Merry Christmas to all!
d0116376_8295714.jpg


日本人にとってお正月の三が日は何か1年の区切りとなるものですが、
ヨーロッパ人にとってはイブ(24日)をクライマックスに明日(25日)、明後日(26日)が言わば「三が日」です。

d0116376_836232.jpg

d0116376_1631371.jpg

d0116376_8372235.jpg

d0116376_838356.jpg


我が家にとってはクリスマスはキリスト教のお祝いというより、家族のお祝い。

なんですが・・・

今年も夜9時半に教会に出かけていって、礼拝のリコーダー演奏をしました。
どうして信者でもない私が・・・という気持ちがなくはありませんでしたが、
演奏がうまくいって、ドイツの静かなクリスマスの雰囲気が出せたので
トリオアンサンブル、楽しむことができました072.gif
[PR]
帰独後ドイツのクリスマスの模様を引き続きお伝えしようと
思っているのですが、逆時差もあってなかなか普通のペース
に戻れていません。

そうこうしているうちに、徐々に家族の reunion も始まり、
嬉しいながらもさらに余裕のない生活に突入しています008.gif

癒しのひとときに、日本で味わったイチゴ大福の写真をアップしてみまショ。
クリスマスと「まったく」関係ないけど・・・
d0116376_837249.jpg

豆大福も・・・
d0116376_8382040.jpg

これ、ホント美味しかったぁ。
西荻窪の名物おもち屋さんのです。
テレビでも紹介されたそうです。
狭い間口の店先でそのビデオを流しています。
なんかあんまり愛想なく(失礼!)売っているんですけど、
やはり腕に自信があるのでしょう。
毎日数限定で作っているみたいでした。
[PR]
友人Oさんにお招きを受けました072.gif
d0116376_21434017.jpg


ウフフ、実はこれは日本なのでした!

所用のため10日前から日本に来ています001.gif
(ご連絡していない友人の皆様、この場を借りて040.gif 帰独は15日)

日本でのアドベントカフェですが、
シュトレン(ドイツのクリスマス067.gif)も揃っていましたし、
ドイツの雰囲気が味わえました。
d0116376_2147174.jpg

本場のシュトレンに勝るとも劣らない美味しさ!
おすすめです。
オンラインでのご調達はこちらへ:
http://www.tennen-r.com/shopbrand/004/O/

シュトレンに添えられた飾りのヒイラギ(お庭から採集)はむしろイギリススタイル。
そういえばこの可愛いお皿もきっとイギリス製陶器なのではないかな?
(追記:すみません、ドイツ製だそうです040.gif

このお宅では赤白基調の北欧風の飾りも見られました。
なかなか国際色豊かなご家庭です。

同じヨーロッパでもクリスマスのお祝いの仕方は
国によって少しずつ違います。

サンタクロースがやってくる日も様々(ドイツ:12月6日)なら、
クリスマスツリーに飾り付けするタイミング(ドイツ:12月24日)も様々。

クリスマスはヨーロッパ民族にとって重要な伝統文化です。
[PR]
d0116376_16213910.jpg

我が家のアドベントリースです。

アドベントの日曜日毎にキャンドルの灯を増やしていきます。
4本のキャンドルに灯が灯るとクリスマスがやってきます。

そもそもクリスマスイブ前の日曜日から逆算して4つ目の日曜日が
アドベントの第1日曜日となるわけです。

しっとりとした雰囲気に包まれるヨーロッパのクリスマス072.gif
好きです072.gif
[PR]