<   2010年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

d0116376_1231596.jpg

昨日午後5時頃、都庁の展望フロアから撮った東京。
ちょっと右寄りの向こうの方に富士山が写っています。
見えるといいのですが・・・。

ここ数日仕事で東京の街を歩き回っております。

人の多さは格別ですが、このメトロポール、やはり好きですね、私は。

どんなところが一番私の気に入っている点かというと、「自由さ」です。

この「自由さ」をちょっと説明すると・・・

溢れるほどの可能性が提供されている中から、
自分(私)が「自分の考え」で自分にとっての可能性を選択できること、
これが私が価値を置いている点です。

I 053.gif Tokyo


さて、把瑠都が正式に大関になりました。
おめでとうございます!

「明るい、ファンを大切にする大関になりたい」とか、
「次の場所は優勝を目指したい」とか
言ったらしいですが、この言葉、プロ根性に溢れていますよね。

ウ~ム、こういう言葉、琴欧洲が大関になる時に聞いた覚えはありません。

カロヤンの場合、
大関にスピード出世したこととか、
まだ若輩だったこととか、
ファン層がイケメン好みの女性ファンが多いとか
そういったことが今考えると裏目に出た成り行きがあったかも・・・。

ちなみにイケメン好みの女性ファンを批判するつもりはありません。
なぜって私もその一人には違いありませんから(笑)。

前にも言ったことがありますが、
カロヤンは自分のため、家族のために強くなることは
当然考えているでしょうが、
有名人、言わばあの(大関の地位の)ような公的存在になると、
夢をかけているファンのために強くなることが非常に大事だと考えるべきだ
と思うんですね。

そういう意識こそがプロ意識なのだと思います。

その辺の意識も把瑠都に負けないようにしなくては。

5月場所はあの感動的な優勝から丸2年の場所になります。
優勝場所の時も場所前に「大改造のステップ」がありました。

もう一度、身体、稽古、そして意識を大改造するステップの時期が来ているようです。
[PR]
魁皇に寄り倒しで勝ち049.gif

二桁勝利となり一応ホッとしたでしょう。
まあ、このうち一勝は不戦勝ですが・・・。
豪栄道に勝ったかもしれないので、
十勝は十勝です。

それよりも何よりも、
苦手相手に取りこぼしているうちは横綱になる望みがないこと、
白鵬に、そしてバルトにも見せつけられたことでしょう。

また、白鵬に対してもバルトに対しても、
本当に悔しいけれど、今場所は完全に弱く見えましたね。

理事長なんか、バルトが大関に上がってそんなに時間を置かないで
その上に上がることをもう期待している言動をしています。

その裏は、琴欧洲には今のままじゃ望みが持てない、
と思っている・・・・

だから、今のままじゃだめなんですよね。
そう、今場所、本人もきっと「このままじゃダメだ」と思ったと思いますよ。

きょう魁皇戦を終えた後、そういう顔をしていました。
つまり、今場所の自分を振り返るような顔を・・・。

今場所バルトの活躍は素晴らしいものでした。
白鵬の全勝優勝も完璧さの結果でした。
2人ともおめでとうございます040.gif

あっ、でも、私は上記の2人のファンにはなれない。
で、やっぱり「繊細だけど強い横綱」の誕生に夢をかけます001.gif
[PR]
1週間遅れのお墓参りに雑司ヶ谷霊園へ行ってきました。

最近有名人のお墓巡りがはやっているとニュースで見ましたが、
我が家のお墓の近くにも、夏目漱石、島村抱月、尾上梅幸などの墓があります:
d0116376_18431975.jpg

で、その後、副都心線というわりに新しい地下鉄路線に初めて乗りました。
そして新宿3丁目で丸の内線に乗り換えて四谷3丁目へ。
「天春」という天ぷら屋さんで遅目のお昼。
d0116376_1845239.jpg

大満足!
さらにこれがすごい! シジミ汁:
d0116376_18461946.jpg

シジミを食べるだけで20分くらいかかりましたぁ。

さて、きょうの琴欧洲:
白鵬に上手投げで負け050.gif

負けたことはともかく、先場所までとは違い、きょうは、
白鵬に「苦しめずに勝たせてしまった」ことが何とも残念。

アナウンサーが、「横綱と大関の差がこんなにあるとは・・・」
と言っていました。

そんなこと言われて・・・悔しいです。

でも、負けた後のカロヤンの表情も
「力の差を感じた」ということを物語っていたように思います。
「もっと稽古しなきゃ」って強く思ったことでしょう。

琴光喜はきょうは豊ノ島に勝ちましたが、
佐渡ヶ嶽部屋の大関2人、いよいよ顔つき変えなきゃ、ね!
[PR]
d0116376_11157.jpg

d0116376_18364911.jpg

雨が降り始めた5時ごろに外で撮ったサクラ。

窓外のさくらを楽しみながら優雅にお花見ディナー
のはずだったのですが、ちょっと早すぎ。
3分咲きくらいでしょうか。
それにしてもとにかく気温が低い、
お花見の気分には程遠い気候です。

でもおしゃべりの方ははずみました。
ゆっくりと友人たちとの再会を満喫!

その席上、暮れに佐渡ヶ嶽部屋のお餅つきに行った
yoshikazunet さんに琴欧洲とのツーショットを見せられた私、
「わ~いいな」なんて言っちゃいました。

なぜってその写真のカロヤン、
満面の笑みを浮かべているじゃないですかぁ・・・
で、うらやましくなったというわけです(笑)

しかし、ちょうどそんな話をしていた頃、
カロヤンはハルマに引き落としで負けていたのでした。
あ~あ・・・
[PR]
豊ノ島に上手投げで勝ち049.gif

この白星は評価できると思います。

先場所初日の時のように一気に勝負を決める相撲ではありませんでしたが、
苦手対策、小兵対策の成果が出ていました。

立ち合いから右で相手の前褌を取り、左上手を取った。
そう、これです! 積極的に取り組みの舵を取るということは。

そして最後は右から投げを打ち返して土俵際に追い込み、
土俵際で逆転されないように気をつけながら
(豊ノ島はこれがある・・・)最後は上手投げ~

しっかりと勝ち取った白星でした066.gif


昨日の白鵬について今朝の朝日新聞に出ていたこと:

「バルトにがっぷり四つでは勝ち目がない。」この大一番の朝、
白鵬育ての親ヶ谷親方は力勝負になることを恐れていた。
だが、四つ相撲は腕力以外にも大事な要素がある。
うまさで一日の長を見せつけ、賜杯争いで堂々の単独トップ
に立った。


これを読んで思いましたが、腕力だけで比べたら、
やはり横綱もバルトにはかなわないかもしれない、ということ。

だけど横綱は勝ち、カロヤンは負けた。
違いはやはりカロヤンに「うまさ」が欠けていたせいでしょう。

でも「うまさ」なら努力で絶対に解決できることですよね!


さあ、あとの3番、きょうと同じく、「自分のために」
集中した相撲を取ってほしいですね。

願わくば、白鵬を破って存在感を示せれば・・・

オットその前に明日はハルマ戦。
実は私はお花見のため外出するので
リアルタイムで見られません040.gif
[PR]
豊真将に寄り切りで勝ち049.gif

「立合いに何かをしかけてこないと安心して向かっていける相手には強い」
と北の富士が言っていたけど、本当ですね。
きょうは強かった。

勝ち越しを決めたので、とりあえずホッとしました。

大関だから勝ち越しは当たり前とはいえ、
負のスパイラルに入っちゃうかも、とちょっと心配していたので、
本当にホッとしました。

でも、1勝は不戦勝ですし、これで満足はしてもらいたくないですね。

明日は苦手の豊ノ島。

難しい課題としっかり向き合ってほしいです。
先場所は初日に「ふっきれた?」と思うような気持ちのいい
勢いでこの相撲巧者を克服しているんですから、大丈夫。

今、優勝戦線から後退し、バルトに力負けし、不本意な状態。
だからこそ自分自身に対する厳しさを見せるべきです。

きょうは琴光喜も素晴らしい相撲でハルマを破りカド番脱出042.gif

一度は投げられそうになって危なかったのに、諦めず盛り返し、
見事な巻き替えを見せて優位に立った上でハルマを土俵の外へ。
見ごたえがありました。

上手い相撲だったし、ガッツもありました049.gif
取組みが終わって土俵下に座る琴光喜、
その横に審判として座る佐渡ヶ嶽親方、
胸中さぞ嬉しかったことでしょう043.gif

そして最後、白鵬とバルト。

大相撲放送の間中、この2人の取り組みの予想ばかり。
北の富士など、「もう言い尽した」とほとんど匙を投げていました。
で、その北の富士「つっぱりでしょ、それしかないでしょ」

で、実際、つっぱりじゃなく、四つに組んだ。
ハハハ、何これ? 予想なんて無駄ってことですね。

私はカロヤンが土俵上に上がるまで大相撲放送を
よく音なしで見ております041.gif

白鵬は低~い素早い素晴らしい立合い。
しっかりバルトの壁になりました。

カロヤン、きょうの白鵬対バルトの取組みを見ておおいに学ぶべし。
何故、白鵬が強いかを。

白鵬との対戦は14日目です。
シナリオ的には、カロヤンは優勝戦線から脱落していても、
ハルマと白鵬に勝つことができれば、存在感を示せる!

二桁勝利を上げることも大事。
まだ期待を捨てきれない私です。
[PR]
バルトに寄り切りで負けました050.gif

ま、きょうの取り組みはバルトを褒めたい。

琴欧洲もがんばった。
けれど、なんかいやに細身に見えました。
バルトと四つに組んだ時の後ろ姿など、本当に細く見えた。

バルトも腕を上げて、引きつけて寄って出ていく様子はなかなか。
ああなるとやはりがっぷり四つに組んだらカロヤンもかなわないんだぁ・・・。

だからやはりカロヤンはもっと動く作戦の方がよかったんじゃないか
と私は思います。
解説者は誰もそんなこと言ってなかったけれど。

大関が関脇にかなわない、というのも認めたくないけれど、
うううっ、きょうは認めざるを得ない。

いやあ、厳しい・・・本人もそう思ったでしょう。

優勝のチャンスもまあ無くなってしまいました。
それどころじゃないですよ、勝ち越しもまだなんだから。

5月場所に向けて身体も稽古も大改造を行わないと
大変なことになりそう・・・

親方にはしっかりと指導をお願いしたい040.gif

きょうは見ている方もかなり消耗しました042.gif
[PR]
玉鷲に寄り倒しで勝ち049.gif

きょうも初顔合わせでした。

初顔合わせというのはやはり情報量が少ないから
どう出るか分からないという不安感は確かに誰でもあるものらしい。

それでも引退した朝青龍とかは自分と当たるようになる前に
下位力士をしっかり観察していたという話です。

ましてや当たることが分かっている相手でも研究不足が感じられる
カロヤンの場合は、初顔合わせだからというのが言い訳には
なりそうもないです。

ま、きょうは頭から突進して勝ったのでよかったですが・・・

ああいう頭から突進するというのも本当はちょっと心配。
ちゃんと相手をよく見ながらじゃないと変化に対応できないのでは?

きょうの勢いは何か昨日の自分に対する怒りだったような気もしました。

明日はバルト。

先場所も負けましたし、今場所のバルトは一筋縄ではいきそうにない。

バルトはきょうまで9連勝という立派な成績。
まだ大関になったわけではないのに、
大関のカロヤンに欠けている安定感さえ感じられます。
脅威ですね、カロヤンにとっては。

しっかりと対策を練って、バルトに、年季というか、経験というか、
稽古の成果を見せつけてほしいものです。

存在感を示すビッグチャンス!

背はカロヤンの方が何センチか大きいけれど、
体重から言えばカロヤンは小兵(?)・・・

いつかバルトと対戦して小兵力士が自分に対する時の気持ちが分かったって
言っていましたが、まさにそれ。

敏捷性はカロヤンの方がきっと上でしょう。
スピードのある相撲で取り組みの舵を取ることが大事。

がんばれ!
[PR]
初顔合わせの土佐豊に押し倒しで2敗目050.gif

まさか!の負けでした021.gif

北の富士に「何やってんだか・・・」
とあきれられてしまいました。

ファンとしても返す言葉もありません。
(北の富士に対して)悔し~い!

先場所、嘉風戦と豪風戦で星を落としたことをあれほど後悔していたはずなのに・・・
この取りこぼし、失敗の繰り返し。

これもやはり対戦相手の研究不足としか言えません。

きょうの向正面の解説は土佐豊の師匠の時津風親方。
今朝、親方は土佐豊に「中に入れ、動き回れ」と指導したそうです。

それを聞いた時、私は嫌な予感がしました。

なんかカロヤンは相手にそんな指導が行われていることを
絶対想定していないんじゃないかっていう気がしたからです025.gif

琴光喜もアミにまたやられました。

最近アミのこと、私は違う目で見るようになっています。
やはりアミはプロです。角界の仕掛け人ですね。

むしろ、佐渡ヶ嶽部屋の指導がなんか生温いのではないか?
と思ったりして・・・

きょうは菊ちゃんが頑張ってハルマを倒したのがせめてもの救い。

それにしても、琴欧洲がその前に2敗目を喫してしまい、
ハルマとの差が変わらないというのもつくづくもったいない話。

ほとんど毎場所苦し紛れで自分を励ましているのですが、
まあ、あとこれから毎日勝てばいいじゃない・・・

それがダメなら、バルトや白鵬の優勝候補に勝って存在感を示すしか手はないぞ047.gif

厳しい気持ちで後半に望んでほしいです。
[PR]
稀勢の里に寄り倒しで勝ち049.gif

しっかりとした琴欧洲らしい相撲でした。

私はちょうどお茶を飲んでいたのですが、
土俵際の寄り倒しの締めで、なんか力が入ってしまって
思わずお茶をこぼしてしまいましたよ001.gif

昨日の不戦勝はやっぱりいい方向にchangeするきっかけになったと思うな。

それになんといっても一番前のバルトが鶴竜の変化にもかかわらず勝った。
その相撲を土俵下で見たカロヤンはきっと感じるところがあったと思います。

いいぞいいぞ、その調子。

同じような鶴竜の変化に苦い経験のあるカロヤン。
バルトがそれをしのいだことにきっと驚嘆したに違いない。

小兵が大型力士に勝とうと思ったら変化も技の一つということ。
それをしのぐことができるということをきょうはバルトは示しましたね。
貫録あります。

カロヤンはハルマ・豊ノ島戦をモニターでじっと見ていたそうです。
どちらに注目していたにしても、う~ん、闘争心がムラムラと出てきた証拠。

両方共、カロヤンにとっては難敵ですから、
しっかりと研究してほしいですね!

こうやって厳しい気持ちに自分を追いこんでいくことで、
集中力が発揮できるのではないでしょうか?

バルトの活躍が相撲全体を引き締める結果に繋がっているようです。


追伸: 朝青龍のダメ押しはハルマが引き継いでいる?
[PR]