日本では毎年GWの頃はお天気ですし、
まだそれほど湿気も多くなく、
過ごしやすい一番いい季節ですよね058.gif

あまり休暇を取れない日本人はこの時とばかりに
海外に出かける方も多いでしょう。
でも、本当は家で静かに過ごす絶好のチャンスかもしれません。

さて、こちらも昨日から急に気温が上がり、
10度前後から急に30度になってしまいました005.gif
で、きょうは気温はそれほど上がりませんでしたが、
まあ、明るい天気だったので、裏山に登ってきました。
d0116376_725272.jpg
d0116376_73145.jpg

明日から5月。
こちらも5月は祭日もお天気の日も多く、
なんか嬉しくなる季節です001.gif
[PR]
d0116376_7195338.jpg

(出典:www.spiegel.de)

投稿が遅くなってしまいました。

もちろん水曜日の バイエルンミュンヘン 対 レアル・マドリッドの試合、
リアルタイムでテレビ観戦しました。

すごい試合だった、と評判です049.gif

そして、バイエルンミュンヘンが決勝へ進出。
5月19日(土)にミュンヘンでチェルシーと優勝を争うんですって!

観戦したのに間接的な言い方をしているのは、
実は私はチャンピオンズリーグの仕組みに疎いからです。

昨日、90分間が終わった段階で2-1でバイエルンが負けていたのに、
どうして延長に入るかも全然分かっていなかった私です。

ホームとアウェイで試合してゴールの数を総合して
考えるなんて、思いもよりませんでした。

しかし、その仕組みのおかげで、というか、
その仕組みだからこそ延長に入り、結局PK戦になったというわけです。

で、上記の写真のバイエルンの英雄、GKマヌエル・ノイヤーの
好守でとうとうバイエルンが決勝進出となったわけです。

なんで準決勝に勝っただけでまるで優勝みたいな騒ぎに
なっているか、ということもあまり分かっていなかったのですが、
どうもやはり準決勝で破った相手がレアル・マドリッドだった
ということと、決勝で対戦するチェルシーは準決勝でバルセロナを
破ったとはいえ、バイエルンの方が有利だろうと見られているから
らしいです。

勉強になります045.gif
[PR]
ニュルンベルクからの帰りのIC(インターシティ)の中でのことです。

一等のコンパートメントの窓際の席に進行方向に背を向ける形で
一人で座っていました。

この線の一等はいつも空いているので座席指定(特急券とは別売りで
5 EUR程度)はとっていませんでした。

その日も空いていて、コンパートメントは6人用ですが、
どこもせいぜい2,3人程度しか埋まっていませんでした。

で、私の座っていたコンンパートメントはまだ私だけでした。

突然、まだ20代の若い女性が入ってきて、私の目の前に
自分がインターネットで購入したチケットを突き出し、

「あなたの座っている席は私の席」

と言いました。

で、私はその振る舞いにちょっと驚きましたが、

「OK」

と言って向かい側の席に移動、
つまり、進行方向に向く形に座り直しました。

これ自体は何の問題もない出来事でした。

しかし、しばらくの間、今起こったことが、いかにもドイツ的なシーン
であったことが私の頭から離れませんでした。

相手は「若い」「インターネットでチケットを購入した」
そして「携帯電話も使いこなす」女性です。

なんで年配のおばあさんによくありそうな「頑固さ」を通したのか・・・

自分のその予約した席に座って、そのコンパートメントが
埋まらないままの状態だったのを見て、
後で恥ずかしくならなかったかなあ?

よく進行方向に向いて座りたい、という人がいるのですが、
彼女の予約席は進行方向に背を向ける席だったので、
その理由も考えにくい。

もしかしたら、後から電車がいっぱいになって
余裕がなくなると思ったのでしょうか?

それならその段階になって「自己主張」してもよかったんですよね。
ま、いっぱいになるのはまず「あり得ない」ことなんですが。

で、実際にはそのコンパートメントは後から一人来て、
先に降りただけでした。

結局、彼女と私は同じ駅まで行ったので、ずっと一緒
だったのですが、車中ではなんとなく気まずい雰囲気が・・・

普通は向かい側に座っている人とちょっとした会話を
することもあるのがコンパートメントの良さでもあるのですが、
一言も口をきかずに終わってしまいました。

ああ、ドイツだなあ、と思った出来事でした。
[PR]
ブンデスリーガのことです。
d0116376_357163.jpg

(出典:www.spiegel.de)

日本の香川選手、優勝に大貢献でした049.gif

決勝ゴールを決めたのですから005.gif

なんかやはり嬉しいですね、同じ日本人として。

連続優勝、これはやはりクロップ監督の下で育った
チームの成す技だと思います。

おめでとうございます!

ところで今ニュルンベルクの近くに来ているのですが、
きょうニュルンベルク対ハンブルクの試合もあったらしく、
ニュルンベルク駅はサッカーファンであふれていました。

はっきり言って、うるさかったです。
皆電車に乗っているうちからビールを飲んで、大声で歌ったり・・・
私もサッカー好きですけどね、こういうのは「迷惑」です022.gif

それだけにドルトムントの優勝、そして香川選手の活躍、
朗報にホッとしたりもした今日でした。
[PR]
まだまだ春というには気温が低いとはいえ、
花々は待ち切れずにあたりを彩り始めています。
d0116376_222030.jpg
d0116376_2221584.jpg
d0116376_2222850.jpg
d0116376_2224168.jpg
d0116376_2225419.jpg

(新しいミラーレス一眼で撮影しました049.gif

実はこの季節にいつも楽しみにしている
私の好きなマグノリアを撮影しようと思って
出かけたのですが、なんと毎年撮影している
マグノリアの木が無くなっていました002.gif

他所のお宅の庭の木なので、文句も言えませんが、
なんで?って思ってしまいました。

しかし、今日義母にそのことを話したところ、
今年の冬は寒かった(一時期零下15度から20度でした)ので
それに耐えられずにダメになった植物がたくさんある、
という話でした。

ああ、そうだったのか・・・
[PR]
d0116376_22524543.jpg

日本から帰ってきて初めてスーパーに行ったら、
ルバーブが出ていました。

まだ時差ボケも取れないうちでしたが、
見たら食べたくなってしまったので、
さっそくケーキを焼きましたぁ067.gif

「旬のもの」という表現がありますが、
ルバーブはまさにそれ049.gif

この季節には欠かせません。

でも、なんだかこちらはまだまだ寒い日がつづいています025.gif

春よ来い!
[PR]
本当は昨夜あったブンデスリーガの試合、
ドルトムント対バイエルンミュンヘンについて
レポートを書くつもりだったんですが・・・

丁度福島第一原発についてのレポート情報が入り、
それを見たら、それをこのブログで紹介する方が
先決と思われました:

http://kingo999.blog.fc2.com/blog-entry-546.html

ドイツ公共放送ZDFテレビ制作ですが、
日本語訳がついているので是非ご覧ください。
[PR]
d0116376_2032783.jpg

カラフルな卵で飾られた町の噴水038.gif

イースターの連休でした056.gif

クリスマスに続く国民的な休日で、
多くの家庭で家族の集まりが行われたと思います。

思います、というのは、我が家では、私たちがイースターのまっただ中に
ドイツに帰ってきたため、家族のreunionは不催行だったからです。

連休は生憎冬を思わせる寒さでしたが、
今日はまた最低気温が6度で最高気温が29度とか・・・

この幅には驚くばかりですが、とにかくようやく暖かくなりそうです。

学校の休みはたいていの州であと1週間あります。
休暇気分のドイツからでした001.gif
[PR]
d0116376_1315729.jpg

昨日ドイツへ帰りました。

ギリギリでしたがサクラを楽しめてラッキーでした。

今回の一時帰国、仕事が終わった後半の2週間は、
6年ぶりに夫が一緒でした。

夫はシーフードが全くダメなので、和食の楽しみは半減でしたが、
彼関係の懐かしい友人たちとの再会、嬉しかったです049.gif

ここでちょっと個人的なことですが・・・
時間が足りなくて今回会えなかった友人関係の皆さま、
ここでお詫びいたします040.gif
次回はご連絡しますね060.gif


全般的にメディアでは地震や原発関係事を繁茂に扱っているし、
会った友人たちは皆一様に予想されている大地震や放射能への
不安を語っていたし、日本人の中に前にはなかった「危機感」が
はっきりと見えたような気がしました。

これは東関東大震災以前と直後にはまだなかったものだと思います。
後に徐々に一人一人の中に大きくなった意識でしょう。

「(大地震が)来る来る」と言われながら、「何とかなるだろう」、
「原発事故が起こった」と聞いても(事故直後時点では)やはり
「何とかなるだろう」と思っていた人が多かったと思います。

私自身も、起こったことが現実なんだと本当に分かるまで、
時間がかかりました。

大地震の予想を聞いても、引っ越すというわけにもいかず・・・
また、じゃ、どこが安全なの?と考えたら分からなくなってしまうし・・・

多くの人にとってできることは防災対策と心づもりということに
なるのでしょうか・・・

その辺が本当にむなしく悲しいところです。

でも、自分たちの置かれた状況を悲しんでばかりはいられません。
次の世代のことを考えていかなければなりません。

そんな焦りを皆が感じていることがヒシヒシと伝わってきました。

ところで、現在の駐日ドイツ大使が、以前私たちが東京に住んで
いた時にご近所だったということを前にこのブログでも書いたと思い
ますが、その関係で大使が私たちを金曜日にお茶に呼んでくださった
ので、約30年ぶりに旧交を暖めることができました。

そこでも東関東大震災のことが話題になりました。

私の今回の滞在で感じた日本人の印象、つまり
「日本人の中にある以前はなかった危機感」について
お話したら、大使は興味深く感じられた様子でした。

ドイツでは特に原発に関してヒステリックな反応が広がったので、
「日本人はなんであんなに平気でいられるんだろう?」
という疑問がドイツ人の間にあったからだと思います。


追記:

(大使は日本語が堪能なので)大使日記という日本語ブログを書いて
いらっしゃいます。それも本当に毎日更新されているので私はいつも
感心しています。

それで、私たちの再会をそれに掲載してmamapandaブログのリンクを
紹介してもいいか訊かれました。もちろん私は承諾したのですが、
このブログのリンクを(暗記していなかったため)すぐに言えなかった
ので何時頃までにお知らせすればいいかをお尋ねしたところ、まだ
2,3ネタがあるので急がないということでした。

「そうか、大使もネタを集めているんだ・・・」

なんか愉快でした037.gif
[PR]
週末、奥飛騨を訪ねました。

奥飛騨は、私たちが東京に住んでいた時、
夫が仕事で毎月通っていた思い出の地です。

仕事の必要性から当時夫が頻繁に利用していた民宿の
御家族はもう何十年来の私たちの友人です。

6年ぶりの再会を心待ちにしていてくれました。

初めて夫がその民宿に宿泊させていただいた頃小さい子供だった
次女のYちゃんが、今では高校生と小学生の2児の母。

時の流れを感ぜずにはいられません・・・

もちろん彼女も私たちに会いに実家に来てくれました。

たくさんの懐かしい再会があり、最高のノスタルジーツアーでした049.gif

帰りは、平湯温泉から新宿駅西口までバス利用。

安房トンネルができて以来、近くなりましたねぇ、平湯・東京間が。

昨日は日曜日で春休みということで、さすがに渋滞がありましたが、
それにしても便利。

途中の諏訪湖での休憩もなかなかよかったです。
ショップには、スタバ、神戸屋キッチンが入っていました005.gif
d0116376_0424243.jpg

そして中央道からは日本アルプスが前方に望めました。
d0116376_043685.jpg

そして再び富士山。夕暮れの富士山は格別でした049.gif
d0116376_0432010.jpg

[PR]