<   2010年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

についてレポートしようと思ったのですが、琴欧洲は不戦勝。

対戦相手の豪栄道が負傷できょうから休場になったからです。

カロヤン、ちょっと照れくさそうな感じの表情で土俵に上がりました。

でも確か過去に不戦勝がきっかけで流れがいい方向に変わったことが
あったと思うので、不戦敗の豪栄道には気の毒ですが、
私は何かいい予感がしています。

根拠はないけれど・・・

あっ、でも、本人が「これはついてるナ」と思えたら、
気分はノルと思うので、全く根拠のない話ではありませぬ。

余裕をこれからの対戦相手の研究に活用してほしいですね。
特にバルトの壁になること、期待しています066.gif
[PR]
阿覧に寄り切りで勝ち049.gif

きょうは力強い琴欧洲らしい相撲でした049.gif

こういう相撲を見ると嬉しくなります。

しかし、一般的にはまだ全然注目されていない様子。
それどころか「立合いのじらしすぎ」を琴光喜と共に友綱親方に注意されたとかで、
ネガティブニュースに登場しています。

残念ですね。
でも、この「じらしすぎ」は私たちファンも気になっていることでした。

菊ちゃんは今場所すごい勢いですが、普段は佐渡ヶ嶽部屋の力士は皆
その傾向があるみたいに見え、立合いの潔さに欠けているという印象です。

心の弱さを暗示しているような・・・いや、素人の考えですが。

やはり、立合いには「明快な意志」というものが重要なのではないかと思うんですね。

ところで、舞の海が盛んにカロヤンがバルトの活躍に刺激されて
奮発すると一段ステップアップできるのではないか、と言っていますが、
私も何かそんな感じがしています。

舞の海に同調するのはちょっと悔しいですが・・・・。

少なくとも、居心地のいい佐渡ヶ嶽部屋の生温さから抜け出るきっかけと
なるのではないかと思うんですね。

バルトがあの強さで大関になったら。
私がカロヤンの立場だったら焦ると思いますよ。

そう、そういう必死さが今のカロヤンには必要なのではないでしょうか?

追記:

全然関係ないけれど、先日テレビを見ていたら
坂本龍一が出ていて、2年くらい前のインタビューでしたが、
若い時にお化粧していたりしていたことを「恥ずかしい」と言っているのを
聞いて、何か安心したりしました。
やっぱり歳と共に普通の人になったんだな、なんて思いました。

そういえば、まだドイツに居る時、そう1ヶ月くらい前にドイツで彼の最近のインタビュー
(英語)を聞きました。
その時「自分はまだこれからどこにいこうとしているのか、何をしたいのか、分からない」
と言っていました。
何か自然流の境地に達したみたいに思います。

自分の心境を誠実に語る彼の英語、なかなかよかったです049.gif
[PR]
苦手の若の里に寄り切りで勝ち049.gif

もう一度見てからアップしようと思っていましたが、
きょうのダイジェストは(夜中なので)見られそうもありません。

きょうの一番はイメージとしては
最初押され気味で途中思い出したように攻め始めた・・・

最初押されてしまったのは、やはり苦手意識の表れではなかったでしょうか?

う~ん、ダメだと思うな、こういうのでは。

盛り返した時の様子はとても力強かった。
立合いの時からあのくらいの力強さがほしい。

バルトとアミの一番を見てとても驚きました。
相撲巧者のアミに揺さぶられながらも、
終始バルトは岩のように立ちはだかった。

バルトは耐えて耐えてしぶとかった。
アミも最後は手がなかったのではないかと思います。

アミは一昨日カロヤンが翻弄された相手です。
カロヤンがアッという間に負けてしまったのと対照的な一番でした。

その他豪栄道がうまい相撲で琴光喜を破りました。

いやいや、カロヤン、本当にウカウカしていられません。

強い気持ちを持って向かっていかなければ。
そして相手をよく研究しなくては。

それにしても朝青龍の抜けた穴みたいなものは
きょうまでのところ全く感じませんね。
[PR]
旭天鵬に寄り切りで勝ち049.gif

とりあえず昨日のショックを引きずらず白星でホッ。

でも、旭天鵬は「取りやすい」「四つになれる」などの理由で、
琴欧洲に有利な相手ということで特に褒められることもありませんでした。

3日目にしてもう完全に脇役に回ってしまっているカロヤン。

やはり昨日の黒星ですっかり評判を落としてしまいました。

まあ、私も相当ガッカリしましたから・・・
苦手に負け続けるようじゃあ横綱はまだテーマとならない
ということなのでしょう。

ファンとしても返す言葉もないけれど・・・

優勝、綱取りなど全く考えないでコツコツと白星を重ねていって、
周りに無視されている中から最後に飛び出す、なんていう筋書きはどうかな?

ファンはもちろん諦めません。
[PR]
安美錦に叩き込みで負け050.gif

いやあ、ガッカリしました。
本人も相当ガッカリしたと思います。

足が揃っちゃっていましたね。
だから腰が入らないまま前に出て、そこをタイミングよく叩き込まれました。

アミはどうしても越えられない壁みたいになってきました。

これはちょっと深刻です。

解説陸奥親方は
「もう向こうに嫌がられるくらい出稽古に行かなくちゃ」
と言っていました。

この出稽古については、私たちファンの間ではかなり前から
言われていることです。

今までやってなかった?
なら、ちょっと信じられない。

この自分の苦手な相手を封じる策を練らなかった
というのでしょうか?

カロヤンは今場所は場所前から意欲的に稽古をしていたそうで
仕上がりは上々と聞いていました。

それだけに残念。

まだ2日目、きょうの負けはかなりショックだったように見えました。

ファンとしては負けを引きずらないようにと祈っていますが、
今場所はこれからも心の安定を崩されやすいような難敵が続きそう。

一番後の白鵬、鶴竜相手に先へ先へとリードするような
スピードのある積極的な相撲が、殊の他際立って見えてしまいました。
[PR]
鶴竜に押し出しで勝ち049.gif
d0116376_23575887.jpg

テレビの画面を撮ってみました。
画質的にはあまりよくありませんが、
激しい動きの瞬間が撮れたのでアップしてみました。

力強いですね066.gif

舞の海は膝を曲げながら進む様子が、白鵬と比べてしまうので、
どうしてもまだぎこちなく見えるとか言っていました。

足の親指に力を入れながら進んでいくのだそうで、
これがすり足のコツというものなんでしょう。

腰高体型だから不利ですよね。
でもここまで来たんだから年季を積めば克服できると思うな。
稽古稽古、これしかありません!

それにしても、きょう「鶴竜」に勝ったことは大きいですね001.gif
鶴竜ファンのMartina Lunauさんには悪いけど(笑)

明日はアミですし、なんか今場所は難敵つづきに思えてしまいます。
豊ノ島も関脇で調子いいし・・・

しかし、下位力士に臆病になっていては
いつまでも横綱の夢を達成できません。

合い口の悪い相手にはしっかりと対策を考えて
取組みにのぞめば大丈夫。
[PR]
d0116376_0475399.jpg

きょうのお昼はオムライスでした。

いえ、自分で作ったのではありません。
家の近所にあるオムライス屋さんのオムライスでした。
懐かしい味でした049.gif

中身のバリエーションがあるのか店の主人に尋ねたところ、
いろいろにできないことはないけれど、そうするとどうしても
値段が千円以上になってしまうし、オムライスはやっぱり
千円以上取る料理ではないから・・・
ということでした。

それに、ケチャップ味の中身がこの店の売りでもあるのだそうです。
d0116376_0494346.jpg


ところで、この店、カウンターがある長細い狭い店ですが、
こうしたスナック風の店のことを昔は「こっかけ」(腰掛け)と
言ったのだそうです。

江戸っ子言葉らしい。
私の父(神田育ち)の叔母さんに当たる人がその言葉を使っていたと
母が言っていました。

で、きょうは母に「きょうは”こっかけ”でお昼だったのよ」
と話した次第。

なんか気に入ってしまいました、この言葉。


さて、明日からいよいよ大相撲春場所が始まりますね!
楽しみ060.gif
[PR]
d0116376_1636993.jpg

新橋の公園で桜の開花を発見!

東京の開花予想は確か3月21日頃と聞いていたのでビックリ005.gif

立っていた札を見たら、この公園の名前がなんと「南桜公園」。
「知る人ぞ知る」のいつも真っ先に開花する穴場なのかも?

実はその近くの天ぷら屋さんで友人とランチの約束をしていたのですが、
開店時間の11時半にまだ時間の余裕があったので辺りを散歩していた矢先でした。

きょうは私にとって運がいい日らしく、11時半になったのでその天ぷら屋さんに
入ったら、もう店がほとんどいっぱいで、最後の2席をゲット!

美味しくいただいて、店を出てきたら、もう長い列ができていました。
待ち時間なく入れてなんか得した気になったりして・・・

その後、銀座に向かって歩き、銀座界隈の超モダンな店などに目を見はったりしましたが、
結局買い物は「木村屋のあんパン」001.gif
休んだのは「松崎煎餅の喫茶室」001.gif
でした。

松崎煎餅と言えば、銀座に勤め先があった亡くなった父が
よくここのお煎餅をお土産に買ってきてくれたなぁ・・・

・・・そこできょう私が食べた「あんみつ」です:
d0116376_16312154.jpg

春らしいでしょ?058.gif
[PR]
d0116376_23311570.jpg

東京駅八重洲南口にあるBMWの前を通り過ぎた時、
かわいいので、ガラス越しでしたが、思わずパチリ。

いつか私がオックスフォードにあるMINI工場を見学した記事をアップした時
http://mamapandam.exblog.jp/8423402/
コメント欄でtukaさんが言っていたのはこのショールームのことだったんだ、
って分かりました。

MINIには桜がよく似合いますね049.gif
[PR]
5日間にわたって私が受けていた研修が昨日終了しました。
この研修、実は通訳案内士の新人研修でした。

参加者は、年齢様々、立場様々、
唯一共通項は「通訳案内士の国家試験に合格したこと」

参加者は100名以上。
英語が圧倒的に多かったのですが、種々他言語の人たちもいました。
ちなみに私はもちろんドイツ語。ドイツ語はイタリア語と並んで各2名、極少数派でした。

正直言うと、久しぶりに「日本の学校的環境」で学ぶことに自分が耐えられるか
ちょっと心配だったのですが、まずまず問題なくクリアできました(笑)

心配というのは、私は長くヨーロッパ文化に触れてきたので、
考え方が個人主義の影響を受けているということもあり、
多人数コンセプトに順応できるか未知だったからです。

いわば、帰国子女と同じ問題を抱えていたようなものですが、
まあなんとかイケました049.gif

それにしても知らない人たちとの出会いは新鮮でした。

学ぶ姿勢においては、どんな年齢か、どんな立場かにかかわらず、
皆同じモチベーションを持つ「生徒」だったからでしょうか、
その中での出会いは何か学生時代を彷彿させるものがありました。

若い方たちの人生に対する真摯な思い、
また、職業人生で培ったスキルを定年退職後に生かそうとする年配の方たちの意欲、
こういったものも大いに刺激になりました。

では、実地研修で訪れた観光地の写真を何枚か下記にアップします:

(鎌倉)
d0116376_12363794.jpg

(箱根)
d0116376_1237773.jpg

(日光)
d0116376_12384337.jpg

d0116376_1241041.jpg

d0116376_12394060.jpg
d0116376_12401581.jpg

[PR]