d0116376_19231724.jpg

(出典:http://www.spiegel.de/)

昨晩はサッカーW杯を控えたドイツナショナルチームが
ハンガリーと親善試合を行ったので、私は当然(?)
そちらを見ていました(結果:3-0でドイツの勝ち)。

そのため、うっかりしたのですが、昨晩はノルウェーのオスロで
ユーロビジョン・ソング・コンテストもあったのです。

これは今年55回目を迎えた歴史あるヨーロッパ最大のソングコンテストです。

しかし、近年は、東欧諸国の勢力が強く、
また審査の視点も(私の意見では)純粋な歌の審査というより、
ショー的要素や民族的要素が重要視されているような感じで、
私としては関心が薄れていました。

また、ドイツという国は何かポップミュージックに対するセンスが
ない、と私も思っていますし、一般的にもそう言われています。

ということで、私は見なかったのですが・・・

今朝起きたら、ドイツ中がこのコンテストの話題一色になっていました005.gif

「Satellite」という歌を歌ったドイツ代表のレーナが
グランプリを獲得したのです049.gif

(どんな歌かは http://www.spiegel.de/
でビデオで聞けると思います。)

ドイツが優勝したのは1982年以来2度目だそうです。

それで、私は見てなかったとはいえ、この快挙、
ドイツを紹介しているこのブログで取り上げないわけには
いかないと思った次第。

何しろ、サッカーW杯では(重要プレーヤーが数人怪我で
不出場になったこともあり)前回のように「夏のメルヒェン」は
期待できないかも・・・などという声がある中で、
それに代わって「レーナがやってくれた!」と
この意外な(?)勝利にドイツは大騒ぎです。

このレーナ、普通の、アビトゥア(高校卒業試験)を終えたばかりの女の子。
コンテストのために開かれたキャスティングショーに応募して
選ばれたそうです。

インタビューの感じでは、元気があって、「自然な感じ」がとてもいい。
歌い方にもそのまま彼女のキャラクターが出ています。

私が特に感心したのは、(グランプリ獲得後の記者会見で)
歓喜にあふれた状態で

「これが私の人生全てではありません。
これは私の人生の一部です。」

と言っていたことです。

そう、そうなのよ、その姿勢は正しい049.gif

同時に若いっていいな、とさすがの私もうらやましくなりました006.gif

久しぶりに明るいニュース、
よかったです001.gif
[PR]
d0116376_20135519.jpg

こちら南ドイツでは晴れたり曇ったり、雨が降ったりと
不安定なお天気の日が続いています。

さきほど、ちょっと晴れ間が見えたので急いで
歩いて買い物に行ってきました。

久しぶりにMBTを履いて行ったのですが、
やはりMBTは本格的な健康靴であることを実感しました!

ごつくて重くてデザイン的には私としてもお勧めできないのですが、

足をしっかり支える力、
姿勢の矯正力、
筋肉のトレーニング効果、

これは抜群!

(これって、靴デザイナーのtukaさんがいつかコメント欄で
おっしゃっていた通りの事で、私が検証した結果となりました。)

実は私はこのブログでReebokのイージートーンをお勧めしたことが
ありました(http://mamapandam.exblog.jp/i11/)。

もちろんこれも素晴らしい靴です。

アメリカの女優がヌードでこれを履いて宣伝しているあの靴です。

これを履いてニューヨークの街を歩き周るだけでフィットネスになる!
というキャッチフレーズ。

これはホントのことです。

私も4月に東京の街を3日間歩き周りましたが、
これを履いていたおかげでとても助かりました。

イージートーンはデザインもとてもよく、軽い。
都会派には絶対おすすめ!

ただ、基本的に健康靴とは違うということを
田舎生活の中できょうは実感したというわけです。


途中、例の急傾斜の坂でライラックの木を見かけたのでパチリ:
d0116376_20364563.jpg

[PR]
今晩は映画館でアバターを見てきました。
3Dで見たのは初めて。

仕事が立て込んでいるのでもう少しで映画館に足を運ぶのを
諦めそうになったのですが、諦めないでよかった。

いやー、すごい映画でした005.gif

スターウォーズの大ファンの夫も
こんなに高度な技術を使った映画が実現するなんて・・・
と感激していました。

CG技術そのものももちろんですが、
俳優にマーカーのついたキャプチャースーツを着せて
演技をさせ、データを集め記録、
人間の筋肉の動きや表情をリアルにとらえることができるので、
俳優の演技がそのままCG映像に生きているのも素晴らしかったです。

3D映像もよかったです。
自分のところに大きな石が飛んでくるかと
思わずビクッと体が動いてしまいました(笑)。

夫はもっぱらCG技術や3D技術に集中して感激していましたが、
私はストーリーの立て方も夢があって気に入りました。

主人公ジェイクが次第にアバターの信頼を受けるようになり、
人間との決戦の前には尊敬される人物としてアバターを率いるようになる
ところなど、私の好きな展開でした。

ちょっとこれを超える映画はそう簡単には出てこないのでは、
と感じました。

と言いながら、
実は今度はラッセル・クローのロビンフッドを
見にいきたいな、と密かに思ってるところです。
[PR]
日本に住む友人が野菜売り場でルバーブを見かけ、
拙ブログの記事を思い出して購入したそうです。

実は私も昨日こちらドイツで、ルバーブを使ったケーキを
(コーヒーハウスで)食べたばかり。

で、フト思い出したことがあったので、
ルバーブについて改めて調べてみました。

ルバーブは本当は野菜類に属します。

しかし、その酸っぱい味が甘い味とのコントラストとして合うので、
ケーキやジャムなどに使うのに最適なわけです。
(以前にもお伝えしたと思います。)

また、それに関して、ドイツから(日本語で)お料理やケーキ作りを
中心に詳しく紹介しているブログ等があるのでご紹介します:

http://shinokichi.exblog.jp/11248047/

http://www.newsdigest.de/newsde/content/view/1263/135/


それで、実は私がフト思い出したこと、というのは・・・

こちらの友人(ドイツ人)たちが語っていたこと:

「ルバーブは食べすぎるとおなかを壊す、
って母に言われたわ。」

「ルバーブは銅製品なんかを磨くのにいいって
おばあちゃんが言っていた。」

ルバーブというのは日本名を「大黄(ダイオウ)」といいます。

で、ダイオウについてのウィキペディアにその説明が載っていました:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%82%A6%E5%B1%9E

上記のサイトからの抜粋:

「わずかに(瀉下作用の活性成分である)センノサイドを含むことから、
敏感な人は下痢をすることがある。」

「葉はシュウ酸を多く含むため食用にはできないが、
煮出した液を真鍮や銅を磨くために使用もできる。」


ということで、ルバーブの思わぬ効能(?)を確認したというわけです。

それを科学的な理由を知らずに
「母が言っていた」「おばあちゃんが言っていた」
などと友人たちが語っていたのは、
やはり「生活の知恵」というものなのでしょう。

人間て賢いものですね。
もしかしたら「賢かった」と過去形で言った方がいいかしらん?
[PR]
d0116376_2215435.jpg

きょうはドイツでは聖霊降臨祭の祭日です。
つまり、この週末はこちらは再び連休でした。
で、久しぶりにケーキを焼きました067.gif


さて、場所は終わったのに、何か相撲のことが025.gifな私。

で、元横綱武蔵丸親方のブログを最近見ていなかったこと
に気がつき、お邪魔してみました。

そこで琴欧洲の白鵬戦についての批評が目にとまったのでご紹介します:

【14日目 今日の一番!】

○白鵬 対 琴欧洲●

決まり手:寄り倒し


オーシューは、なんであの形で前に出ないんだよー。

腰も高いし、手が掛かった・・・下手入った時点で、

腕(かいな)返せばいいんだよ。差したままじゃダメなんだ。

腕返せば前に出られるのに。

熱戦のように見えるけど、オレに言わせりゃ「ダメ出し」の相撲だよ。

どすこいFMの解説でも「辛口 デビル丸」って言われてるけど。

もっと頭使って体使って。

http://www.musashimaru.net/diaryblog/


大変厳しい「お言葉」ですが、専門家の意見として
説得力があり非常に感心させられるものがありました。

こういう言葉、カロヤンの耳に入るといいのですが・・・026.gif
[PR]
魁皇に寄り切りで負け050.gif

勝って白星を二桁にして今場所を終えてほしかったです。

きょうは魁皇の1000勝がかかっていたので、
そういったプレッシャーはあったでしょう。

懸賞金も多かったので残念でした。
(私の84歳の母が「もらえなくて可哀想だった」と
言っておりました。)

立合いが遅れましたね、魁皇といえどもカロヤンよりは小さいので
中に入られる形になり、最後はカロヤンの腰、伸びちゃいました。

きょうは魁皇も注目の人物として
引き技で勝つわけにはいかなかったと思います。

だからこそ、カロヤンももっと思い切って向かっていけたはずなのに・・・。

昨日の厳しい立合いを持ってすればイケたはず。
この「バラつき」が彼の大きな課題です。

最近私が応援していた栃煌山、
千秋楽に勝ち越しがかかっていたので緊張したのでしょうね、
立合いが遅れました。
で、残念ながら、負け越し。
悔しそうでした。

こうやって相撲をいろいろ見ていると、親方衆がよく言う
「相撲は心が出る」「立合いが大事」
ということが「なるほど」と分かってきます。

きょうのカロヤンと栃煌山の失敗も、
立合いの失敗が原因でしたし、
その立合いの失敗の原因は「心」だったと思います。

一方・・・

琴光喜がバルトを上手い相撲で破りました。
スキャンダルの真偽は私には分かりませんが、
素晴らしい相撲だったので思わず拍手を送ってしまいました。

ハルマも白鵬相手に奮闘しましたが、結局白鵬が全勝優勝。

で、ハルマの力が及ばなかったところを見届けて、
私は画像を消してしまった次第です。


ここでちょっと・・・
私は白鵬が強いことは認めますが、どうしても好きになれないので、
やはり批判的になる傾向はあることを前置きして・・・

実は、白鵬の投げ方が気になっています。
昨日のカロヤンの時もきょうのハルマの時も、
投げつけるような投げ方をしていました。

人間の体をああいう風にゴミを捨てるみたいに
投げつけるのは絶対やめてもらいたい!

あれは朝青龍がよくやったダメ押しと同じではありませんか?

ああいうのを見ると「モンゴル相撲」の下地を感じてしまいます。

と、今朝相撲を一緒に見ていた夫に話すと、
相撲の外国化を許したのがそもそもの間違い、
みたいな意見をとうとうと述べられてしまいました。


話は飛びますが・・・

昨晩サッカー欧州チャンピオンズリーグ決勝がマドリッドであり、
ドイツのバイエルン・ミュンヘンがイタリアのインター・マイランドに
0:2で負けました。
その時知って驚いたのがインター・マイランドのレギュラー選手には
イタリア人が一人しかいなんだそうです005.gif
でも、もちろんミラノでは、地元クラブの勝利に湧いていました~
[PR]
善戦した049.gifと思いますが・・・

残念でした050.gif

最後は横綱と大関の差が出ました。

しかし、大関にふさわしい立派な相撲でした。

ああいう力の入った相撲を15日間見せてくれれば、
勝敗にかかわらず文句ないんですけれど・・・・

白鵬の探究心を十分学んで、
さらに白鵬以上に稽古をすれば、
追いつけると確信します。

白鵬は自分より上がないだけかえって厳しい状況になるのかも。
苦労を思い出して泣いている場合じゃないでしょう
(朝青龍引退ニュースを聞いた時に流した涙の理由)。

「油断と慢心」が敵、というのはいつか大鵬親方が朝青龍に
関して言っていた言葉でした。

ま、白鵬のことはともかく・・・

それより、カロヤン!

本当に持っている素質をもっともっと伸ばしてほしいです。

前にも言いましたが、場所が終わったら
もう「すぐ」来場所に焦点を当てるべき。


きょうはその他の取り組みを見ることができませんでした。

星的にはキセノン、琴光喜、魁皇が勝ち越しを決め、
このところ私が注目している栃煌山も五分でまだ頑張っています。

オッと、カロヤンとバルトを見事な相撲で破った鶴竜が負け越し、
大関4連覇の栃ノ心がまだ五分・・・

白鵬がダントツで全体に星が割れたという感じでしょうか?

バルトがきょう10勝目を上げました・・・どんな相撲内容だったんでしょう?


カロヤンも明日の千秋楽で星を二桁にすることが求められます。
[PR]
ハルマを圧倒して寄り切りで勝ちました049.gif

う~ん、強かったなあ005.gif


今場所も一喜一憂の毎日でした008.gif

過去形で語るのは白鵬の優勝がきょう決まっちゃったからです。
横綱、おめでとうございます。

奇跡は起こらず、琴光喜が負けてしまいました。

立合いはすごい勢いで白鵬も一瞬下がったくらいでしたから、
気合いは入っていたと思いますが、横綱の下半身の安定感は
それでもくずれなかった、凄すぎました。

きょう決まってしまったので面白くない展開になりました。

あとは白鵬の連勝を誰がいつ止めるか、ということが
一般的には関心事になるでしょうね。

私にとってはそんなことどうでもいいことですが・・・

とにかくカロヤンにきょうのような強い相撲を見せてほしいだけです。

気持ちさえ強く持てば滅多なことでは負けないはず。

さて、例の勇み足の栃煌山、きょうもよかったです。
本来、私は全然、彼のファンじゃないんですが、
「あれ」以来感心させられています。

北太樹の変化にもあわてなかった。
7敗の崖っぷちなのに落ち着いていた。

北太樹は昨日の栃煌山の豊ノ島戦を見て
あの勢いでくれば変化すればひっかかる、と見たのでは?
でも相手をよく見ていました。
思わず拍手してしまった私です001.gif

こうやって観客というのは、いい相撲に拍手を送るんですよね。
観客の反応はフェアなものです。

打って変わって・・・

バルトにはブーイングを送りたい気持ちになりました。

いくらお疲れ気味だからって、日本人力士のホープであるキセノン戦に
あんな最初から考えていたような見え見えの変化をするのは
安易すぎませんか?

懸賞もたくさんついていたし、自分の方が上なんだし、
キセノンは7勝で勝ち越しがかかっていたんだし・・・

あれでは人気にも陰りがかかるのでは?
と思いました。

こんなところがきょうの感想です。
[PR]
書きますが、きょうもガッカリさせられました。

白馬に寄り切りで負け050.gif

白馬は今場所好調、また初顔合わせでした。
とはいえ西前頭5枚目の下位力士にいとも簡単に負けるとは025.gif

平幕力士にとっては大関は本当に大きい存在です。
白馬はいろいろな事を考えてどうやったら負かすことができるか、
あの手この手を「楽しみ」に考えて向かっていったことでしょう。

それを琴欧洲は、「初顔合わせだからどうなるか分からない」
(北太樹の時に言っていた)と準備なしだったのではないかな?

少なくとも私にはそのように見えました。

研究不足、思慮不足、集中力不足、そしてやはり稽古不足、
としか言いようがない022.gif

琴光喜もスキャンダルで精神的に何かあったのかもしれませんが、
すぐ引いちゃって弱かったですね002.gif

それに比べて昨日勇み足の栃煌山、
豊ノ島にものすごい勢いでぶつかっていきました005.gif
最後土俵際で昨日の事を気にするようにちょっとブレーキ、
学んでいますね、しっかり049.gif

それからバルト、白鵬との期待の一番でしたが、
あんな弱いバルトを見たことがない、というくらい
弱かった。

集中力の糸が切れた、そしてやはりまだまだ実力が今一つ・・・

カロヤンは白星をなんとしても二桁にして、
優勝とは無関係でも白鵬との一番に力強く挑むことが
大関としての責務です。

ま、きょうは本当に書くに及ばない一番でしたが、
とりあえずエントリーしてみました。

最後に・・・
がんばれ、カロヤン066.gif
[PR]
栃煌山が勇み足で負けました。

変な書き方ですが、まあそういうことです。

カロヤンにとっては白星には違いありませんが、
昨日と「天と地の差」のよくない相撲でした。

時事ドットコムによると:

・・・拾った白星で勝ち越した琴欧洲も「うれしくない。みっともない。もっといい相撲が取りたかった」。それぞれ反省ばかりの一番となった。

ということで、本人が反省していることが分かってちょっとホッ。

栃煌山といえばすぐに双差しを気をつけろ!って
私だって知っているのに、その双差しになられちゃって、
どんどん下がって策のない相撲でした。

昨日とのこの差はいったいなんなんでしょうねぇ。

大関に上がる前のインタビューで、
「今度はどんな手で相手を負かそうか考えるのが楽しみ」
と言っていたカロヤン。

大関に上がってからはそういう楽しみにしている様子の相撲が
あまりないように思います。

昨日は久しぶりに、「この手でいこう」みたいな楽しみにしていた
相撲だったんじゃないかな?
単に想像ですけど。

でもそういう時は強いですよねぇ。

きょうのように策のない相撲というか、何がしたいのか
分からないみたいな相撲の時は、内容がよくないです。


ここで突然話題変わって・・・

もうすぐW杯開催ですが、ドイツでは大変なことになっています。

昨秋GKナンバー1のエンケ選手が亡くなった後、
アードラー選手がGKナンバー1だったんですけど、
肋骨骨折で回復がW杯に間に合わず不出場。

さらに、今週月曜日に明らかになったのですが、
キャプテンで現在ドイツ唯一の世界クラスの選手MFバラックが
土曜日のイギリスでの試合でファウルにあって足を負傷。
全治8週間ということで、これもW杯に間に合わず不出場になったのです。

ショックが隠せないレーヴ監督は一応「大丈夫」と言っていますが、
若手ばかりのチームでW杯の大舞台、本当に大丈夫なのでしょうか?

ちなみに、お相撲が終わったら、私の興味はW杯の方に移る予定(笑)。
[PR]