白鵬の上手投げに敗れました。

あ~残念~イケそうだったのに~

でも! 

本当に力の入った相撲で、内容的には大満足です!

結果はやはり力の差が現れてしまいましたね。

しかし!

きょうのような相撲で結果的に負けてしまった時に味わう悔しさと

小さい相撲で取りこぼした時の悔しさとは全然価値が違うでしょ。

あんな強いのになんで序盤戦であんなに取りこぼしてしまうんでしょうか・・・

天敵2人を克服した今、その辺のことをしっかり克服するのが課題ですね。

明日、勝ち越しできるかどうか分からないまま、ドイツに帰るのはできれば避けたかった。

でも、ファンとしてはもっとその先を見ているので、その結果いかんにかかわらず、
人間琴欧洲のドラマをこれからも追っていくつもり。

14日目にしてすっかり今場所の総括をしてしまった私でしたぁ~
[PR]
きょうの相手は、平幕とはいえ、今場所優勝に絡む活躍の豪栄道。

大関とはいえ、6勝6敗と負けがこんでいる琴欧洲。

もし負けたら、大関としての顔がつぶれるだけでなく、
本当に窮地に追い込まれてしまう・・・
そういう意味でとても心配でした025.gif

しかし、押し倒しで豪栄道を破りました038.gif

琴欧洲はほとんど踏み込みがない立ち合いでした。
待っただと思ったか、相手をよく見て受けたのか・・と解説者。

いずれにしても相手をうまく捉え、押されることなく、
そのまま突き押し合いになり、前にどんどんと出て行きました。

琴欧洲は常に攻勢だったけれど、途中、何度かヒヤッとさせられる場面もありました。
でも相手をよく見て最後まで突き押しを通しまくったのがよかった。

舞の海曰く「琴欧洲は必死でしたね。絶対勝つんだという気持ちが出ていました。」

本当に、真剣な厳しい表情でした。
でも、それは必要なことだと思います。
必死にならなければ、力を絞りきることはできないはず。
負ける相撲にはいつもそれが欠けている・・・。

さて、明日の白鵬戦はカロヤンにとって大一番です。

勝ち越しなるか?
同部屋兄弟子琴光喜の援護ができるか?
大関としての面子を挽回できるか?
優勝争いの展開を面白くできるか、つまり大相撲に貢献できるか?
たくさん掛けられる懸賞金がもらえるか?
そして何と言っても自分の自信につなげられるか?

本当に大事な一番です。

そして私にとっては・・・
千秋楽の取り組みの頃、ドイツに向かう機内にいることになるので、
何としても明日、本来のスターがスターとして復活する姿
を見届けたい気持ちでいっぱいです。

何か私はカロヤン、組まない方がいいような気がしています。
相手は磐石の白鵬です、組むと投げられるような気がしてなりません。
それより、長い手を生かして回しを取らせないようにしたらイケルかも・・・。
きょうの解説では違う意見が出ていたようでしたが。

いずれにしても・・・
もう後がない、と思って必死に戦ってほしい。
石のようにどっしりと、ライオンのように荒々しく・・・047.gif
[PR]
安馬に勝てませんでしたね。
押し出されてしまいました。

私は(一瞬だけですが)食欲なくなってしまったくらいなので、かなりガッカリしました。
先場所変化されていたことが頭にあったのではないか、と・・・。

変化に対応するってできるのでしょうか?
きょうさすが変化の専門家、安美錦は鶴竜戦でしっかり対応できていました。
解説によると、いつも「(変化が)あるかもしれないことを」頭に入れておかなくてはならないのだそうです。
それにしても鶴竜が琴欧洲にした時の変化、ああいうのには、対応難しいのでは?

カロヤンは頭を下げて前に、という勢いを安馬に利用されて振り回されて押し出されてしまいました。
本来、負けるわけない相手だと思うのですが・・・。

カロヤンの反応、時々何か素人っぽく見えてしまいます。
やはり積み重ねがまだ十分でないということなのかもしれません。

さて、カロヤンはこれで6勝6敗。
大関としては不満な成績です。

何としてもあと3番全部白星で固めて名誉を挽回してほしいものです。

白鵬は磐石なので、勝てなくて当たり前みたいに思っているかもしれませんが、
5月場所のカロヤンなら勝てたと思います。

諦めないでほしい。
「勝つ!」という意志を強く持ってのぞんでほしい。

応援しています。
[PR]
力強い上手投げで豊響に勝ちました049.gif

立ち合い前の表情からは、あ~ダメかも、と思いましたが、
あれは気合の表情だったみたいです。

豊響を豪快に裏返しにしてしまいました。

明日は現在優勝争いに絡み、大関の地位に限りなく接近している安馬が対戦相手です。

多くの人が見る注目の一番です。

荒々しい相撲を期待しています。

あと4日、全勝するつもりでガンバレ!
[PR]
魁皇に寄り切りで負けました。

琴欧洲は完全に立ち遅れでした。
魁皇は厳しい立ち合いから、右上手を狙っていき、琴欧洲に何もさせませんでした。

天敵2人をやっつけた時に比べて、カロヤンには何か厳しさが欠けていたように思います。

攻めの相撲が全く取れなかった、というか、取らせてもらえなかった。

これで5勝5敗になってしまい、ますます苦しい状況に・・・
この際、あとの5番を全勝するつもりで気持ちを集中させることが必要ですね。

さすがの私もきょうの白鵬の強さには驚嘆しました。
その一番を負けた後に土俵下で見ていたカロヤン、
きっと何かを学んだにちがいない・・・。

カロヤンの勝敗にかなり気分を左右されている私です。
[PR]
天敵 安美錦 に寄り切りで勝ちました049.gif

このところ連日変化を繰り返していた曲者、安美錦、
まともに行くとカロヤンにはやっぱりノーチャンスだっていうことがきょうは証明されましたね004.gif

結局デリケートなカロヤンをいつも心理作戦で揺さぶってきただけだったのです。

そしてカロヤン、強かったですねぇ038.gif

一昨日はやはり苦手の豊ノ島に突き押しを繰り出して最後寄り倒し、
昨日はベテラン栃乃洋を腰を下として引きつけて突き落とし、
この3日間、5月場所を彷彿させるような攻めの相撲を見せてくれています。

優勝争いに絡んでいないということで全く注目されなくなっていますが、
むしろ、その静けさと序盤戦で取りこぼしたことが功を奏して(?)
集中力が増しているような感じがするくらいです。

星の数からすればまだまだ苦しいですが、
今はそんなことには翻弄されずに、攻めの相撲を極めてほしい047.gif

攻めの相撲が取れれば、あの身体と運動神経です、
どんな相手にも脅威となるでしょう066.gif

つまり、苦手意識など「くそくらえ」(失礼!)です。

豊ノ島と安美錦には、苦手意識をあらわに見抜かれていたので、
どうしても勝って自分にも周りにも強いことを証明する必要があった。

そのハードルを越えた今、後半戦、カロヤンの相撲が本当に楽しみになってきました017.gif


優勝争いは個人的にはあまり興味がなくなってきているのですが・・・


ところで、朝青龍が何かバッシングされているみたいに思えるのは私だけでしょうか?

いえ、私は、全盛期に朝青龍がただ勝っているからという理由で皆に手放しで賞賛されていた時に、その態度を批判していた一人ですが、何か今バッシングされているように見えて仕方ありません。

確かにこれまでの態度がよくなかったので、負けが混むと横綱ですし印象が悪いです。

でも、安美錦にも、安馬にも、変化されて負けていますしね、
それに昨日の豊ノ島戦は負けは負けでも微妙な審判であったわけですし・・・・・・。
自分でも意外ですが、ちょっと同情しています。

扇動されるような動きには私は批判的です。
だからNHKのアナウンサーや解説者の言うことに納得がいかないことも少なくありません。

さて、どうなるんでしょうねぇ・・・。
[PR]
d0116376_1105043.jpg

成川美術館から望む芦ノ湖絶景。
この日は台風の接近で視界が悪かっったのがちょっと残念。
お天気のいい日には上の写真のちょうど右上部分に富士山が聳えます。

あくる日は思いがけず天気回復。
予定通り、箱根杉の並木道をハイキング。
d0116376_1164587.jpg


木々の間に覗く芦ノ湖:
d0116376_1174091.jpg

d0116376_1182839.jpg


途中立ち寄った九頭龍神社の鳥居:
d0116376_122883.jpg

d0116376_1203840.jpg


大好きな箱根で旧交を暖めました。
知り合ってウン十年の歳月が過ぎましたが、
今もなお、互いを大切に思えること、
確認した旅でした051.gif

楽しかった001.gif
[PR]
朝赤龍に押し出しで勝ちました。
きょうは落ち着いたいい相撲でした049.gif

3連敗の悪夢から抜け出ることができ、まずは「ホッ」。
カロヤンも勝ってすぐ、フーッと息をつきました。

それに、観客の拍手が温かく感じられました。
多分みんな「よかった」って思ったんじゃないかな001.gif
(いや、本当は大関だから勝って当たり前なんですが・・・)
こうやって温かく見守られるというのはやはりカロヤンの人徳でしょう。

きょうは攻める相撲で足が出ていた。
それにとにかく落ち着いていたと思います。
よく相手を見ていました。

解説の尾車親方も
どこか身体でも悪いのかと心配したけど、
本人は「そんなことないです」と言っていたので、
「負けることなんてないよ、落ち着いていけよ」
と激励したそうで、その効果あり、でした040.gif

横から見るとカロヤンはかなりオナカが出てきました。
が、どうも私には足がすべリがちに見えます。
まだ重心が十分下にかかっていないのかもしれません。
「どっしり感」を「しっかり」掴んでほしいですね。

きょうは白鵬が負けました。
「意外!」と思った人が多かったようですが、
私は、このところ「白鵬、褒められすぎ」と思っていました。

それに、勝手なことを言わせてもらえれば、
負けた時に舌を出したのを見て、
「横綱の品格」からはまだまだ遠い人だと思いましたよ。

やはり、カロヤンに奮起してもらわなくては・・・。

カロヤン、がんばれ!

あっ、それからキセノン、お手柄でしたね。
これをきっかけに白星が伸びるといいです。



追記: 明日、明後日は更新できません。
keepon_annさん、お忙しそうですが、できればレポートお願いしま~す!
[PR]
雅山に押し出しで負けました。
3連敗です002.gif

このところ8連勝の雅山に負けるとは思わなかったんですが・・・。

どうしたんでしょう?
土俵際に追い込まれて長い足がすべって出てしまった。

そういえば、初日のキセノン戦の時も土俵際に追い込まれました。
が、あの時はうまく左にまわって素晴らしい逆転でした。

きょうは逆転のチャンスも全くないまま、あっけなく左足が出てしまった。
すべったのは不運とも言えますが、あそこまで追い込まれることの方が問題。
下がる一方でしたから。

カロヤン、5月場所の時、「ただ何となく勝てちゃった」ではなく、
自分ではっきり「強くなったという感覚があった」かどうか、
私は知りたいと思っていました。

今、やはりその「感覚」を掴めていなかったのかな?と思います。
琴欧洲、再びスランプでしょうか?
心配です025.gif

明日は苦手の朝赤龍。
得意の相手にも負けてしまっているので、気分的にはますます沈みそうですが、
この際、得意だとか、苦手だとか、を考える前に、自分と向き合わなくてはね。

ところで、朝赤龍はきょう千代大海戦で変化しました。
これ、私の想像通りでした。
だいたい朝赤龍は変化が多い050.gif

昨日の豊ノ島戦で単純に気をよくしている千代大海が勢いよく突っ込んでくることは想像できたので、変化かも、と思ったわけです。
素人の私でも思いつくことなので、全く相手を見ないで立った千代大海は大関としては失格ですね。

さて、まさか2日続けて変化はないと思いますが、それでも琴欧洲は相手をよく見て立ってほしいですね。
特に小さい相手ですから、身体を開かないよう、低く立つことが大事。

できるかな?
できなくちゃだめですよね、大関ですから。
できるはずです、優勝経験者なのですから066.gif
[PR]
旭天鵬に上手投げで負けました。
2敗目です。

いやー、やっぱり腰が高かったですね。

keepon_annさんの指摘通り、琴欧洲は昨日に続き、
大きい力士を相手に腰を低く保つことを忘れたまま、
強引に前に出て行って失敗。

白鵬を見ているとよく分かる。
いつも重心を低く、低く、だからこそ底力が出る。
きょうの琴奨菊戦も低い姿勢で素晴らしかった。

一方琴欧洲、5月場所の相撲を忘れてしまったかのような昨日今日の相撲です。
あれだけ身体が充実してきているのだから、本来ならこんな負けはあり得ないはず。
本当にもったいない。

明日は今日朝青龍を破った雅山戦。
普段なら合い口がいいはずの相手ですが、きょうの金星で気をよくしている雅山です。
甘い取り口で取りこぼさないように。

ところで、朝青龍が負けた時、
飛んだ座布団の数が少なかったように思います。
何か寂しかったです。

朝青龍の衰えが目立ってきている今、
琴欧洲の力の充実が本当に待たれます。
[PR]