カテゴリ:文化( 88 )

d0116376_5484836.jpg

埼玉県川口市の「第九を歌う会」の方たちがドイツへ来て、
世界一高い教会で有名なウルム市でドイツのオーケストラと
合唱団と共にベートーベンの第九を歌うコンサートに行ってきました。

会場は(ミュンスターではなく)パウルス教会。
1910年に建てられたなかなか音響のいい教会でした。

このコンサート、 昨年日独交流150周年を記念して、
川口市がドイツからアマチュアオーケストラを当地に招いたのが
きっかけで実現したものです。

今度は川口市の市民合唱団がドイツへ来て
第九を歌おうということになったのだそうです。

日本では第九は人気があり、さまざまなところで
第九を歌おう運動が広がっていますが、
ドイツではあまり演奏されないのだそうです。

合唱団やソリストや大規模構成のオーケストラなど、
かなりの大掛かりが必要な曲だからかもしれません。

思っていたよりレベルが高く、久しぶりに聞いた第九、
十分楽しめました049.gif

あらためて素晴らしい作品だなあ、と思いました。

日本の合唱団の方たちは歌いながら、どちらかというと
無表情。それに比べ、ドイツ側は、身体の動きが激しかったのが
印象的でした。

やっぱり感情移入の点で、無表情はよくないかも・・・
と、思いました。

歓びの歌、ですからね060.gif
[PR]
d0116376_5293443.jpg

私の住んでいる町の「マイバウム」が見えます。

南ドイツやオーストリアで、5月になると町の中心の広場
などに立てられる「5月の木」です。

ここでも4月30日の夜から5月1日にかけて、
この木の周りで春の到来を祝うお祭りがありました060.gif

この写真は午後7時40分くらいに撮ったものです。

ずいぶん日が長くなりました058.gif
[PR]
d0116376_6402356.jpg

珍しいイベントに行ってきました。

ドイツでは映画は映画館でも普通ドイツ語の吹き替えで上映されます。

オリジナル音声の方がもちろん本当という感じはしますが、
吹き替えを行う声優はかなりの演技力が必要とされ、
その果たす役割は重要です。

で、そのイベントではダニエル・クレイク演じるボンドの吹き替えを
するドイツの声優がベルリンから私の住んでいる小さな田舎町へ
やってきて、007シリーズに関するいろいろなエピソードを
語ってくれたのです。

彼の名前はディートマール・ヴンダー。

また、現代版ジェームス・ボンドを描いたアメリカの
人気ミステリー作家ジェフェリー・ディーヴァーの新作
「007 白紙委任状」の朗読も行い、紹介してくれました。

この作品(日本語版が出ています)については次のリンク
で紹介されていますので、参照してください:
http://hon.bunshun.jp/articles/-/401

最初の一時間はヴンダーさんの語り、その後の休憩時間に
彼のサイン会、その後に「カジノ・ロワイヤル」の映写会。

実際のヴンダーさんの声はやさしい声なのですが、
映画の中の声はもう完全にボンドの声でした049.gif

このイベント、映画に出てくるカクテルドリンク(写真のものでは
ありません)を注文することができたり、すべてボンド映画に
ふさわしい雰囲気でアレンジされていました069.gif

こんな田舎の小さい町で思いがけず味わうことができた
なんとも洒落た夕べでした043.gif
[PR]
d0116376_2032783.jpg

カラフルな卵で飾られた町の噴水038.gif

イースターの連休でした056.gif

クリスマスに続く国民的な休日で、
多くの家庭で家族の集まりが行われたと思います。

思います、というのは、我が家では、私たちがイースターのまっただ中に
ドイツに帰ってきたため、家族のreunionは不催行だったからです。

連休は生憎冬を思わせる寒さでしたが、
今日はまた最低気温が6度で最高気温が29度とか・・・

この幅には驚くばかりですが、とにかくようやく暖かくなりそうです。

学校の休みはたいていの州であと1週間あります。
休暇気分のドイツからでした001.gif
[PR]
シュタイフ博物館に行ってきました035.gif
d0116376_3262215.jpg

実はシュタイフ、うちから車で30分のところにあるんです001.gif

私の住んでいる田舎周辺では数少ない
「日本人にも知られている」観光名所の一つ。

5,6年前に体験型の博物館として新築新装し、
とってもよくなりました049.gif

私はもう数回行ったことがあり、大人の目では
前からなかなかいい処だと評価していましたが、
今回は一緒に行った幼児(1歳)がすっかり興奮していた様子を見て、
改めてなかなかいい処であることを確信した次第です037.gif
d0116376_3263995.jpg
d0116376_3265490.jpg
d0116376_327746.jpg

テディベアなんて、って馬鹿にする人もいるかもしれないけれど、
034.gifまあそう言わずに、一度は行ってみるべき処だと思いますよ035.gif
[PR]
d0116376_5582444.jpg

クリスマスの祭日(24日、25日、26日)は
日本で言えば、お正月の三が日のようなもの。
上の写真はその三が日が過ぎた翌日のきょう、
夜7時過ぎに撮った隣町の町中です。

気温もそれほど低くなくお天気もよかったのですが、
やはり人出はあまりありませんでした。
まるで町がクリスマスを名残り惜しんでいるみたい・・・

クリスマスには我が家も家族のreunionを
楽しみました072.gif

クリスマスは私たちにとって毎年家族の大切さを
実感する時でもあります。

今年は東関東大震災で家族を失った方たちのことを
思わないではいられませんでした。

それで、我が家では、
家族同士でプレゼントをする代わりに、
地震で被害を受けた岩手の養護施設に
ささやかな寄付をすることにしました。

日本人の心の傷みを分かち合いたいという気持ちと、
クリスマスの意義、つまり人と分かち合う心が、
今、しっかり重なったような気がしています。

いいクリスマスでした072.gif
[PR]
きょうはアドベントの第4日曜日。
今年は24日が土曜日なので、アドベントが最長です。

で、クリスマスの雰囲気を長く楽しめるので嬉しい限り072.gif

木曜日、世界的に有名なニュルンベルクのクリストキンデルスマルクト
(クリスマスマーケット)に行ってきました049.gif
d0116376_05914.jpg

d0116376_059428.jpg
d0116376_10629.jpg

d0116376_103718.jpg

生憎、突風が吹き、時折雨も降る嵐のような悪天候、
それでも大勢の人で賑わっていましたよ。

まず、私は、ニュルンベルガーソーセージにかじり付きました。
美味しかったぁ049.gif

そして、ホットワインを味わい・・・気分は最高049.gif

あとはエルツ山地の手工芸品や藁で出来た星の飾り、
そしてハチミツ入り蝋燭など・・・
たくさんのクリスマスグッズに目を奪われました。

そうそう、ニュルンベルク名物の一つ
レープクーヘン(スパイシークッキー)も忘れず購入。

レープクーヘンは日本人には慣れない味なので、
あまり人気がないようですが、私は最近好きになってきました。

次第にドイツ化している証拠か?013.gif

今年は、ウルム、ワイマール、イエナ、ニュルンベルク等・・・
かなりさまざまなクリスマス市を訪れる機会に恵まれ、幸せでした、

オッとまだ終わりじゃありませんでした。

今週まだその他のクリスマス市を訪ねる機会があるかもしれない006.gif

ようやく雪も降り出したドイツ、
はたしてホワイトクリスマスになるでしょうか072.gif
[PR]
d0116376_626629.jpg

霧に包まれたクリスマスツリー072.gif

曇り空の寒い一日でした。

午前中、教会でリコーダーアンサンブルの演奏をしました060.gif

(私はキリスト教信者ではありませんが)
このアドベントの時期に教会で演奏するのは
何となく気が引き締まっていいものです。

演奏もいろいろな人に綺麗に響いたらしく、
教会の出口で複数の人に「とてもよかった」と
声をかけられました049.gif

実はこのところ、リコーダー演奏三昧でした。

いろいろなところでクリスマス会が開かれて、
引っ張りだこだったのです。

クリスマス会といっても子供の会ではなく、
日本で言えば忘年会のようなもの、
至るところで大人が会を開くわけです。

しかし、とりあえず一段落042.gif

今週は再び4日間ドイツ国内出張です。

クッキーも第二弾を焼いたし・・・

アドベントでも、たまには仕事をしないと・・・
リコーダーはあくまでボランティアなので001.gif
[PR]
クリスマスのクッキーを焼きました072.gif

毎年焼いている種類のクッキーです:
d0116376_543680.jpg

d0116376_5432818.jpg

d0116376_543546.jpg

自分で言うのも変ですが037.gif
美味しいです049.gif
[PR]
2日前から日本です。

きょうは有栖川公園であったドイツフェスティバルに行ってきました。

地下鉄日比谷線広尾駅を降りると、もうものすごい人の波005.gif
それが有栖川公園の入り口までずっと続いていました。

こんなにたくさんの人がドイツフェスティバルに来るなんて・・・
ドイツって日本人にそんなに人気あったっけ?

040.gifそんなことを言ってはいけませんよね。)

ところで、公園の向かいにあるナショナル麻布スーパーマーケット、
10月末で一旦閉店休業、とありました。ちょっとビックリです。

実は私は広尾に80年から88年まで住んでいた関係で、
このスーパーにはよく来ていました。懐かしいです。
でももう開業して約50年も経つんだそうです。
一旦閉店休業後はどうなるのかなあ・・・ちょっと寂しい気が・・・。

それはともかく、公園内に入ると、ソーセージ等食べ物のブースには
延々と行列ができていました。

ということで、飲み食いはあっさり諦めて、舞台の前へ。

舞台の上ではちょうどドイツ人(新郎)と日本人(新婦)の
本物の結婚式が進行していました:
d0116376_153641.jpg

さまざまなドイツのスポンサーから素敵なプレゼントをもらっていましたよ。
どうぞ末永くお幸せに!

その後4時すぎにドイツの大統領と皇太子殿下がおいでになり、
式典が開始、それぞれ、日独の絆を互いに誓い合う内容の
ご挨拶がありました。
d0116376_041599.jpg

式典後、ドイツ大統領と皇太子殿下は菩提樹の木を植樹。
これは6月に皇太子殿下がドイツを訪ねられた時に
日本の桜の木の植樹が行われたことに応えたものだそうです。

d0116376_0521546.jpg

駐日ドイツ大使とドイツ大統領

そうそう、ドイツ大統領の訪日一行にはドイツ女子サッカーリーグで
活躍するなでしこの安藤選手も同行していました:
d0116376_0534099.jpg

このドイツフェスティバルのテーマは「絆」ということでした。
本当に多くの日本人が訪れているのを見て、
私は驚くと同時に、やはり嬉しい気持ちがしました。
ドイツと日本を結ぶものってたくさんあるんだ、と
気がつかされたような気がします。

そういう意味で、このフェスティバル、成功だったのではないかな049.gif
[PR]