d0116376_2337329.jpg

(3月20日新幹線の中から撮影)

11日目にバルトを破った捨て身の相撲は素晴らしく、
後に続く白鵬戦と鶴竜戦ではキーマンになるのでは、
という期待が膨らみました。

確かに両取組み、それなりに力の入ったものになりましたが、
結果は負け、やっぱりキーマンにはなれませんでした021.gif

間にあった阿覧戦でようやく勝ち越しを決め、ホッ。

でも、きょうの千秋楽の相撲はいったいなんだったのでしょう025.gif

ハルマに豪快な上手投げで投げられてしまいました007.gif

5大関の中で最低の成績です。

しかも、今場所素晴らしい相撲を見せてくれた鶴竜の大関昇進が
内定し、来場所からは6大関となり、琴欧洲はその最古参となります。

う~ん、カロヤン、頑張らなくちゃね006.gif

やっぱりなんか研究不足っていう感じがするなぁ・・・

あきらめないで!
人知を尽くして天命を待て!
[PR]
d0116376_232364.jpg

琴欧洲が稀勢の里を速攻寄り切り049.gif

連れ(スイス人3名)には
「相撲のル-ル」と共に
「私のご贔屓」について
もちろん情報を流してありました。

ということで、顔向けができて、嬉しかったです038.gif

さらに、鶴竜が白鵬に勝って座布団が飛び、
白鵬には悪いけれど、
外国からのゲストには最高のエンターテーメント。

楽しい大阪場所観戦初体験でした053.gif
[PR]
仕事で大阪に来ています。

朝から晩まで目いっぱいのスケジュールで行動していて、
大相撲の結果を詳しく追っている暇がないのですが・・・

今、時差の関係で夜中に目が覚めてしまったため、
Youtubeで昨日の琴欧州の取組みを見てみました。

で、がっかり021.gif

嘉風に引き落としで負けて2敗目050.gif

また取りこぼしですね。

自ら土俵外に出て行ってしまったかのような負け方・・・

もちろん、そんなことはないんでしょうけれど、
ま、大関の相撲ではありませんでした。

中日を前にしてすでに2敗となってしまいましたが、
なんとか優勝戦線に残ってほしいもの、
と協会の代弁みたいなことを言っている私です。

が、9日目に自分が相撲観戦を予定しているので、
勝手なようですが、なんとか負けを引きずらないようにお願いしたい!

話変わって・・・

ドルトムントの香川選手、
昨日決勝ゴールを上げて大活躍だったようです049.gif

www.spiegel.de にいい写真が出ていましたぁ:
d0116376_5191386.jpg

[PR]
琴欧洲は早くも1敗002.gif

一日目は時天空に寄り切りで勝ち049.gif
2日目は栃乃若にやはり寄り切りで勝ち049.gif

どちらも落ち着いた取り口で足が曲がっていたので、
今場所は腰が低くていいかも・・・

と思ったんですけどねぇ・・・

きょう負けた対戦相手、栃煌山はホント合い口悪い相手に
なってしまったようです050.gif

決まり手は突き落とし。

低い立ち合いを心がけてはいたようですが

足が滑って後退してあせった。

自分の体重を思い切りかけて押したところを

突き落とされてしまいました。

相手が一枚上、というか、
栃煌山、カロヤンに自信満々っていう感じでしたね。

まだ始まったばかりです。

一番一番大事に取ってほしいですね。

9日目には大阪でライブ観戦を予定しています。

そのころまで、まだ優勝の可能性を残しておいてほしいものです、
せっかくドイツから大阪まで行くのですから。
[PR]
3月11日は忘れもしない東関東大震災のあった日です。

私は東京であの地震に遭遇しました。

それからの1週間は私の人生の中で最も長い1週間
だったという気がします。

地震に遭遇したのも恐怖でしたが、あの津波被害のショック、

そして、原発事故・・・

何を信じていいのか分からない不安。

すぐにでもドイツの家族のもとに帰りたい、

でも、日本の家族のことも置き去りにはできない。

ただただ「取り返しのつかないことにならないように」
と祈るばかりでした。

あれから一年が経った今、再びあの時の不安定な気持ちを
思い出しています。

地震後、5月と10月に東京に行きました。

5月の時は、まだ人々も少しずつ普段の生活に戻りつつある、
といった感じでしたが、10月には、もう完全に町も以前と変わらず、
活気を取り戻していました。

時が経つにつれて、自粛を嫌って、いつも通りの生活に
戻ろう感が強く働いたのでしょう。

でも、そうして人々は、そして私も、不安感を克服しようとしたのです。
それと同時に「嫌な思い出」も薄れていったような気がします。

これからの5年間に東京直下型地震がある可能性が何パーセント等、
と聞くと誰もが不安になり、じゃあ、何をしたらいいの?
と思いますが、しっかり緊急防備品や食糧などを用意する以外は
どうしようもありません。

火山だらけの日本にいる限りはどこに行っても逃れようがない、
だからといって外国に移住するというのも誰もができることでは
ないでしょう。

不安感にさいなまれては、その不安感を拭い去り、
日常生活を続ける、多くの人がそうやってこの一年を
過ごしてきたのではないでしょうか?

でも、忘れてはいけないことはあるのです。

一周年を迎えるにあたって、それをまた今思い出しています。

そして、それを確かめに私はまもなく日本に行きます。
[PR]
d0116376_07144.jpg

国際女性デーだからケーキを焼いたのではありません037.gif

きょうは夫の誕生日。

我が家ではいつもお誕生日に本人の好きなケーキを
焼くことになっています。

で、毎年3月8日はこのアーモンドケーキなのです067.gif

わが夫の誕生日が国際女性デーというのも愉快な話。

というのもわが夫は女性解放運動とか嫌いなんですよね。

別に男尊女卑に賛同している人だというわけではないのです。

ただ、たとえば今ドイツで話題になっているんですが、
政府が企業に役員の何パーセントを女性メンバーにするように、
と求めること、「おかしい!」と言っています。

男性であろうと女性であろうと、役員にふさわしい人がなるべきで、
女性であるから役員にする、というのはおかしい、というのが
彼の主張です。

本当にそれはもっともな主張です。

こういう女性比率の決まりによって不適切な人物が役員になったら、
よくないですよね。

確かに弊害もありうる決まりなんですが・・・

女性の地位向上を制度としてバックアップするためには、
このような決まりは必要なのではないかな、と
実は私は思っているのです。

おそらく、役員になる能力のある人がいるのに、
女性だからなれない、という現実が現にあるのだと思うからです。

つまりこういう決まりは効果もあるものなんですよね。

社会意識の発展の歴史を見ればそんな気がしてきます。
[PR]
シュタイフ博物館に行ってきました035.gif
d0116376_3262215.jpg

実はシュタイフ、うちから車で30分のところにあるんです001.gif

私の住んでいる田舎周辺では数少ない
「日本人にも知られている」観光名所の一つ。

5,6年前に体験型の博物館として新築新装し、
とってもよくなりました049.gif

私はもう数回行ったことがあり、大人の目では
前からなかなかいい処だと評価していましたが、
今回は一緒に行った幼児(1歳)がすっかり興奮していた様子を見て、
改めてなかなかいい処であることを確信した次第です037.gif
d0116376_3263995.jpg
d0116376_3265490.jpg
d0116376_327746.jpg

テディベアなんて、って馬鹿にする人もいるかもしれないけれど、
034.gifまあそう言わずに、一度は行ってみるべき処だと思いますよ035.gif
[PR]