを私なりに書いていますが、
ヒット数分析を見ると、私のサッカーレポートは
あまり読まれていない様子。

むしろ過去の別テーマの記事のヒット数が
多いので驚いています。

ま、W杯はもう日本が敗退しているので、日本の読者の関心度は
低いかもしれません。

でも、日本のサッカーのレベルを上げるためには、
ファンが関心を持ち続けることが大事。

W杯準決勝、決勝のレベルの高い試合、
じっくり追ってほしいな。

ま、きょうは試合がないので、
読者の関心に迎合してグルメ記事にしました037.gif
[PR]
お隣の庭に咲いているケシの花、
綺麗です056.gif
d0116376_194151.jpg

これもマイガーデンではなく、義母の庭に咲いていたものを
チャカリもらってきたバラですが049.gif
d0116376_1941316.jpg

香りが素晴らしい053.gif
[PR]
近所の日本人の友人夫婦が日本に帰国するので、
送別会を開きました。

急な帰国(明日)ということもあり、日程の選択肢もあまりなく、
朝食会になりました。

で、その朝食会のメニュー「朝食グランデ」、
つまり大型朝食セット(1セット2,3人分)が下記の写真:
d0116376_20521831.jpg

まずフルーツカクテル、
それからオレンジジュース、
それからハム、生ハム、エメンタールチーズ、スモークサーモン、ジャム、
バター、クリームチーズ、フルーツ、トマト・キュウリ、サラダ
d0116376_20513394.jpg

パンは小型の焼き立てブレートヒェンが7個。
デザートはヨーグルト(バニラまたはラズペリー)。

ティーまたはコーヒーは別途注文ですが、
これだけでもかなり豪勢な内容です。

このところ変わりやすいお天気の南ドイツ、
昨日も夜から雨模様でしたが、
この日の午前、私たち5人が朝食を取っている間は
最高のお天気でした058.gif

この送別会、お天気といい、朝食といい、顔ぶれといい037.gif
彼らに最高の手向けになったかも056.gif
[PR]
d0116376_433145.jpg
d0116376_4332894.jpg

前回投稿は旬の味ベアラオホの話でしたが、
旬の味と言えば、この季節、ルバーブもありました049.gif

と思ってスーパーでルバーブを買ってきた日、
夫の友人が自分の庭のルバーブを手土産に持ってきてくれました。

ということで、ルバーブの舟が着いちゃいました037.gif

ダイエット中ということでなるべくケーキを焼かないでいる私ですが、
ルバーブが溢れてしまったので、067.gif 
作ることにしました。

昨日と今日、二日続けて焼き、ルバーブようやく使い切りました。

あの甘酸っぱい味、
どことなく幸せを呼ぶ味、
という気がしました045.gif

美味しかったです058.gif
[PR]
d0116376_4203012.jpg

d0116376_4211361.jpg

灯台下暮らしとはこういうことを言うんですね。

私の大好きな薬草ベアラオホ(行者ニンニク)、
マイガーデンにあったのでした049.gif

ベアラオホについてはこのブログでも紹介したことがありました。
4年前の投稿記事です。

数年前からこの葉っぱが庭にあったことに気がついていたのに、
ベアラオホかも、と思ったのは今年が初めてでした。

4月の半ば頃にすでにひょっとしてそうじゃないかな、と思ったのに、
夫が「こういうのは毒草と間違えることがある」
とか言うので、花が咲いて検証してから食することにしました。

で、花はウィキペディアで見た通り、
そしてすでにお料理に使いましたが、
安泰でした058.gif
[PR]
昨日はフィンガーフードの料理教室に参加しました:
d0116376_20144455.jpg

d0116376_20224361.jpg

d0116376_2023955.jpg

ドンドンドン!と一つ一つ量の多いドイツ料理より、
好きなんですよね、こういうチョコチョコとした料理。

やはり懐石料理のイメージで好きなのかもしれません。

きょうのフィンガーフードを指導したインストラクターの
グルメシェフ(ドイツ人)自身はフィンガーフードより
コースメニューの方が好きと言っていましたが・・・。

コースメニューももちろん素晴らしいですが、
量的に食べきれないという問題があるんですよね。

この「量」がドイツではしばしば「恐怖」になります。

それに比べ、フィンガーフードは一つ一つが少量、
しかも一つ一つに手間がかかっているので極めて
上等な料理と言えます。

たとえばこれ:
d0116376_2017933.jpg

下にあるのは春雨。
これは鶏肉スープと醤油とゴマ油のソースで味付け。
上に載っているのは鶏肉の足。
これは骨を取ったりして下ごしらえ。
それに鶏肉の詰め物(シェフが前もって作ってありました)
を詰めてサランラップとアルミホイルでしっかりと包みます。
それを鶏肉スープで茹でます。
それを開けて2日前から作ってあるソースに漬けます。
それを春雨の上に載せ、その上にホウズキを半分にしたものを
載せて出来上がり。

この中で前もって準備してあったものが
鶏肉の詰め物、鶏肉のスープ、そしてソース。

さらに、鶏肉の骨をナイフで撮ったりする下ごしらえだけで
二人で30分は経過しました。

小さな一品を作るだけでこれだけの時間と手間がかかるとなると
ここでは二人でこなしましたが、自分一人でもう一回作る気には
なりませんね。

全部でデザートを含めて12品ありました。
それを12人で3時間半かけて作りました。

それをみんなで試食し、それに合う美味しいワインを飲みながら、
成果を楽しみました。

そうそう、これは何か分かりますか?
d0116376_2018137.jpg

どう見ても甘いお団子ですよね?

034.gif実は中身はレバーペーストでした037.gif
[PR]