<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ドイツは今週はカーニバルのクライマックスの週でした024.gif

私の住んでいる街でも例年通り火曜日にパレードがあった「よう」です。
(実はその日仕事でまったく無関係でした。)

昨年はこのブログでもご紹介したのでよければご参照ください:
http://mamapandam.exblog.jp/7185960/

さて、

時期が少し前後してしまいますが、スイス訪問後、雪が降り出す前、
日本から来た友人をロマンチック街道沿いにある中世の街ネルトリンゲンに案内しました。

この街はまだここで紹介したことがなかったと思うので、冬景色ですが。。。
d0116376_15142864.jpg

d0116376_15254571.jpg

これは街の真ん中にある聖ゲオルグ教会(通称ダニエル)の塔の上から見える景色です。
この塔に上る階段は350段くらい。
世界一高い教会、ウルムのミュンスターの半分くらいの段数なので、
大腿四頭筋のトレーニングには丁度よく、まあまあイケました。

ネルトリンゲンには、中世の街の城壁がほぼ完全に残っています。
d0116376_15242325.jpg

城壁に沿ってずっと歩くことができます。
(ご覧のようにその通路の石畳が新しくなっていました。)

さらに興味深いのは、この街は1500万年前に隕石が落下してできたリース盆地の中にあることです。

上記の塔から撮った写真を見ると分かりますが、街を囲む城壁の向こうに
小高い山並みが続いていて、これがこの辺一体をさらに囲んでいるわけです。
このリース盆地、直径約25kmあります。

かつてアポロ14号と17号の宇宙飛行士がここでフィールドトレーニングをしたそうです005.gif
[PR]
d0116376_2341547.jpg

スイスの余韻にいつまでも浸っていたくて、投稿しないままでいたのですが・・・
またいつもの見慣れたアングルの景色のアップです。

実はこちらはこのところ雪、雪、雪でした。
昨日から天気が回復、きょうは青空を背景にした雪景色が撮れました。

小樽にお住まいのくまごろうさんのブログを見たら、
ドイツに住んでいる私と同じ、雪掻きをしていらっしゃる・・・
こんなに離れているのに似たような生活ぶりなんだ、
と可笑しくなりました001.gif

東京育ちの柔な私にはこの雪掻き、結構キツイものがあります。

上記の写真の右下に歩行者専用の小道が見えます。
現在は雪掻きがよくできていて道が見えているわけですが、
先日、ここが凍っていて、その上をスタスタちょっと急いでいまして、
私はすってんころりんしてしまったのです。

幸い翌日(身体をかばったためか)筋肉痛を感じたくらいでほとんど無傷。
毎日ほんのちょっとした筋力トレーニングを心がけている成果か?

とにかく、雪国に住む、というのはなかなか厳しいですね。
春が本当に恋しくなります056.gif

ところで、きょうは(雪大好きの)カロヤンのお誕生日。
(当然!)お祝いメールを送りました067.gif
d0116376_03281.jpg

[PR]
Grüzi!
写真で綴るスイス紀行第三弾!

最終版はルツェルンです。
とにかく綺麗な街でした001.gif

冬なので、お天気も今一つでしたし、「カラフル」というわけにはいきませんでしたが、
観光で市政が成り立っているだけあり、オフシーズンでも十分魅力的でした。

写真盛りだくさんでお送りします。

d0116376_5594669.jpg

1300年頃建設の給水塔と14世紀前半に街の要塞として造られた屋根付き木造橋カペル橋:
d0116376_604094.jpg

背景にピラトゥス山が見えます。

夜景も本当に綺麗でした:
d0116376_624950.jpg

d0116376_644981.jpg

山の上でライトアップされているお城は現在ホテルになっているそうですが、
一度はマイケル・ジャクソンが購入を考えたとか・・・
でも専用ジェットが着陸できないので結局諦めたそうです:
d0116376_653533.jpg

名物チョコレート:
d0116376_681431.jpg

ルツェルンはカーニバルが盛ん。
このレストラン・フリッチではチーズフォンデュも食べました:
d0116376_621331.jpg

d0116376_663491.jpg

最高に美味しいカプチーノを飲ませてくれるハイセンスなカフェ:
d0116376_692973.jpg

d0116376_6105052.jpg

d0116376_6101786.jpg

上記のカフェ・ド・ヴィルにはとても感じのいい日本人のウェイトレスが居ました。
このあたりは夏季には日本人観光客もかなり多いらしい。
でも、この時は、カフェの向かい側にあるローレックスその他を売っているBuchererという高級店に中国人観光客が溢れていました。

近代的建築のカルチャーコングレスセンターからルツェルン湖を望む:
d0116376_6121662.jpg

ホーフ教会の高台から街を見下ろす:
d0116376_6125989.jpg

市庁舎など歴史深い建築が立ち並ぶプロムナード:
d0116376_6114343.jpg

OLD SWISS HOUSE というレストランの名物、
スイスなのになぜかウィーナーシュニッツェル:
d0116376_6135418.jpg

60年前からあるメニューだそうです。
テーブルの脇で作ってくれます。
子牛肉を薄~くし、小麦粉をつける代わりに生卵にパルメザンチーズを混ぜたものに漬け、西洋パン粉をつけてバターで焼いてくれました。
衣がフワッとしていておいしかったです。


スイスから帰ってきて1週間が経ったところです。

仕事で出会ったスイスの人たち、みんないい人ばかりでした。

そうそう、それに、?十年前の上司が現在チューリッヒに住んでいて、
そのご夫妻に再会したのも今回のスイス訪問の忘れられない出来事でした。

それやこれやで、今スイスの事を思うだけで「胸がジーン」状態です016.gif
[PR]
大分お待たせしてしまいましたが・・・

写真で綴るスイス紀行第二弾!

バーデン(ドイツ語で温泉の意)というからにはやはり温泉で有名な町です。

こんな所で仕事なんて幸せ!と思いきや、
私は一度も温泉に入る機会がありませんでしたぁ002.gif

バーデン駅前。虹がかかっているの見えるかな?
d0116376_6382456.jpg

旧市街
d0116376_6331064.jpg

石で出来た城砦の廃墟がライトアップされていて実に美しい!
d0116376_6335245.jpg

d0116376_6392166.jpg

町に流れるリマト川。この川沿いを歩いて毎日仕事に通いました:
d0116376_1582951.jpg

川の流れている地点と駅のある地点の間には段差があるためにエレベーターを利用。
立派なのでちょっとビックリしました:
d0116376_15112777.jpg


バーデンを紹介するビデオが下記のサイトで見られます:
http://www.regiotv.ch/baden/
このビデオ、行く前にも見たのですが、行ってきた後に見たら懐かしい001.gif
上記のエレベーターも出てきます。

ビデオではスイス語の説明なので、あまり自信がないのですが、
現在バーデンは温泉地としてより工業都市として成長しているようです。
[PR]