恩師から送られてきた「九条ぶどうの会会報No.21」に載っていた川西薫氏による「国家の理想-矢内原忠雄の東京帝国大学辞職事件」を読みました。

1937年東京帝国大学経済学部教授だった矢内原忠雄は、

「今日は、虚偽の世に於いて、我々のかくも愛したる日本の国の理想、或は理想を失ったる日本の国の葬りの席であります。私は怒ることも怒れません。泣くことも泣けません。どうぞ皆さん、もし私の申したことがお解りになったならば、日本の理想を生かす為にこの国を葬ってください。」

という当時の政策を厳しく批判する文章を書いて辞職に追い込まれたのだそうです。

戦後の反戦平和の思想は、矢内原のような良心的日本人の精神の土壌から生まれた、とありました。

ジャーナリストだった亡くなった父のことを思い出しました。

私の父も反戦主義の思想を持ち、戦時中に憲兵に捕まったことがあります。

ああいう時代に時代の流れに逆らう意見を堂々と述べるというのは本当に勇気の要ることだったと思います。

その父ですが、この矢内原忠雄をとても尊敬していました。

これに関してはちょっとしたエピソードがあります。

伝え聞いた話なので、多少不正確な部分もあるかと思いますが・・・

この矢内原忠雄は戦後51年から57年にかけて東大総長を歴任しました。
その頃のことです。

我が家の近所に、ある大学生が住んでいて、父のところにお金を借りにきました。

その時、その学生は、自分が東大の学生だと言ったのですが、父が「それじゃあ総長の名前を言ってみろ」と問いただすと、学生は「やうちばら」と答えたのだそうです。

それで、父は「やうちばら」ではない、「やないはら」だ、と言ってその学生が偽東大生だったことを見破ったという話です。

父にしてみれば、自分が尊敬する人の名前を間違ったその詐欺学生を、とんでもない奴だ、と思ったらしいですが、それでもお金が戻ってくることを期待せずに、多少なりとも恵んでやったそうです。

父はその学生の嘘を見破ったことを自慢に思っていたようで、後になっても私たち子供たちに時々その「武勇談」を語っていました。

ですから、私たちにとっては父のことと結びついた懐かしいエピソードです。

それに、矢内原忠雄を尊敬していた父、精神性の高い人だったとしみじみ思います。
[PR]
白鵬に上手投げで負けました。

白鵬、全勝優勝ということで素晴らしい。
おめでとうございます。

さて、琴欧洲ですが、私がストリーミングで(一度)見た限りでは、気合は入っていたと思いますし、頑張ったと思います。

千秋楽結びの一番にふさわしい力相撲だったと言えます。

今場所の白鵬の強さにはやはりかないませんでしたが、今場所精神的にボロボロになっていた(と思われる)カロヤンです、その割には白鵬を苦しめたと思いますよ。

ただ、結果的に白星が二桁にならなかったことが悔やまれます。
やはり、昨日の魁皇戦、絶対に落としてはならない星でしたねぇ。

その代わり、keepon_annさんがおっしゃることが正しければ、カロヤンは昨日の一戦で多くのことを魁皇から学んだかもしれない・・・。

繰り返し言ってきたことですが、カロヤンには他の日本人・モンゴル人力士と違って、相撲に慣れ親しんだ「土壌」というものがない。

それはどういうことかというと、

たとえば私たちが特に学ぶ努力をしなくても知っていることとか、分かっていることとかを、カロヤンは「勉強」しなくては分からない、そういうことがたくさんある、ということです。

だから安定した自分の相撲を確立するにはもっともっと積み重ねの時間が必要なんです!

「綱取り」騒動は周りが起こしたことで、本人は、最初はほとんど考えていなかったことだという気がします。

向上を目指すのは当然ですが、「横綱」という具体的な目標は自ら浮かんできたことではなかったでしょう。

強くなったことは確かです。

でも、強くなったために周りからの重圧も大きくなり、対戦相手に標的にされるようにもなった。
これが新たな課題となってのしかかったのが今場所でした。

「綱取り」より先に、まずこの課題をクリアしなければ、ね!

過去の名横綱はどのように重圧に耐えたかを研鑽するとか、
対戦相手になりそうな力士たちを科学的に研究するとか、
そして彼らの最新情報もマメに収集・・・(例:今場所の安馬の膝の怪我のことなど)

これから周りが少し静かになれば、再び落ち着きも取り戻せると思うし、じっくり時間をかけて自分の相撲を確立していってほしいですね。

まずは、カロヤン、お疲れ様でした。
むし暑いところ大変でしたね。

来場所は私は国技館で観戦を予定しています。
席は多分西なので、カロヤンは多分西側になりそうなので、よかったかも001.gif

追記ですけど:

琴奨菊、気持ちを切らさずに頑張る!って言っていたのに、立合いで突進して豊真将の変化にはまってしまいましたね。 
昨日負け越したのに気合を入れてエライなあ、と思っていたので、残念に思いました。

その時、(聞いた話ですが)、北の富士が「思いっきり突っ込むだけでもねぇ」みたいなことを言ったとか・・・。

そういう「言い方」を聞くと、起きた現象に合わせて「ああだこうだ」と言いたい放題というのはどうなのかな? と思います。
言うことがコロコロ変わるみたい、という印象を受けます。
あまり意味ある解説に思えませんけど・・・。

と、またまた北の富士に批判的になってきた私です・・・
[PR]
魁皇に小手投げで負けてしまいました。

ガックリ050.gif

琴欧洲は右上手が取れませんでしたね。
一度は残したものの、2度目は大きな身体が所狭しと土俵を割ってしまいました。

魁皇に負けるとは・・・
いえ、魁皇を見下しているわけではありません。

ただ、腰など身体にいろいろな故障を抱えながら、ほとんど気力だけで相撲を続けている長老大関に、若くてあれほど強い琴欧洲が負けていいものでしょうか?

相手の得意な形を許してしまったのが敗因。
得意な形になれば怪力の魁皇ですから、やはりかないませんよね。

甘さ、ですかね、やはり。

まだ おわりじゃないよー! あした は はくほう に ぜったい かって!
カロヤン なら できる!

というファンメールをブログに送っておきました。
祈りだけでも通じるといいんですが・・・。

ホント、カロヤンには一喜一憂させられます。フーッ!
[PR]
今、出先から帰ってきて、寄り切りで千代大海に勝ったことを知りました。

さっそく愛読しているkeepon_annさんのレポートを読みました。
http://blog.goo.ne.jp/keepon_ann/e/015729b7974dc77af3e5022e6ebd8e9f

それによると「自分の相撲ではなかった」そうです。

フーム、ちょっと「気が緩んでいるかも」っていう感じはしますね。
きょうはまあ、相手も「気が緩んでいるかも」っていう千代大海だったからいいけど・・・。

琴欧洲、昨日安馬に負けた後、「サバサバしていた」そうで、あと「(自分は新聞読めないから)安馬が膝を怪我していることを知らなかった」って。

この感想ちょっとびっくりしました。

ファンである私たちの方が対戦相手を研究しているっていう状態ではいいわけないですよね。

安馬の膝の怪我をしらなかったんだったら、朝赤龍が変化してくることも全く想像しなかった?

まあ、新聞が読めないのはいいこともありますけどね。
中傷記事も目に入らないわけだし。

しかし、みんなの標的になる覚悟が足りないような気もします。


さて、白鵬が優勝ということで、おめでとうございます。

今場所本当に安定していて強かったですし、場所前も先場所と違って精進していたという話なので、流石ですね。

でも私もkeepon_annさんと同じ。
ちょっとインパクトに欠ける感じがします。

「スター性」というか「花」という意味では、カロヤンに優勝してもらいたかったですね、やはり。
ファンですからそれを望むのは当たり前ですが。

あと2日、カロヤンには気を引き締めて、来場所も楽しみ、と思えるような相撲を見せてもらいたいものです。
[PR]
あ~、安馬にとったりで負けてしまいました。

もう一度見ないと私には何が起こったのかよく分からない状況です。

でも、きょうの負けは私にとって今場所一番がっかりした負けだったような気がします。

先場所はこの安馬戦で優勝を決めたんでしたよね。

あの時の攻めの気合が全く感じられなかった。

明らかに安馬が主導権を握っていた。

こういう「取りこぼし」があっては安定感を疑われても仕方がない。

カロヤンに対する周りのネガティブな意見を認めなくちゃならない、そういう意味で、ガッカリ。

勝ち越し決めて安心するんじゃ千代大海と同じ、サラリーマン大関に成り下がっちゃうでしょ。

昨日は、わたし的には、気持ちが前向きで、「この調子、この調子、もっと強い相撲を見せて!」ってノッてたんですが・・・。

序盤戦は勝ちにこだわって硬くなった、という本人の言葉ですが、この白星を勝ち取ってやる、っていう貪欲さは必要ですよね。

さて、カロヤン、名誉挽回に努めてください。

あと3日、勝ちっぱなしで行くぞ!と思うくらい「攻めの気持ち」を持ってガンバレ!


追記ですが、明日は都合により私はリアルタイムで観戦できません。

カロヤンについての更新はkeepon_annさんのレポートを読んでからになるかな?
[PR]
雅山を圧倒して押し出しで勝ちました。

きょうは私もあまり心配していませんでした。
でも、相撲は「何が起こるか分からない」ところがありますからね、こちらの応援の心入れも油断はできません。

とりあえず給金直しできてよかったです。

この後もまだまだどんどん強いところを見せてほしいですね!

稀勢の里と朝赤龍の取り組みで、朝赤龍が今場所3度目の変化をしたのには、嫌な気がしました。

しかし、キセノンはその変化にはまらなかったので、すごいすごい、と褒めたい気持ちになって応援したのですが、結果的には朝赤龍の下手投げに敗れました。

私ったらいつからこんなに稀勢の里を応援するようになったのかしらん?

さて、琴光喜が千代大海に負けてしまいました。
というか、千代大海が琴光喜に勝ちましたね。

同じことだけど、千代大海が勝っていた、と感じたので驚いたというわけです。

お相撲って分かりませんねぇ。

それで、白鵬が安馬に圧勝したので、単独も単独、1敗と2敗がなくて3敗力士が数名で全勝の白鵬を追うという珍しい形になりました。

北の湖の心中はいかに・・・
白鵬の安定した強さを絶賛すると同時に、その他の力士のふがいなさを嘆いている?

展開がつまらなくなるので、残念ですけどね。
星が割れればこういうこともあり得る。

全体を見るとやはりカロヤンの成長が待たれますねぇ。

しかし・・・

モンゴル相撲の下地があって若い時から相撲の技を磨いてきた横綱と、全く異文化に乗り込んできてあらゆる新しいことを超スピードで吸収してここまで上がってきたカロヤンとは、同じ外国人力士でも天と地の差のある全く違うテーマであることを私たちは忘れてはいけません。

面白いことに、英語の大相撲放送を聴いていると、解説者がカロヤンが勝つと喜んでいるのが分かります。
同じ西欧人として応援している気持ちが声に表れるんでしょうね。

余談ですが、以前、高見山の引退時に、故あって在日アメリカ大使館関係の引退パーティに招かれて出席したことがあります。
その時、高見山が他のアメリカ人にとても尊敬されている存在であることを感じたことがありましたっけ。

話をもとに戻します:

ファンも相撲協会もマスコミも、もう少しカロヤンに時間を与えてあげるべきだと思います。

特にマスコミですけど、ポテンシャルのある人をつぶすようなアプローチはやめるべき!
[PR]
若の里に押し出しで勝ちました。

ちょっと足がバタバタしたように思いましたが、攻めの相撲を心がけているのが分かる積極的な相撲だったと思います。

先場所勝った14番(なんと14番!)をまとめてハイライトで見ると、琴欧洲がいかに積極的な相撲を取っていたかがよく分かります。

相手に相撲を取らせない、という意気込み。
常に自分が主導権を握るぞ! という気合がありあり。

今場所これまで負けた3番は、苦手意識、勝ちへのこだわり、足の流れが原因で、立ち遅れたものばかりでした。

よく言われることではありますが、いかに立合いが大事かということでしょう。

昨日の 白鵬 対 若の里 の時につくづく思いましたが、白鵬は立合いが速いですねぇ。
改めて驚きました。

その白鵬ですが、きょうは琴奨菊に勝ち、相変わらず単独トップ。

しかし、白鵬、きょうは危なげなく、ではなかったと思います。
琴奨菊、なかなか健闘しましたよ。

はじめ琴奨菊はうまく立って得意のガブリ寄り態勢になり、白鵬を押したのですが・・・
やはり白鵬の腰を低くした地力の方が琴奨菊を圧倒し、途中投げで脅かしたりしながら、結局どんどんと押して寄り切りました。

琴光喜は安馬に勝ちました。
やはりこの人、本来、相撲が上手んだなあ。

ということで、白鵬が全勝で、1敗がなくて、琴光喜が2敗。
誰かが白鵬を負かさないと、今場所の成り行きがつまらなくなりそう。

白鵬に勝てるポテンシャルを持つ力士は誰か?

もちろん私はカロヤンを筆頭に上げたい気持ちですよ。

でも朝青龍が休場なわけだし、カロヤンは東の正大関なので、白鵬とは千秋楽に当たることになるわけなので、いずれにしても白鵬の優勝を持ち越す役には立ちません。

となると明日の対戦相手の安馬か、琴光喜、でしょうね。
頑張ってほしいです。

だんだん白鵬が朝青龍に似て見えてきました。

同じモンゴル出身だし、似ているのは不思議ではないけれど・・・
それに、あの朝青龍の「絶対的強さ」が白鵬に身についてきた証拠かもしれませんが・・・

私はね、実は、「ふてぶてしく」見えてきた、と感じているんです。
[PR]
豪栄道に押し出しで勝ちました。

(何しろ一度しか見てないので不確かですが)最初身体が西側に背を向ける形で翻ったので、ヒヤッとしました。

が、相手を良く見て、落ち着いて落ち着いて・・・突き押しを2度3度・・・その威力に豪栄道は no chance でしたね。

落ち着いて相撲が取れるようになってきたのは本当にいいと思います。

きょうは、カロヤンの取り組みの前に土俵も整備されたし、足が流れることもないだろう、と胸を撫で下ろしました。

でも、相手の変化とか、とにかくその場で何が起こるか分からない。

しかも、お相撲って一瞬のうちに勝負が決まるものだから、本能的に正しい判断をすることが求められる。

深いものがあります。

さて、きょうは安馬と琴光喜、2人とも負けて2敗となってしまいました。

安馬は連敗中の若ノ鵬に負けたのですが、若ノ鵬って連敗中でもちっとも悪びれることなく、ビックリするような豪快さで勝ちました。

琴光喜が普天王に負けたのは、なぜ?っていう感じでした。
私としてはこの相撲は琴光喜の勝利を確信していたのですけれど・・・。

でも普天王も自分のブログで「長いトンネルから抜け出せないでいる」と悩みを語っていたので、大関を破ったお手柄で調子が上がるといいですよね。

そう言えば、きょうは稀勢の里が琴奨菊に勝ちました。
普段どちらかというと佐渡ヶ嶽部屋の琴奨菊を応援している私ですが、きょうは立派な力相撲でしたし、不振のキセノンが勝ったこと、よかったね、って言ってあげたくなりました。

こうして、カロヤンだけじゃなく、みんな必死に戦っているんですよね。
努力している人にはみんな勝たせてあげたい、と思ってしまいます。
勝負ですから誰かが負けなくてはならないのですが・・・。

きょう終わった段階で、白鵬が全勝で、1敗がいないという展開になりました。
白鵬は横綱らしく相撲がうまいことは確かですね。

でも朝青龍のような絶対的強さはまだ感じられないので、まだこれから分からないと思います。

あと白鵬が「全勝優勝を”当然”めざす」とか公言している態度、あまり好きになれません。

王者たるもの強気で自分の気持ちを高揚させることが必要なのでしょうが、どうかな? それってモンゴル流かも・・・日本人的には「黙って強い」方が好きだな。

ドイツに住んでいながら、判官びいきのところとか、思いがけないところで自分の日本人的メンタリティに気づかされています。
[PR]
昨日、友人Aさんのサマー・ガーデンパーティに招かれて行ってきました。

Aさんは隣町の山の奥まった所にある住宅街に住んでいます。

庭が直接森につながっている素晴らしい自然環境:
d0116376_20432973.jpg


ゲストによる音楽演奏(アマチュア)などをはさんで和やかに行われるパーティでした。

食事も、Aさん宅で人数(50人)分の飲み物とポテトサラダは用意するので、バーベキュー用の肉やソーセージと食器類・ナイフとフォークは各自持参、それに各自何か小さいサラダを作って持ってきて、という合理的なアレンジ。

テーブル・デコレーションが素敵でした:
d0116376_20571791.jpg

d0116376_2057575.jpg


私の属しているリコーダーグループがパーティのはじめに演奏。
曲目は昨年バイエルン地方の男爵邸の庭園で演奏したヘンリー・パーセル作曲「フェアリー・クィーン」 (http://mamapandam.exblog.jp/5592603/ 参照)

この作品、語り手によって妖精の話が語られる本当に素敵な作品です。

演奏と語りが進むうちに、聴いている人たちが「妖精の話」の中に惹かれて入りこんでいくのが表情で分かります。

このところ寒いくらい(10度から17度)のドイツ。
夏らしくない気候でしたが、にわか雨という天気予報にもかかわらず、時折陽まで射し、音楽演奏と食事を野外で十分楽しめました。

やはり自然の中での味わいは格別です。

d0116376_21113061.jpg

[PR]
栃乃洋に寄り切りで勝ちました。

昨日の不運と相手の変化の後の相撲はいかに?
と見ていましたが、落ち着いていたと思います。

四つに組んでいったん動きが止まったので、ベテラン相手だったし、ちょっと心配しました。
が、朝青龍が頭をつけても動かなかった栃乃洋をグイグイと押して寄り切り~。

よかったです。

私の場合はリピートがないので詳しくはレポートできませんが、きょうのような落ち着いた相撲で勝つのは、今場所のカロヤンにとって非常に価値があると思いました。

だてに相撲を取っているのではない、ということを示すためにも。
[PR]