稀勢の里に寄り切りで負け050.gif

一昨日の白鵬を破る快挙の後、2連敗となり、
興覚めというかなんというか、いやはや残念なことです。

ファンとしては一昨日白鵬に勝ったことに喜びすぎた感ありです012.gif

しかし、もはや優勝争いには関係なかったけれど、
昨日と今日は来場所に向けて、「本人にとって」大事な2番だった
と私は思うんですよね・・・

きょうの取り組みを見ると、右の下手が取れそうだったのに、
すぐに巻き返されてしまって、相手にしっかり回しを取られ、
がぶり寄りで寄り切られてしまいました。

集中力にかけていた?

それに比べて、菊ちゃんの方は、きょうは集中していましたねぇ049.gif
ギリギリになってしまいましたが、勝ち越せてよかったです。

大関・横綱ともなると、集中力が勝敗を左右するという感じがします。

今場所ははじめ調子のよかった琴欧洲でしたが、
結局10勝止まりでした。

一応二桁ですけれど、本来もっと成績がよくてもいいはずの力士です。
今場所一応手ごたえはあったと思うので、
さらに調子を上げてほしいですね。

とりあえず、お相撲さんたち、お疲れ様でした040.gif
[PR]
きょうはよかったですねぇ038.gif

いい相撲が見られました049.gif

優勝争いを面白くするためには、
全然貢献しませんでしたけどね037.gif

横綱白鵬に寄り切りで勝ち049.gif

最初から左上手をサッと取って、休まず攻めました。
完勝でしたね066.gif

そうそう忘れるところでした。
バルトの優勝が決まったんでした。

一応、おめでとうございます040.gif
でも、昨日の稀勢の里戦はいただけませんでしたよ。

特に、その後、まったく悪びれることもなく、
ホクホクと花道を下がっていくところが
テレビに映っちゃって、あれで、なんかバルトの
人と成りが見えちゃった感じがしました。

あの時、琴欧洲のファンでよかった、と思ったものです。

で、そのご贔屓がきょうの相撲ですから、ファンとしては
笑いが止まらないくらい嬉しかったですね。

先場所まで、正直なところ、
「弱くなっちゃったなあ」と感じることまであったのですから、
きょうの相撲は夢みたいでした043.gif

時事ドットコムにはなんか私のいつも言っていることが載っていました:

無心の琴欧洲=大相撲初場所13日目

休まず攻めた琴欧洲が2009年夏場所以来となる白鵬撃破。この白星で把瑠都の初優勝が決まったが「全然、意識はなかった。今、初めて知ったよ」と無心を強調した。
 踏み出してすぐに左上手を引くと、投げで崩して前進。最後は土俵下まで一緒に転落するほど懸命の寄りを見せ、「長い相撲になると、横綱がうまく自分の形にして何もできなくなる。先に攻めようと思った」と満足そうだった。

(www.jiji.com)


ひょっとしてこのブログ、読んでいるのかも?
あり得ないか041.gif

そんなことはどうでもいいですが、
きょうの相撲がカロヤン自身にとって
一つの転機になるといいと思います。

あと2日、続けていい相撲を見せてほしいですね001.gif
[PR]
鶴竜に下手投げで負け050.gif

最初、昨日の白鵬対鶴竜戦と似た展開になりましたね。

カロヤンは(再び)攻めを急いで前に出た。
この時、腰が完全に伸びちゃっていました021.gif

もっと下からドシドシ押しながら前に出ていかないと、
前に出る意味ないでしょ022.gif

あやうく白鵬のように振り回されるところでした。

ま、それは避けられたものの、もっとひどいことには、
実にうまい下手投げで大きい身体を簡単に(そう見えました)
ころがされてしまった008.gif

大関の顔丸つぶれの取り組み002.gif

研究不足ですね。
少なくとも、鶴竜に比べて、カロヤンは明らかに研究不足です。

テレビ放送もカロヤンと鶴竜の取り組みなのにも関わらず、
把瑠都や稀勢の里や白鵬を映したりしていましたし、
きょうの負けでカロヤンの存在感はますます薄くなりました。

あと4日間の取り組みをどう見せるか、
白鵬戦、把瑠都戦、稀勢の里戦で、大相撲を盛り上げるのに
少しでも貢献できればいいのですが・・・

鶴竜が昨日白鵬に「無心で向かっていった」と言っていましたが、
カロヤンもそれくらい初心に戻ることが必要なのではないでしょうか?
[PR]
鶴竜、凄かったですね005.gif

横綱に一瞬の隙も許さない速い攻め。

少し下がった時に横綱がちょっと引っ張られて、
その瞬間に鶴竜は右上手をがっしり取りました。

そしてその右上手で「あの」横綱を振り回した066.gif
結果、寄り切り~049.gif

相撲巧者です。

などと鶴竜の話ばかりになってしまいましたが、
11日目、琴欧洲の対戦相手はその鶴竜です。

手ごわい相手だなあ・・・

毎回鶴竜は何とか速い相撲を取って、
琴欧洲に回しを取らせない作戦ですが、
それがこのところいつも成功しています。

つまり、琴欧洲が負けています025.gif

でも、そこまで鶴竜の作戦が私にも分かっているのですから、
そこはプロ、そこは大関、やりたい放題にさせない方法が
あるでしょ034.gif

昨日大関対戦でハルマに負けたのはガックリでした。
それも豊真将戦と同じく、いなされて土俵の外に飛び出してしまった。

きょうの横綱もそうでしたが、「翻弄されたら駄目」ですよね。
舵は自分の方で取らなくては・・・

等々、優勝争いに残るにはこれ以上は負けられません。

今場所後半、上位陣の星の削り合いが壮絶になってきました。

理事長はきっと喜んでいるでしょう。

このレースに琴欧洲も最後まで残って
存在感を示してほしいものです。
[PR]
d0116376_24424.jpg

きょうは素晴らしいお天気の日曜日だったので、
裏山の山登りに行ってきました070.gif

頂上にある山小屋で手作りケーキとコーヒーで休憩、
南ドイツの田舎町に住んでいることが嬉しく思える
数少ない至福の時です(笑)

実は、昨日リコーダーアンサンブルのコンサートだったので、
先週は月から土まで毎晩練習に通い、大変でした。

で、そのコンサート、自分たちでも驚くほどの大成功に
終わり、きょうは本当にゆったりした気分を楽しみました。

もう一つ嬉しいことは、琴欧洲が豊ノ島に勝ったこと049.gif

最初豊ノ島のきつい当たりで琴欧洲が泳いでしまったので、
ハッとしましたが、さっと向き直し、下手をしっかり取って下手投げ。

危なかったと言えば、危なかったけれど、
泳いだのに慌てなかったのは立派。

しぶとい豊ノ島を下手投げで負かしたのは自信につながったと思います。

一昨日の相撲内容がよくなかったし、昨日は優位に立ちながら、
突き手が外れていなされて押し出されてしまった。

そしてきょう難敵が対戦相手、ということで難しい局面でしたが、
克服できてよかったです。

それもきょうはなかなか堂々とした相撲だったと思います。
豊ノ島の顔をを突いた手の威力はかなりのものでした。

時事ドットコムによると

「前日の初黒星は引きずらず。後半戦に向け「(星数を)気にしないで、最後まで自分の相撲を取る」と気持ち新た。


だったそうです001.gif

いい心がけです049.gif
[PR]
内容はよくなかったですね。

でも勝ちは勝ちなので049.gif

対戦相手は若荒雄、決まり手は叩き込みでした。

昨日、隠岐の海に力強く寄り切りで勝って、
ニュースで「すぐに引く悪い癖も影を潜めた」
って読んだばかりだったので、ちょっとガッカリ。

最初当たって前に出て、寄っていったのはよかったですが、
もう一つ威力がなかった。

腰が高すぎたせいだと思います。

で、相手に押されて下がった、
そして強引な叩き込み。

これまでもこういった取組みがありましたが、
たいてい琴欧洲は大きいですし、土俵の外に足が出てしまって、
負けることが多かったです。

苦し紛れというか際どいというか、
危ないですよね、こういうのは。
物言いになることもあるし・・・。

ま、今場所は何か運がいいのでしょうか、
きょうははっきり若荒雄が土俵に倒れる方が早かった。

でも、もっと気持ちを強く持って、引かないことを心がけるべきですね。

きょうはバルトも引き技で勝ちましたが、
あちらは何かどっしりとしているというか、
もっと地に足が付いている感じがしました。

大関が頑張っているので面白い場所と言われていますが、
このまま面白さが続く場所になるといいですね006.gif
[PR]
いや、力強かったですね、きょう豪栄道を突いたあの腕は・・・

立合いが素晴らしかった。

土俵際で勢い余ってうっかり出るなんてこともなく、
ちゃんと右腕で相手を横に突いていました。

で、突き倒しで4日目にして4勝目049.gif

きょうはNHKのニュースでも取組みが見られましたぁ038.gif

ま、4連勝したからって取り上げられるというのも変です。
白鵬他、2名の大関も並んでいるのですから。

それだけ意外性がある037.gif

でも、期待感が膨らみますよね、ファンじゃなくても、多分。

琴欧洲が優勝争いに絡むと絡まないでは
大相撲の面白さが違ってきますから。

先場所の千秋楽の後のブログ更新で
確か「もっと頑張らないといけない」って
書いてあったと思います。

いよいよ目付きが違ってきたかなあ、なんて・・・
期待したいです001.gif
[PR]
大関なのでこんなことが話題になるのもおかしい話ですが
7場所ぶりなんだそうです。

雅山に押し出しで勝ち049.gif

激しい突っ張り合いでしたね。

今場所は回しに拘らずに勝つことを目指しているのかも。

対戦相手は皆「回しを取られたら終わり」と考えているでしょうから、
最近はなかなか取らせてもらえないことが多くなっていて、
それでそういう稽古をしているのでしょうね、きっと。

この2日その成果が表れているようです。

身体を離したままでも十分攻めている。

まずまずの取り組みです。

そういえば、暮れ恒例の佐渡ヶ嶽部屋のお餅つきに行ってきた
友人から盛りだくさんの写真が届きました001.gif

佐渡ヶ嶽部屋も琴光喜がやめ、琴春日がやめ、さみしくなったと
思いましたが、現在大関2人、十両1人を抱え、
再び楽しみな部屋になってきました。

お餅つきもなかなかいい雰囲気の中で
行われている様子が写真から伝わってきました。

今場所、いい結果を期待したいですね!
[PR]
琴欧洲は安美錦に押し出しで勝ち049.gif

一年の最初の取り組みでアミと当たるのは
きっといい気持ちではなかったでしょう。

そのわりにはブログの昨日更新でリラックスした
顔の写真が掲載されていました。

取組み後にも「意外と緊張しない」と言ったとか・・・

マインドコントロールが効を奏したのか・・・

まずまずの出来で白星を飾ることができたので、
ファンとしてはこれからに期待してしまいます038.gif

You Tubeで実際に国技館で撮影したビデオを観ましたが、
テレビ放送の画面よりずっと迫力を感じました。

琴欧洲はかなりの力でアミを突っ張っていたんだなぁ・・・
それもすごいスピード。
改めて相撲って激しいスポーツなんだと実感。

きょうは苦手意識、すっかり克服していたと思います。
そうでなければあんなに強く前に出ていくこと
できなかったと思います。

納得です066.gif049.gif
[PR]
クリスマス前から年明けの現在に至るまで
ドイツの大統領が苦境に立たされています。

日本でもとうとう今日記事が出ました:

ドイツのウルフ大統領(52)が北部ニーダーザクセン州首相時代の08年、地元の実業家側から自宅購入資金として、銀行より低い金利で50万ユーロ(約5000万円)の融資を受けていた事実が発覚し、窮地に立たされている。個人間の貸し付けのため違法性はないとされるが、ウルフ氏は以前にこの実業家との金銭のやり取りを否定していた。このため道義的責任を問う声が強まり、野党からは辞任要求も出始めている。

 独メディアによると、ウルフ氏は08年に実業家の妻から融資を受けた。その後、実業家が所有する米国の別荘で休暇を過ごすなど親密な関係が判明したため州議会で追及されたが、「ただの友人で金銭のやり取りはない」と説明していた。だが先月、大衆紙ビルトの報道で融資の事実が発覚し、ウルフ氏は「説明は正確ではなかった」と謝罪。この報道直前、ビルト紙幹部に報道をやめるよう電話をかけていた事実も判明し、ジャーナリスト団体や野党が「言論の自由への圧力」と非難していた。

(http://mainichi.jp/select/world/news/20120105dde007030032000c.html)

このウルフ大統領、先日私のドイツフェスティバルについての記事
にも登場しました。

ドイツ大統領は政治的実権はありません。

国を代表する立場にあるという意味では
日本の皇室の立場と類似しています。

しかし、大きな違いは「持って生まれる」のではなく、
「(議会によって)選ばれる」つまり「なる」立場であることです。

ましてウルフ大統領は政治家だったのですから、
利害関係を引きづる職業だった人です。
皇室の方々との違いは明白です。

で、昨晩とうとうウルフ大統領はテレビインタビューに答えて
一連の問題について釈明しました。

法に触れるようなことは一切していない、
電話については、記事の掲載をしないように
ではなく、1日延ばすように話しただけだったが、
あれは自分の過ちだった、
人間は誰でも間違いを犯すもの、
深く陳謝したい。
過ちから学ぶことが大事だと思う。
公的立場にあるといっても大統領にも私的生活が
あることを分かってほしい。
大統領としての5年の任期を全うし、
立派な大統領だったと言われるよう努力したい。

といったところが主な内容でした。

全体的に自分はメディアの犠牲者だと
言いたげな回答の仕方でしたね。

メディアが公的な人の「立場」に直接関係ない
私的なことをほじくり出すのは確かに良くないことです022.gif

しかし!

電話に関しては(これは留守番電話だったそうですが)
電話を受けた方は、1日延ばしてほしい、ではなく、
記事の掲載をしないでほしい、という内容だった
という主張を変えておらず、今度はそのテープを公開する
という話にエスカレートしています。

また、大統領の言葉には私の常識感覚とは違うことも
いくつかありました。

1) 友人からお金を借りられないような国はおかしい国だ。

とか、

2) 長年の友人の家に無料で宿泊し、一緒に料理をして、
楽しく休暇を過ごしたことがいけないことなのか?

という言動です。

1) は、私だったら、友人から5千万円を借りるなんて、
たとえ金利を払っても、友人だからこそ絶対にしたくないことです。

2) は、普通だったらそうですけど、政治家なら、また、
公的立場を代表する人なら、たとえ長年の友人とのつきあいでも
神経質過ぎるほどに気をつけて公私の区別をつけるべき。

このまま大統領の職を守れるかどうか、興味津々。

インターネットや政治風刺の世界でも
ウルフ大統領は嘲笑される対象になってしまっています。

ドイツの大統領は尊敬される存在でなければならないという
意識が国民にはありますが、その大統領がこんなことになって
しまってこれでいいのかなあ、と心配になっている私です025.gif
[PR]