この数日コンピューターの調子が悪く、それを修復するのに
気を取られていて日本のニュースを読んでいませんでした。

で、きょう読んだのですが、琴欧洲の千秋楽の休場が
ずいぶん批判されているようですね。

場所後にも協会に批判の電話がたくさんかかったとか・・・

怪我は複雑骨折だったそうで、私は無理して出場しないで
本当によかったと思っています。

仮に「這ってでも出た」としたらどうなったかを想定してみると・・・

旭天鵬が勝った段階で4敗力士にチャンスがなくなったことが分かり、
そこへトチオウザンと対戦する琴欧洲が這って土俵に上がる。

這わないとしても痛々しい様子は外から見て誰にでも
分かったでしょう、骨折していたのですから。

(きっと土俵入りの時から痛々しい様子が分かっちゃったでしょうね。)

仕切りがちゃんとできたかどうかは分かりませんが、
とりあえず立ち合い。

で、すぐ負けたでしょう。

こんなシーンお客さん見たかったでしょうかね?

トチオウザンは何もしなくても勝ったでしょう。

はじめから勝敗が分かっている取組を見せるなんて
その方がお客さんを馬鹿にすることになったのではないか
と私は思います。

怪我しても出場なんてエライ!と言った人はいたでしょうが、
優勝争いの面白さに関しては、休場した場合と変わらなかったでしょう。

むしろ、怪我を押して出場せざるを得なかったのは
興行の客寄せの目的であることが見え見えで、
相撲人気の衰えを世間に示すことになり
見る方は哀れに感じたかもしれません。

メディアも協会側の批判をそのまま受け売りするだけでなく、
上記のようなことを洞察して報道してほしいですね022.gif

(大関陣の不振はまた別問題です。)

琴欧洲の怪我はかなりの重症です。
右足甲の複雑骨折となると、サッカーの選手ならまず2か月は
出場しないでしょう。

その間普段通りの稽古もできないとなると
名古屋場所復帰も危ういかもしれません。

カロヤン、ピンチです025.gif

でも、これこそ転機になるかもしれない。

災い転じて福となす066.gif

がんばれ、カロヤン047.gif
[PR]
d0116376_8181786.jpg

前にも紹介したことがあったと思うのですが、もう一度・・・

世界一高い教会です。

161メートルあります。

この高さはスカイツリーには到底及びませんが・・・

ゴシック様式の重厚な教会です。

先日コンサートに行く前に大聖堂の前を通ったので、
新しいカメラに収めたところ、バッチリいい写真が撮れたので、
アップしてみました049.gif

尖塔です:
d0116376_8173519.jpg

中の階段を上って、ほとんどてっぺんまで上れます005.gif

圧巻の教会建築049.gif
[PR]
d0116376_5484836.jpg

埼玉県川口市の「第九を歌う会」の方たちがドイツへ来て、
世界一高い教会で有名なウルム市でドイツのオーケストラと
合唱団と共にベートーベンの第九を歌うコンサートに行ってきました。

会場は(ミュンスターではなく)パウルス教会。
1910年に建てられたなかなか音響のいい教会でした。

このコンサート、 昨年日独交流150周年を記念して、
川口市がドイツからアマチュアオーケストラを当地に招いたのが
きっかけで実現したものです。

今度は川口市の市民合唱団がドイツへ来て
第九を歌おうということになったのだそうです。

日本では第九は人気があり、さまざまなところで
第九を歌おう運動が広がっていますが、
ドイツではあまり演奏されないのだそうです。

合唱団やソリストや大規模構成のオーケストラなど、
かなりの大掛かりが必要な曲だからかもしれません。

思っていたよりレベルが高く、久しぶりに聞いた第九、
十分楽しめました049.gif

あらためて素晴らしい作品だなあ、と思いました。

日本の合唱団の方たちは歌いながら、どちらかというと
無表情。それに比べ、ドイツ側は、身体の動きが激しかったのが
印象的でした。

やっぱり感情移入の点で、無表情はよくないかも・・・
と、思いました。

歓びの歌、ですからね060.gif
[PR]
まずは旭天鵬関、優勝おめでとうございます!

37歳で初めて手にした優勝杯、さぞ重かったでしょう。

私にとっては贔屓の琴欧洲が突然休場となり、
拍子抜けの千秋楽でした。

ま、ギリギリとは言え、勝ち越してるので、
怪我を押して出場する必要はなかったでしょう。

しかし、優勝争いに水を差した形になり、
大分評判悪かったみたいですね。

確かに、トチオウザンが不戦勝になった段階で
4敗力士に優勝のチャンスがなくなったので、
つまらなくなりました。

あの白鵬もみっともない負け方でした。
そのおかげでハルマが勝ち越せたわけです。

まあ、まさか八百長ではないでしょうが、
白鵬にモチベーションが欠けていたのは
ありありでしたね。

トチオウザンは不戦勝になったとは言え、
結局は優勝決定戦が行われたので、
お客さんは十分楽しめたのではないでしょうか?

そうそう、観戦した兄に感想を聞くのを忘れてました。

カロヤンはしっかり怪我を治してほしいです。
で、そろそろ開眼しないと・・・お願いします040.gif

きょうは正直言って、贔屓不在の大相撲千秋楽より、
昨夜のCLのショックの方が大きく、
何度も「あの試合はいったいなんだったの?」と
自問自答していました
002.gif
[PR]
CL決勝のことです。

たった今、バイエルンがチェルシーに負けて、
チェルシーの優勝が決まりました。

なんと残酷な結果でしょう007.gif

私は別にバイエルンのファンではないのですが、
ドイツのクラブだということでやはりちょっとは応援していたと思います。

でも、だから嘆いているのではありません。

理由は、試合の間中、ずーっとバイエルンがチェルシーに
まさっていたのに、こういう結果になったからです。

バイエルンは何度となくシュートを試みたのに、
相手のディフェンスに阻まれてしまいました。

ボールの支配率は俄然バイエルンが上でした。
コーナーキックも雲泥の差でバイエルンが多かった。

ずっと優勢だったのになかなかゴールが入らず
ようやく試合終了まであと5分くらいという時に
バイエルンのミュラーが巧みなヘディングで先制点。

もうこれでアナウンサーも「ミュラーの名は歴史に残るだろう」
とまで叫んでいましたし、選手たちも大喜びで、これで優勝決定
と思い込んでいた様子でした。

そこへチェルシーが試合終了ぎりぎりに
コーナーキックからゴールを決めて延長戦へ。

延長戦の前半にチェルシー側のファウルで
バイエルンはPKのチャンスを得たのですが・・・

ここでまたロベンが失敗。
入らなかったんです021.gif

「また」というのはブンデスリーガでもドルトムントとの
優勝争いに大事な試合でロベンはPK失敗したんですよね。

悪夢でした050.gif

で、結局PK戦になり、各GKが一つずつ止めた他に、
バイエルンのシュヴァインシュタイガーがゴールの枠に
当ててしまい失敗。

これが致命傷になり、バイエルンが負けたというわけです。

私は(ファンでもないのに)本当に可哀想になりましたよ002.gif

大事な場面で失敗したロベンやシュヴァインシュタイガー
はもとより、選手は皆ショックで長らく立ち上がることも
できなかった。

勝ちは勝ちですが、あれでチェルシーほんとにチャンピオンと
言えるんでしょうかねぇ・・・

ま、チェルシー、あのバルサにも同じように防御戦略で
結局勝ったんでした。

相手が攻撃に攻撃を重ねているうちに、
スタミナを蓄える策だったのかもしれません。

バイエルンは、地元ミュンヘン開催の今年の決勝に必ず進出する、
という覚悟で望んだCLでしたが、きょうはだからこそ、この決勝に
勝つ!という決意がはっきりと出ていました。

なのに、こちらも「悲しい1敗」となってしまいました。
[PR]
きょうは普段合い口のいい旭天鵬だったのに、
あんなに豪快な上手投げで負けるなんて050.gif

うってかわって002.gif1敗でした。

明日の対戦相手は栃煌山。

栃煌山、きょうは鶴竜相手に巧い相撲でした。

その栃煌山に琴欧洲は最近負け続けているので、
明日も存在感は示せないかも025.gif

そうなると「嬉しい2勝」の後に「悲しい2敗」が続くわけです021.gif

優勝争いが混沌になったとメディアでは言っていますが、
私の個人的な希望でいえば、こうなったら一番ベテランの
旭天鵬に優勝させてあげたいですね。

ま、稀勢の里が大関なので内容からいっても
優勝するのが順当なのでしょうが・・・

横綱はその前の結果がどうなろうとも明日も勝って
精神力の強いところをしっかりと証明してほしいですね。
そうなるとハルマが負け越しになってしまいますが・・・。

いずれにしても今場所は前半から白鵬が3連敗するなど、
上位陣内で星が割れて珍しい優勝争いになりました。

展開次第では3人で優勝決定戦ということもあるかも・・・

そういえば明日の千秋楽、
私の兄が観にいくと言っていました。

うらやましい~015.gif
[PR]
昨日と今日は嬉しい2勝でした060.gif

昨日はバルトに寄り切りで勝ち049.gif

稀勢の里が2敗し、バルトにも「優勝のチャンスが回ってきた」
ところだったんですが・・・

カロヤンは最初からバルトにしっかり頭を付けて、
前褌を取り、思い切り前に出てバルトに完勝しました066.gif

胴体が幅広いバルトを寄り切る瞬間、
こちらに背を向けているカロヤンの胴体が
いやに細く見えました037.gif

バルト、下手な相撲でした。

で、琴欧洲ですが、今日は鶴竜に寄り切りで勝ち049.gif

鶴竜にはこのところずっと負けていたので
この一勝は格別に嬉しい白星でした041.gif

なんかまた下手投げをくって負けるんじゃないかっていう
気がしていたんですよね。

それがとんでもない!
ほれぼれするような力の入った相撲でした066.gif

きょうで勝ち越したのでとりあえずホッとしましたが、
横綱の精神力をみならって最後まで気を引き締めて
昨日と今日のようないい相撲を見せてほしいです。

そういえば稀勢の里、きょう横綱に負けましたね。

あれは速攻以外のなにものでもない・・・
昨日もどこかのメディアに出ていましたが、
横綱は指を怪我しているので、「速い相撲を心がけている」
そうです。

そういうこと、稀勢の里も、もう少し頭を働かせて
考えなかったのかなあ、って思います。

言うのは簡単ですけれどね・・・

でも、そういう横綱の「心がけ」をしっかり受ける準備をしていれば、
あるいはその裏をかくような戦略をとれば、きょう勝てたのでは
ないかと思うわけです。

いずこも勉強不足のようです。

とにかく横綱にはまだまだ誰もかないそうにありません。

さすがの私も今場所本来苦境にある白鵬に
すっかり感心しており、心が動いています026.gif
[PR]
昨日も今日も大事な一番でした。

昨日は稀勢の里に寄り倒しで負け050.gif
頑張りましたが、今場所の稀勢の里の勢いに負けた感じでした。

以前はライバル、その後カロヤンが先に大関になって
リードしていた時期がかなり長く続いていました。

しかし、ようやく稀勢の里も大関昇進して、再び並びました。

先場所はカロヤンが勝っていますから、逆転されたとは
まだ思いたくないけれど、カロヤンがもう長く停滞しているのに
比べ、稀勢の里は勢いに乗っている。

その分、一気に横綱に手が届きそうな感じがします。

琴欧洲のきょうの横綱戦は切り返しで負け050.gif

3連敗したというのに横綱はまた強さを取り戻したようです。
何しろ攻めが速かった005.gif
精神力の強さを感じます。

カロヤンは振り回されていましたね。

若さが感じられず、ちょっと心配になりました。

大関に上がる前のあの朝青龍に向かっていった
がむしゃらさはもう見られないのでしょうか?

技を身につけることで、大人しくなったというか・・・

大関戦ではまだ鶴竜戦とバルト戦が残っています。

技は体が覚えているということで体に任せて、
思い切り大きな相撲を見せてほしいですね。
[PR]
d0116376_21161519.jpg

(出典:www.spiegel.de)

ドルトムントがバイエルンに5-2で快勝。
ドイツ杯を制しました049.gif

嬉しかったのは香川選手が1ゴール、1アシスト
の大活躍をしたこと001.gif

ブンデスリーガの優勝と合わせて2冠を獲得した
ドルトムントの功績に大いに貢献しました。

バイエルンはディフェンス側にミスが目立ち、
攻撃で反撃するしかなかったのですが、
それもPKの1ゴール以外にはリベリの1ゴールだけに
終わってしまいました。

一方、ドルトムントは、レバンドフスキが3つもゴールを
決めました005.gif

特に3つ目のゴールはダメダメ押しの5点目。

よりによって先日チャンピオンズリーグ準決勝突破の
立役者だったバイエルンのGKノイアーが大きなGKミス、
それで入ったゴールだったのも、なんだかバイエルンを
悲劇の主人公にしちゃった感じでしたぁ021.gif

バイエルンの選手は各国のナショナルチーム代表
ばかりなんですけどねぇ・・・

とにかくバイエルンが「弱く」見えるということが
信じられないことでした。

ドルトムントのコンビネーション戦略、
素晴らしかったです。

バイエルンはあとチャンピオンズリーグの決勝、
頑張ってほしいと思います。

あっそうそう、ところでお相撲はなんだか
ややこしい模様になってきましたね。

上位だけみると、

盤石のはずの白鵬がすでに2敗。

6日目まで連勝でトップをいっていた菊ちゃんが敗れて
鶴竜と稀勢の里の2大関と共に6勝1敗。

バルトが2敗。

ハルマとカロヤンが3敗。

前半だけでこんなに上位全体に負けがこむというのも
めずらしい展開。

これから上位同士の取組みで互いに星のつぶし合いに
なるとしたら、上位以外の力士にも優勝のチャンスが
回ってくる可能性もあります。

いったいどうなるんでしょうねぇ・・・
[PR]
3日目のショックを引きずりながらも
4日目は豪風に寄り倒しで勝ち049.gif
力強いところを見せました。

自分の相撲が取れたのは、悔しさを力に変えた結果・・・
と一人で納得していた私だったのですが・・・

5日目に苦手のアミに掬い投げで負けてしまいました007.gif

悔しいけれど、アミの掬い投げは見事でした。
業師の投げにあたかも合わせたかのように転がってしまった。

本人にとっては、どうしてそうなったのか分からない・・・
てな感じでしたね。

黒星が先行してしまって、5日目にして再び6大関中
最後尾につく形になってしまった021.gif・・・

と思っていたら、きょう阿覧に寄り切りで勝ち049.gif
ハルマが負けたので、現在この2大関が並んで五分です。

菊ちゃんが6連勝でトップを行っていますねぇ・・・
貫禄が出てきました。

カロヤンは最古参大関です。
しかし、ヨーロッパ人力士はもともと持っている才能や体で
どんどん上に上がるわりには、菊ちゃんやアミなどの
日本人上位力士に比べるとどうもやっぱり年季が足りないと感じます。

琴欧洲はもう3敗しているので、優勝云々より、
内容のいい相撲を見せてほしいですね。

そして、まだまだこれからいくつもありそうな「ここぞ」という勝負の
場面で、しっかりと存在感を示してほしいものです。
[PR]