フランクフルト国際空港のセキュリティチェックでのこと・・・

手荷物とラップトップを籠に入れてから、例の門みたいなものをくぐりました。
すると、「ビー!」

即、怖い顔をした女性職員があのスターウォーズみたいな棒を持ってやってきて、
私のボディーチェック。

あらっ、私ったら携帯電話をズボンのポケットに入れっぱなしにしていたのでした。

ということで、その女性、無愛想に、「携帯!」って言ったのでしたが、

その一部始終をやはり怖い顔をして見ていた男性職員が、突然私の足の方を見て、
「あっ! MBS!」って大きな声で言ったんですね。

「へ~?」と私。
何かまたヘマをしてしまったのかと足元を見てキョロキョロ。

次の瞬間、私には彼が何を言おうとしたのかが分かりました。

そうです。私の履いている靴のブランド名を彼は叫んだのです。

それで、私:
「MBSじゃなくてMBTっていうんですよ、これ」と説明。

私の愛用している靴はMBTと言ってちょっと特別な健康靴なのです。

アフリカのマサイ族が地面の上を素足で歩いているのを見て
スイスの会社がその感覚を再現するために開発した靴です。

http://www.mbt-evernew.com/

初めて購入してからもう3年半くらい経ちますが、以来どこへ行くのもMBTを履いています。

セキュリティのおじさんが、私がそのMBTを履いているのを見て、
突然目を輝かしたというのも愉快なことでした。

でも、これ、ホント、おすすめです。

踵の部分が丸くなっているので、電車の中で立っていると揺ら揺らしてしまいますけど。

それも筋肉の鍛錬には有効なのかもしれません。

それに、自然に姿勢が真っ直ぐになります。

アスファルトの上を長時間歩いていてもちっとも疲れませんよ。
[PR]
お誕生日でした。

毎年のことですが、ブルーベリーケーキを焼きました:
d0116376_17175627.jpg


いつかこのブログでも紹介したラバルバ(ラバーブ)ケーキと同じレシピ。

ブルーベリーを約800g~1kgたっぷり使う贅沢なケーキです。

何故贅沢かというと・・・

自然いっぱいのドイツでも近年ブルーベリー(Heidelbeeren)は少ないのです。
私が手に入れたものもイタリア産の温室栽培のもの。
1パックに125g入っていて、2.5EUR(400円)でした。

店に7パックあったのでそれを買占め066.gif
17.5EUR(2800円)払いました。

ケーキに使う果物にこれだけの出費をするのは普通は考えられない。
でも、私のお誕生日ですからね。
やはり特別001.gif
d0116376_17385987.jpg


生クリームをつけて美味しくいただきました067.gif
[PR]
オックスフォードの街に行った日、
お天気は最悪、
時々降る雨、強い風、低い気温・・・

駐車場に着いて、夫(ドイツ人)が車から降りようとした時、
突風が・・・
その途端、車のドアが飛ばされるようにパッと開き、
隣に駐車してあった車にドン!

あ~しまった、どうしよう?
隣の車についたキズは約8cm。
それも新車です。
修理するとしたら700 EUR(12万円)くらいはするかも・・・

あたりには誰もいない・・・
でもこのまま別のところに駐車して知らん顔する? 
なんてとんでもない。
そんなこと、自分が逆の立場になったら、
ものすごく頭にくるじゃない。

ましてや正義感の強い夫のこと、
起こったことは天災のようなことだけど、
何とかしなければ・・・。

外国を旅行中にこういうことが起こると、実に厄介ですね。

起こったことの一部始終、お詫びの言葉、連絡先をメモに書き、
それを持ち合わせの透明のビニール袋に入れ(防水対策)、
ワイパーにしっかりと挟み(強風対策)、
相手の車のナンバーをメモし(相手が気がつかなかった時の対策)
デジカメで現場をバチバチ撮りました(相手と保険会社に対する証拠写真)。

そして、意気消沈しながらも街中に出かけようとした時、
相手の車の持ち主(イギリス人)が駐車場に戻ってきたのです。
その人、最初全く気づかずに車に乗って発車しようとしました。
そこをこちらがあわてて止めて、事情を説明。

ビックリしたのは、その人の反応:
”Don’t worry.”

もちろんガッカリしたでしょうし、ムッともしたと思いますが、
そのまままた車に乗って発車する雰囲気に・・・。

「ちょっ、ちょっと待ってください!」と私たち。

それから何度も何度も説得するというプロセスがあった後、
ようやく、ドイツに帰ったらこちらの保険会社が連絡する、
ということでとりあえず決着。

それから数時間後、その人から連絡がありました。
興味深い内容なので紹介します:

「知り合いの修理工場が約120ポンド(2万5千円)で
綺麗に直してくれることになった。
それを払ってくれればそれでいい。
それよりも、イギリスでは同じようなケースの時、
知らんふりするのが常なのに、
貴方はメモを残して良心的に対処してくれた。
とても感心した。
あなたの国(ドイツ)の評判に相応しい態度だった。」

いやぁ、ちょっと感動しましたね、その言葉に・・・。
その日は意気消沈した一日だったんですが、
災い転じて福となる、くらいに気分が爽快になりました。

一概にイギリス人が、ドイツ人が、とは言えませんが・・・

イギリスではこういう場合に(車にキズをつけた方は)「知らん顔するのが常」というなら、
車をキズつけられた方がドイツ人なら、こういう場合「怒鳴るくらいに怒るのが常」です。
「賠償金を過剰に取ろうとする」のもあり得ます。

また、私の夫のように「弁償したい」と相手に迫り、
「執拗に」正義感を通すのは、
ドイツ人的な「徹底性」に通じるもの。
「こうあるべきだ!」ということに拘るんですね。

一方、”Don’t worry.” という「クール」というか、「フレンドリー」というか、
この相手の反応は、やっぱりイギリス人的なのではないかな。
ちょっと「面倒なことは避けて通りたい」という感じも受けましたが。

どこの国にもいろいろな人がいるわけですが、
ある程度の傾向というものはあるようですね。

今回の「イギリスに行こう!」の旅は、
同じヨーロッパ内でも国によって様々なんだ、
ということを実感した旅でした。

それにしても、イギリスのスーパーのレジの鈍さは相当なものですね。
それにイライラせずにクールに列を作って待つイギリス人。
ドイツ人とやっぱり違うなぁ。
[PR]
家に帰る前にマンハイムに寄りました。

Musfussにお昼をご馳走する約束になっていたのです。

結局、その他5名の友人たち(大学生)も一緒に、ということになったので、
バーガーキングにご招待!にしました001.gif

写真を撮るつもりで、うっかり撮ってしまった動画が愉快なのでアップします:

バーガーをゴソゴソと開ける音が何とも可笑しい003.gif

(左からAさん(日本からの留学生)、S君、M君。)

みんな真面目な大学生でした。
これからの世の中を背負っていく若者たち、
なかなか捨てたものではありません。

会えてよかった049.gif
[PR]
フランスからベルギーを通り、とうとうドイツに帰ってきました。

アウトバーンを走っていてベルギーからドイツに入る時、
「あ~向こうにたくさん風車が見えてきた」
と思ったら、それがドイツでした。
d0116376_5544135.jpg


考えてみれば、イギリスにいる間にも風車を見たのは一度だけでした。
それまで通ってきたフランス、ベルギーでもほとんど見かけませんでした。

ドイツでは風力エネルギーの開発利用がいかに進んでいるかということですね!

さて、アウトバーンを走っているうちに突然思い立ち、
途中にある ドイツ最古の街トリアー に寄ることにしました:
d0116376_681738.jpg


ここは、ドイツにあるローマ時代の遺跡としては最も貴重なポルタ・ニグラ(黒い門)で有名です:
d0116376_673571.jpg


初期ロマネスク様式の大聖堂も見物:
d0116376_684598.jpg

堂々とした建築でした。


ここから再び行きに寄ったバート・デュルクハイムに住む友人宅に向かい、そこで一泊。

2週間前に3年ぶりに再会した友人たちでしたが、2週間のうちに2回も会うことになるなんて・・・嬉しかったです001.gif
[PR]
実は昨晩、南ドイツの自宅に無事戻ってきました。
とりあえずホッ001.gif

さて、15日に滞在先のビスターを出発して帰独の途へ。

フェリーの発着港、ドーバーに向かいました。

途中、カンタベリーに寄りました。
d0116376_40018.jpg

ここでイギリス国教の総本山、カンタベリー大聖堂を見学:
d0116376_421354.jpg

d0116376_424741.jpg

597年創建当時の建物は火事で焼けたので、現在のものは1067年建設のものだそうです。

それにしても歴史ある建築! 圧倒されました。

それからドーバー港へ:
d0116376_463521.jpg

これが、ドーバーの特徴、ホワイト・クリフ、真っ白な岸壁です。

フェリーは夜の便なので、ホワイト・クリフの上に立つドーバー城に行ってみました:
d0116376_491857.jpg


ここから見渡す海の景色は最高でしたぁ049.gif
d0116376_4114284.jpg

とてもいいお天気だったので、ずっと向こうにフランスが見えました。
薄~く見えるかな?

d0116376_4142568.jpg


夜、出発前のフェリーから撮った写真です:
d0116376_4155871.jpg

満月でした。
d0116376_417691.jpg

山の上には昼間訪れたドーバー城が見えます。

これからヨーロッパ大陸に渡るんだ、という感慨がジワジワ。

同時にイギリスとはお別れの瞬間でした007.gif
[PR]
伝統ある大学都市オックスフォードの街を歩きました。

風が強く、雨が時折降る中、カメラ片手に歩いたので、疲れました。

そういうこともあってか、ちょっと気後れするような感じを受けました。

この街は、大学生として、あるいはアカデミックな目的で、じっくり訪れる所なのかもしれません。

歴史ある建物がたくさんありましたが、皇太子殿下も学んだというマートン・カレッジの写真を代表して一枚下記にアップします:
d0116376_22192993.jpg


「オックスフォード」というアカデミックなイメージに惹かれてやってきた私でしたが、すっかり気に入ってしまったのは意外にも・・・

カバード・マーケット(屋根付き市場)でした:

d0116376_22273528.jpg

d0116376_22281121.jpg

d0116376_222842100.jpg

d0116376_22293144.jpg

肉屋、八百屋、チーズ屋などもあり、昔ながらの市場の雰囲気で、
アメ横を思い出しました。

屋根付きといえば、アーケード街ということですが、
これはやっぱり「屋根付き市場」でした。

d0116376_22295414.jpg

この写真のクッキー屋さんのクッキー、最高に美味しかったです。

クローズアップでご紹介:
d0116376_2255152.jpg


中が柔らかいんです。
電子レンジで少し温めたら焼きたての味を再現できましたぁ049.gif
[PR]
オックスフォ-ドのヘッディングトン・ヒル・パーク:
d0116376_19155716.jpg

d0116376_2075867.jpg

ここで、オープンエアーシアター、シェイクスピアの「真夏の夜の夢」を観劇。

時折シャワーに見舞われるお天気だったので、予定通り開催されるかどうかギリギリまで分かりませんでした。

また、気温も低く、肌寒かったので、雨具のほかにも毛布その他を用意していきました。

地面はグチャグチャ、実はもう少しで気分が沈みそうになっていたのですが・・・

素晴らしい体験でした049.gif

台詞はもちろん英語、それも古い英語ですから、理解するのは難しいだろうと、
前もってウィキペディアでストーリーを把握。

後は、演出と俳優の演技力にただただ魅せられました。

最初、下記のところで始まり、丸太に座って観劇:
d0116376_201948.jpg

この後、他に3箇所ほど舞台となる場所があり、ストーリーの展開に従って、場面が変わる度に観客は公園の中をアチコチと引越すという珍しい方法

d0116376_2010877.jpg


美しい公園の自然をふんだんに使ったオープンエアーならではの演出でした。

イギリスに来てよかったぁ、と思った瞬間でした072.gif
[PR]
シェイクスピア縁の地、ストラットフォード・アポン・エイヴォンに行ってきました。
d0116376_83212.jpg


ミドルランド地方に属しますが、今滞在している南イングランドのビスターから車で45分くらいの所です。

まあ、シェイクスピアに関してはいろいろな説があり、本当にこの街で生まれたのかどうかも疑問があるという話ですが・・・

街中、シェイクスピア一色でした。

d0116376_1672241.jpg

シェイクスピアの生家

何しろ16世紀に生まれた一市民のことですから、作品以外には確かな史料はそれほどないわけです。

見学スポットは、生家の他、亡くなった家、娘夫婦の家、母の実家、妻の実家といった関連の建物とその庭が中心です。

d0116376_16321613.jpg

d0116376_16341933.jpg

d0116376_1710760.jpg

ナッシュの家(娘夫婦の家)と庭

亡くなった家(ニュープレイス)の上階にはシェイクスピアの全作品を紹介する展示があり、これはシェイクスピアファンなら必見、と思いました。

あとは、イギリスの田舎町の美しさを満喫001.gif
d0116376_16325413.jpg

d0116376_16361695.jpg

d0116376_16365091.jpg

d0116376_16412594.jpg


最後はカフェに入って一休み063.gif
d0116376_1643120.jpg


いやいや、何とも古い(古くさい?)カフェでした。

前方のショップで紙袋の上にエクレアを載せてもらって自分でカフェにそれを持っていくんですが、座ろうと思った椅子のこれまた古いこと!
d0116376_16433572.jpg


イングリッシュティーにはシュガーと共に冷た~いミルクがたっぷり付いてきます。
d0116376_164473.jpg


私が頼んだエクレアには全く甘味がなし。

それで普段ティーはストレートで飲むことが多い私ですが、これだからお砂糖を入れたミルクティーでなければ合わないんだ、と分かりました。
[PR]
ウィンストン・チャーチルの生家、ブレナム宮殿を訪ねました。

英国随一のバロック様式宮殿と言われており、また、ストーン・ヘンジと同じく世界遺産に登録されています。
d0116376_537828.jpg

d0116376_538189.jpg


庭園が素晴らしかったです。
ちょっと皇居を思い起こすような感じでした:
d0116376_5352719.jpg

人工的に作った風景を自然に見せている、という点で共通点があるのかもしれません。

d0116376_536264.jpg


チャーチルの語録の中で私が気に入っている名言:
「成功は決定的ではなく、失敗は致命的ではない。大切なのは勇気を持ち続けることだ」

第二次世界大戦時にイギリス国民に勇気を与え、強力な指導力を発揮したチャーチルならではの言葉だと思います。

宮殿の庭園の一角にある蝶の温室では美しい蝶が舞っていました:
d0116376_558610.jpg

d0116376_5583658.jpg

d0116376_559823.jpg

d0116376_5594619.jpg

d0116376_60173.jpg

d0116376_604225.jpg

[PR]