カテゴリ:文化( 93 )

アドベントには各所でクリスマスパーティが開かれます。

クリスマスパーティは日本で言えば忘年会のようなもの。
だから大人たちにとっても大事な行事です。

金曜日の夜には(我が夫が会長を務める)
地域のアマチュア無線クラブのクリスマスパーティがありました。

食事もまあまあでしたが、デザートが「モミの実」という名の
なかなかクリスマスらしいものでよかったです:
d0116376_5271232.jpg

モミの木の形をしたアイスクリームのチョコレート包み。
上からエッグノックとアーモンドがかかっていました。

また、食後のカフェに合わせて、かなりのボリュームのケーキも登場005.gif
d0116376_5353147.jpg

実はこのシュヴァルツヴェルダーキルシュトルテですが、
この日、ちょうど私たちの結婚記念日だったので、
そのウェディングケーキだったのです067.gif

銀婚式でも金婚式でもないので特に公にお祝いする理由は
なかったのですが、ちょっとしたギャグ037.gif

こういったパーティにはプログラムが必要なので、
その一つとしてケーキカットを行い、皆さんに
私たちがケーキをご馳走したというわけ049.gif

その他プログラムは、リコーダー演奏、クリスマスソング合唱、
ビンゴゲーム、クイズ、くじ引き、そうそう夏に行った行事のビデオも
みんなで観ました:
d0116376_5541638.jpg

笑い声が絶えない楽しい会でした041.gif
[PR]
d0116376_1391920.jpg

12月になりました。

明日はアドベントの第一日曜日です。
教会でリコーダーを演奏することになっています060.gif

この週末からドイツでは各地のクリスマス市が始まりました。

世界的にも有名なニュルンベルクのクリストキンデルスマルクト、
昨年は仕事がらみで行く機会がありましたが、
きょうは別の用でその最寄駅ニュルンベルク駅で
電車を乗り換えました。

ニュルンベルク駅は普段から週末は電車の乗り換えや
サッカーファンなどでいつも混雑していますが、
きょうはやはり格別にすごい人出でした005.gif

ドイツでは11月が冴えない天気のことが多いので、
暗い気持ちになりがち。

だから人々はアドベントが始まるのを
心待ちにしているのですね。

折から、南ドイツでは一昨日かなり雪が降り、
寒~くなりました。
なので、クリスマスの雰囲気盛り上がってきました049.gif

そういえば昨日asahi.comで読みましたが、
東京ドームでオクトーバーフェストが開催されたとか・・・

オクトーバーフェストの本場ドイツでは
上記のようにすでにクリスマスモードなので、
ちょっと違和感を感じました。

が、きっと東京の気候ではまだホットワインより
ビール068.gifが美味しく感じられるのかな?
なんて思いました。

とにもかくにも、あの東京ドームがいっぱいに
なっているのを見て、多くの人が「ドイツ」に
反応しているんだなあ、と驚きました。

多くの日本人にとって、ドイツと言えば
「ビールとソーセージ」だからかもしれません。

確かに「ビールとソーセージ」美味しいですよォ。

でも、ドイツに住んでいると、私など、あの手の
お祭りは騒がしすぎてちょっと苦手008.gif

私はもっぱらクリスマス市が好きで、
今年もウルムのクリスマス市など、
行ってみたいと思っています001.gif
[PR]
昨夜なんと005.gif上原ひろみのコンサートに行ってきました。

なんと005.gifというのは、これは日本の話ではなく、
私の住んでいる南ドイツの小さな町の隣町(中小都市)
で彼女のコンサートがあったからです。

隣町アーレンでは23年前から毎年秋にジャズフェスティバルを
開催しており、これまでもかなり有名なジャズミュージシャンを
呼んでいます。

今年はそのプログラムの中にHiromiの名前がありました。
で、さっそく行ってきたというわけです。

EバスAnthony JacksonとドラムSimon Phillipsとのトリオで出演。
演奏も天才的でしたが、そのバイタリティにも驚かされました。

ハーモニーの美しさもなかなかのものでした。

一緒に行った夫はHiromiの他にEバス奏者にも感動していました。
コンサートの後、家に帰ってからYOU TUBUで
さらにいろいろ見ていました。

ドラムも演奏は素晴らしかったですが、
他の2つの楽器に比べて音が大きすぎ。
ドラムが大きすぎて美しいハーモニーが
よく聴き取れないところがあり、それが残念。

まあ、これはミュージシャンのせいというより、
ミキシングが最適でなかったせい?

それにしてもHiromiは素晴らしかったですね。
特にソロ演奏が1曲あったのですが、
彼女の「腕」をふんだんに聴かせてもらいました049.gif

聴衆(300名くらい?)の中におそらく日本人は私だけでした。

演奏に感動する聴衆の雰囲気もあってか、
Hiromiが日本のアーティストではなく、
世界のアーティストであることを
感じさせられたコンサートでもありました045.gif
[PR]
サッカー欧州杯が終わって落ち着いた毎日が戻ってきました。

というところで、さかのぼりますが・・・

きょうは、先日白鳥城の後に訪れた巡礼教会、
ヴィース教会の写真をアップします:
d0116376_22563291.jpg

ユネスコの世界遺産に登録されている
ロココ様式の美しい教会です。
d0116376_22581145.jpg

「鞭打たれる姿のキリスト像」

18世紀はじめ、近郊の修道院に放置されていたこの像が
涙を流したという奇跡の伝説があるそうです。
[PR]
d0116376_8181786.jpg

前にも紹介したことがあったと思うのですが、もう一度・・・

世界一高い教会です。

161メートルあります。

この高さはスカイツリーには到底及びませんが・・・

ゴシック様式の重厚な教会です。

先日コンサートに行く前に大聖堂の前を通ったので、
新しいカメラに収めたところ、バッチリいい写真が撮れたので、
アップしてみました049.gif

尖塔です:
d0116376_8173519.jpg

中の階段を上って、ほとんどてっぺんまで上れます005.gif

圧巻の教会建築049.gif
[PR]
d0116376_5484836.jpg

埼玉県川口市の「第九を歌う会」の方たちがドイツへ来て、
世界一高い教会で有名なウルム市でドイツのオーケストラと
合唱団と共にベートーベンの第九を歌うコンサートに行ってきました。

会場は(ミュンスターではなく)パウルス教会。
1910年に建てられたなかなか音響のいい教会でした。

このコンサート、 昨年日独交流150周年を記念して、
川口市がドイツからアマチュアオーケストラを当地に招いたのが
きっかけで実現したものです。

今度は川口市の市民合唱団がドイツへ来て
第九を歌おうということになったのだそうです。

日本では第九は人気があり、さまざまなところで
第九を歌おう運動が広がっていますが、
ドイツではあまり演奏されないのだそうです。

合唱団やソリストや大規模構成のオーケストラなど、
かなりの大掛かりが必要な曲だからかもしれません。

思っていたよりレベルが高く、久しぶりに聞いた第九、
十分楽しめました049.gif

あらためて素晴らしい作品だなあ、と思いました。

日本の合唱団の方たちは歌いながら、どちらかというと
無表情。それに比べ、ドイツ側は、身体の動きが激しかったのが
印象的でした。

やっぱり感情移入の点で、無表情はよくないかも・・・
と、思いました。

歓びの歌、ですからね060.gif
[PR]
d0116376_5293443.jpg

私の住んでいる町の「マイバウム」が見えます。

南ドイツやオーストリアで、5月になると町の中心の広場
などに立てられる「5月の木」です。

ここでも4月30日の夜から5月1日にかけて、
この木の周りで春の到来を祝うお祭りがありました060.gif

この写真は午後7時40分くらいに撮ったものです。

ずいぶん日が長くなりました058.gif
[PR]
d0116376_6402356.jpg

珍しいイベントに行ってきました。

ドイツでは映画は映画館でも普通ドイツ語の吹き替えで上映されます。

オリジナル音声の方がもちろん本当という感じはしますが、
吹き替えを行う声優はかなりの演技力が必要とされ、
その果たす役割は重要です。

で、そのイベントではダニエル・クレイク演じるボンドの吹き替えを
するドイツの声優がベルリンから私の住んでいる小さな田舎町へ
やってきて、007シリーズに関するいろいろなエピソードを
語ってくれたのです。

彼の名前はディートマール・ヴンダー。

また、現代版ジェームス・ボンドを描いたアメリカの
人気ミステリー作家ジェフェリー・ディーヴァーの新作
「007 白紙委任状」の朗読も行い、紹介してくれました。

この作品(日本語版が出ています)については次のリンク
で紹介されていますので、参照してください:
http://hon.bunshun.jp/articles/-/401

最初の一時間はヴンダーさんの語り、その後の休憩時間に
彼のサイン会、その後に「カジノ・ロワイヤル」の映写会。

実際のヴンダーさんの声はやさしい声なのですが、
映画の中の声はもう完全にボンドの声でした049.gif

このイベント、映画に出てくるカクテルドリンク(写真のものでは
ありません)を注文することができたり、すべてボンド映画に
ふさわしい雰囲気でアレンジされていました069.gif

こんな田舎の小さい町で思いがけず味わうことができた
なんとも洒落た夕べでした043.gif
[PR]
d0116376_2032783.jpg

カラフルな卵で飾られた町の噴水038.gif

イースターの連休でした056.gif

クリスマスに続く国民的な休日で、
多くの家庭で家族の集まりが行われたと思います。

思います、というのは、我が家では、私たちがイースターのまっただ中に
ドイツに帰ってきたため、家族のreunionは不催行だったからです。

連休は生憎冬を思わせる寒さでしたが、
今日はまた最低気温が6度で最高気温が29度とか・・・

この幅には驚くばかりですが、とにかくようやく暖かくなりそうです。

学校の休みはたいていの州であと1週間あります。
休暇気分のドイツからでした001.gif
[PR]
シュタイフ博物館に行ってきました035.gif
d0116376_3262215.jpg

実はシュタイフ、うちから車で30分のところにあるんです001.gif

私の住んでいる田舎周辺では数少ない
「日本人にも知られている」観光名所の一つ。

5,6年前に体験型の博物館として新築新装し、
とってもよくなりました049.gif

私はもう数回行ったことがあり、大人の目では
前からなかなかいい処だと評価していましたが、
今回は一緒に行った幼児(1歳)がすっかり興奮していた様子を見て、
改めてなかなかいい処であることを確信した次第です037.gif
d0116376_3263995.jpg
d0116376_3265490.jpg
d0116376_327746.jpg

テディベアなんて、って馬鹿にする人もいるかもしれないけれど、
034.gifまあそう言わずに、一度は行ってみるべき処だと思いますよ035.gif
[PR]