日本からのゲストとウルムで落ち合って、
大聖堂広場で行われているクリスマス市など、見てきました。
d0116376_723364.jpg

もちろん大聖堂の760余段の階段も上る意気込みだったのですが、
折から雪が降っていて足元が危険なので、地上70m(全高の約半分)
の地点までしか上れませんでした。
d0116376_7233412.jpg

70mの高さから手を出して下のクリスマス市のテントの波を写してみました。
d0116376_7234951.jpg

雪に覆われたウルムの町。
d0116376_724992.jpg

大聖堂の横側。
d0116376_7242023.jpg


「東京から来るとやはり信じられない寒さ」ということでした045.gif
[PR]
白鵬には上手投げで負け050.gif

バルト戦のときと同じパターンだったように思います。

白鵬が前に出るのを必死に抑える力を利用されて投げられた。

仕切りの時から緊張している様子が見えました。

状況から言えば、白鵬の方が絶対に落とせない一番だったので、
緊張してもおかしくなかったはずですが・・・。

カロヤンも不振からの脱却と大関としての責任を果たすために、
絶対「勝ちたかった」のだと思います。

でもこの「勝ちたい」という気持ちはどうなのでしょうね?

誰でも勝ちたいのは同じで、実が伴わないこの気持ちが
勝ちを焦って自ら負けにいってしまう相撲を取らせるのではないでしょうか?

きょうの場合は勝ちを焦る間もないアッという間の一番でしたけれど、
再び勉強不足を感じさせられました。

同じ失敗を繰り返さないようにしなくては025.gif

今年最後の相撲で、「これだ!」というものを掴めればよかったですが、
考えようによっては、「こんなんじゃだめだ!」という実感も
長い目で見れば悪くないかもしれない、
と私は思います。

結局また白鵬が優勝しました。
おめでとうございます。

しかし、九州が地元の魁皇もすごかったし、豊ノ島もすごかったですねぇ。
いつもとはちょっと変わった場所でしたね。

特に豊ノ島は上位との対戦が遅すぎたという意見もあるようですが、
きょうのキセノン(彼もよく頑張りました!)戦の時も堂々としていましたし、
もう「勝ちたい」じゃなく、「絶対勝つ!」という気持ちが強く出ていました。

この「絶対勝つ!」という強い気持ちはまるでオーラですね。
横綱にもいつもこのオーラを私は感じます。

2年前の夏場所にカロヤンが優勝した時も
このオーラが出ていました。

不思議ですけれど、このオーラは運も呼ぶっていう気がします。

この不思議の世界を知るためにも、カロヤンには、場所後、
山にでもこもって是非精神修養することをおすすめしたい。

ところで、最初調子がよかった豊真将がきょうアミにやられて負け越しましたね。
なんか残念・・・。

琴欧洲のファンとしては苦しい場所でした008.gif

いつもの前半好調・後半失速パターンとは違いましたが、
中盤で連勝して勝ち越しを決めたものの、最後は4連敗ですから・・・

優勝争いから仲間はずれにされたような格好でした。

でも、なんといっても大器ですから。
私は応援を諦めません017.gif

カロヤン、しっかり勉強してね!
[PR]
ああダメでしたねぇ・・・050.gif

決まり手は掬い投げでしたが、勝ちに焦って前に出ていったのが
敗因という点では、鶴竜戦の時と同じパターンでした。

再び自分から負けにいったようなものでした。

カロヤンは魁皇との大関戦を外されたというだけでも
東の筆頭大関としてはちょっと恥ずかしいのに、
この後におよんで平幕に負けてしまうとは・・・
言葉もありません・・・025.gif

その前に豊ノ島の、魁皇を持ってしても絶対に下がらず、
さらに力と闘志が加わった、どっしりした相撲を見た後だったので、
カロヤンの前に出ていく足取りが余計フワフワと軽く見えました。

私のような素人でもいろいろと見ているとそんなことが
分かってくるのですから、カロヤンももっと他の力士の相撲を見て
研究した方がいいんじゃないかと思います。

しかし、千秋楽はやっぱり結びの一番で横綱に当てられました。

きょうの横綱はバルトに対してすごかったと思います。
組んだ時、体の大きさ、太さから言ってバルトにもチャンスがあるかと
チラッと思いましたが、休みなく攻めていった。
最後はバルトは諦めるように寄り切られました。

ということで、連勝記録が途切れた後で、時々危ないシーンも
見えた横綱ですが、優勝を目前にして、かなりの集中力を
取り戻している模様です。

琴欧洲が勝つチャンスは少なそう。
ま、きょうから明日にかけて変身すれば別ですが。

豊ノ島はキセノンと当たるようですね。
まだ、この好カードが残っていましたか!

キセノンは二桁勝利を飾っているし、
白鵬を破ったし、ここで豊ノ島を破れば、
大ヒーローですね!

カロヤンも最後に奇跡の勝利を上げて
せめて小ヒーローになることを願っています。
[PR]
琴欧洲はバルトに上手投げで負け050.gif

観客はもっと大きな力相撲を期待していたと思いますが、
あっけなく勝負が決まったのでがっかりしたことでしょう。

優勝のチャンスがまだ残っているバルトは昨日2敗に後退したので、
絶対に負けられない一番だと思っていたはず。

カロヤンはまたボケ役になってしまいました。

何が起こったのか詳しくはほとんど一瞬だったので
リプレーを見ることができない私はよく説明できません。

でも、上手投げ、と言っても、立合い思い切って出た
カロヤンを、左上手が取れたバルトが、勢いを利用して、
そのまま投げた、という感じだったと思います。

警戒心、なかったのかなあ?
「頑張らなくちゃ」と存在感を示すことに「焦っている」カロヤンの
気持ちを利用されているっていう感じがします。

バルトにも立合い直後に引き落としとか叩き込みとか
結構やられているのに・・・。

さて、明日と明後日勝たなければ、二桁勝利はあり得なくなりました。

それをどのくらいカロヤンが欲するか、というところが別れ道でしょうね。

カロヤンにもまだいいパフォーマンスを見せるチャンスはあります047.gif
[PR]
きょうの取り組みは見られませんでした。

朝早く(時差があるので大相撲はこちらでは午前中)から
ちょっと買い物に出ており、帰宅してストリーミングを
立ち上げようとしたのですが、アクセス多数で映りませんでした。

琴欧洲は鶴竜に突き落としで負け050.gif

どんな取り組みだったのでしょう?

しかし、ここで負けてはいけませんでしたね015.gif

優勝なんてとんでもないけど、大関の面子というものがあるでしょう。
これでは勝ち越ししたからといって気が抜けたと思われても仕方ない・・・。

そういえば、昨日ファンとしての望みの中に
苦手を作らない、とか、克服してほしい、
とかいう項が抜けていました021.gif

それが原因?なわけないか(笑)

野球賭博で下がっていた豊ノ島は幕内の下位で星を延ばしていましたが、
きょう本来苦手のバルトに勝って、本当に実力があるところを示しました。

こういうパフォーマンスが大事。

それに引き換え、カロヤンは今場所も脇役のままで終わってしまうのか・・・

せいぜいあと3日、まだ残っている私の望みをかなえてほしいなぁ。
[PR]
d0116376_22485389.jpg

きょうは私の住んでいる町でもうクリスマスツリーを立てていました。
まあ、「もう」ではないですね。
今度の日曜日はアドベント(待降節)の第一日曜日ですから。
高さは10mくらいあるでしょうか・・・市の職員がクレーン車から
ライトアップのランプのコードをツリーにかけていました072.gif

さて、琴欧洲ですが、6連勝で11日目に勝ち越しましたね!

トチオウザンにいなされて、アッ!と思いましたが、
トチオウザン、あと一歩が出ず、カロヤンが落ち着いて寄り切りました049.gif

カロヤン勝ち越しで私はうれしいですが、
トチオウザンがなんと負け越しそう、というのも不思議。
成長株には違いないんですけどねぇ。
やはり、一歩下がって二歩進む、を繰り返して本当の実力をつけていくんでしょう。

魁皇が負けて当然みたいな相撲で運よく勝っちゃって、
「運を呼ぶ」ってあるんですね。
足を滑らせた豪風が気の毒でした。

カロヤン本人も「優勝するには3敗は厳しい」と言っているらしいです。
そうですね、2敗はいなくなったけど、1敗が4人いますから。

はっきり言って、11日目で3敗しているというのは、
優勝云々状態ではありません。

034.gifそんなことより、
連敗してから7連勝して勝ち越しを決めた集中力を持続することが大事。

ファンとして望むことはたくさんあるんです:

- 二桁は勝ってほしい。
- バルトには絶対に勝ってほしい。
- 魁皇に勝てないでどうすんの?
- 白鵬に勝てればヒーローになれる。

やっぱりちょっと望みすぎかしらん?


でも、きっとできる047.gif
[PR]
昨日の豪風戦は見損なってしまいました。
それでアップ記事が書けませんでした040.gif

You Tube にいつも映像をアップしてくださる
Jasonsinjapan さんのアップもまだなので、
結局見られないままで、残念。

豪快な上手投げで勝ったようですね049.gif

で、今日は同じ尾車部屋の嘉風が対戦相手でした。
昨日に引き続き小兵相手。
初場所でしたか、この尾車部屋の風コンビには続けて負けたんでしたっけ。

でも、今日は右上手は取れなかったけれど左を差して「前に出た」。
これがよかったですね049.gif

積極的な相撲が続いています001.gif

他の注目力士ですが・・・

菊ちゃんが好調の豊真将をがぶって破ったのを見て、
「なんだ、やればできるじゃないか」って思いました。

キセノンはまたまた強かったですね!

鶴竜の変化にバルトが慌てなかったのは賞賛に値します。
が、個人的にはバルトをあまり買っていない私です。

上記の You Tube にアップしてくださる Jasonsinjapan さんは
日本在住のアメリカの方ですが、バルトをすごく買っているみたいで、
来年あたり上に行くだろうとビデオの中でおっしゃっていますが・・・。

あと栃煌山がちょっと可哀相でした。

このところ「立合いが悪い」と反省していたみたいなので、
きっときょうの魁皇戦では「思い切っていこう!」と思ったのでしょう。

その勢いを逆手にとられて、魁皇にあっけなく叩きこまれてしまいましたぁ。
これで大関昇進候補になる条件の二桁勝利がダメになりました。
でも、力をつけてきたのは本当だからまた頑張ればいいじゃない?

それから、白鵬は豪風にまたちょっと手こずったようです。

白鵬って負けたり危なかったりすると、苦笑いするけれど
(以前は舌を出したりもしていたけど)、あれって何なんでしょうね。

多分仕切りとか取り組みの時とかは、自分でイメージトレーニング
しているんじゃないかなと私は思います。

つまり、「自分は横綱なんだ!」と故意に自分を精神の高みに置いている
のではないでしょうか?

そうすることって自信を持って戦うために大事なことなんだと思いますね。

で、負けるとその一種の「演技」から覚める、というか、
言葉は悪いけど、「本性が出る」んでしょうね、きっと。

などとお相撲をいろいろ観察していると、
(自分は特にスポーツウーマンでもないのですけれど)
いろいろと人間の心理が伺えて面白いです045.gif

余談ですが・・・

オニオンさんに文芸春秋掲載の琴光喜のインタビューを
教えてもらったので、それを姉が読んだそうです。
姉もオニオンさんと同じ感想を持ったそうです。
「彼の甘さにガッカリさせられた」と言っておりました。
[PR]
d0116376_2204815.jpg

こちらは大分寒くなってきましたが、昨日はこういったまあまあのお天気でした006.gif

さて、琴欧洲、きょうは栃ノ心を上手投げ~049.gif

名古屋場所でしたか、栃ノ心に持ち上げられて力負けしたことありましたよね?

きょうはしっかりがっぷりと組み、しっかりと勝ちました。

勝ち方がよかったなあ038.gif

相撲の取り方がまるで(自分に?)怒っているような取り方になってきた。
いいぞ、その調子、と思わず声をかけたくなりました。

その他、魁皇がすごかったですね。
豊真将を小手投げで破った姿、
満身創痍の人にはとても見えなかった。

カロヤンがもう3敗していることもあり、
私としては優勝争いの関心は薄れてきているのですが、
今場所はいつになく他の力士の相撲内容にも
興味をそそられています。

本格的な相撲ファンになりつつあるのかも(笑)。
[PR]
白馬に寄り切りで勝ち049.gif

先場所、白馬には変化でやられたので、
今度は絶対に負けない!
という闘志が感じられました066.gif

捕まえて、絶対に放さず、
どしどし追って前に出ていきました。

ああいう時は、勢い余って・・・と、
土俵際が心配になっちゃうんだけど、
最後まで大丈夫でした。

一度変化にはまって敗れると怖くなるものらしいですが、
そういう不安を闘志で克服することがカロヤンにもできる
ことが分かってちょっと安心しました。

アミ戦の時もきょうみたいな闘志を持って
向かえば全く問題にならないと思うんですけどねぇ。

きょうは、ちらちらと見ていただけだったので見逃してしまいましたが、
キセノンも巧者の鶴竜に寄り切りで勝ったみたいですね。
勢い止まらず、っていう感じ。

トチオウザンは大関取り候補として期待がかかっていましたが、
3敗になってしまいました(あっ、3敗ってカロヤンと同じか・・・)。
彼は負けるといつも悔しそうな顔をしますね。
努力している証拠じゃないかな?
きょうのバルト戦、勝たせてあげたかった。

魁皇も1敗ですし、今場所はちょっといつもと変わった展開になっています。
[PR]
きょうは北大樹を寄せ付けず力強く寄り倒しで破りました049.gif

確か北大樹にも負けたこと、ありましたよね?

やっぱり気持ちの持ちようだと思います。

おれは大関だ、必ず勝つ!
という気概でいけば、持ち前の強さが出るはずですよ。

ところで、キセノン、すごいですよね。
成長株で技能派のトチオウザンも破っちゃった。

自分を信じて最後まで諦めない・・・
まるでF1のフェッテルみたいだぁ005.gif

今ちょっと仕事に追われているのできょうの記事は短いですが、

きょう母(85歳)に電話したら、(きょうは大相撲放送を見損なったそうで)、

母:「ちょっとちょっと琴欧洲どうだった?」

私:「勝ったわよ」

母:「よかった」

と言っておりました。

応援しているんですよ、お年寄りも。

頑張ってほしいですね!
[PR]