d0116376_550594.jpg

きょうは東方三博士に扮したシュテルンゼンガー(星の歌い手たち)
が我が家にやってきました。

クリスマスが過ぎて1月6日の東方三博士の祝日までの期間に
彼らは各家を訪ねてクリスマスキャロルや新年の歌を歌い、
その代わりに甘い物や寄付金目的のお金を集めて歩きます。

三博士の名前は:
カスパー、メルヒオール、バルターザー。
バルターザーが肌の黒い博士です。

三博士はキリスト誕生を祝福するために星に導かれて
キリストのいる馬小屋に来訪したと言われています。

今年のシュテルンゼンガーたちは結構歌がうまかったです049.gif
で、寄付金もちょっとはずみました006.gif

これはキリスト教(カトリック)の習慣。
なかなかいい伝統ですね。

ところで後になりましたが、
クリスマスは我が家はフランケン地方に集まってお祝いしました。

12月前半の大雪は終わり、寒さも和らぎ、
5度前後の「暖かい」気候でした。

ま、ちょっとクリスマスの気分が出ませんでしたが、
あちこち移動するには都合よく、
家族のreunionを楽しみました。

さて、明日はいよいよ大晦日。

日本だったらやっぱりクリスマスイブより大晦日ですよね。
そして、お正月。

なんかこの時期、どうしても日本が恋しくなる私です053.gif
[PR]
衆議院選挙が終わって
何故自民が大勝したのか、
再政権交代になってこれからどうなるのか、
などの分析がメディアで行われています。

ドイツでの報道でもウォールストリートジャーナル(ドイツ版)など、
かなり正確な分析がされています。

きょうのasahi.comのWEBRONZAで
「脱原発にまったく動じない日本の選挙」
という記事を読みました。

私とまったく同じ疑問をテーマにしていて
共感を感じました049.gif

「原発はこれら(年金、消費税、子育て、TPP、安全保障、憲法等)の諸政策と同列にとらえるべきでない」
というのですね。

同感です。

やはり私は日本に住んでいないので諸政策に
対して距離感というものがある、とも言えるかもしれません。

でも、よく考えてみると、上記に挙げた諸政策の中で
私が無関係なのは「子育て」くらいです。

それに消費税ともなると、何しろドイツでは消費税が19%ですからね、
どうしても比較して、上がっても仕方がないんじゃない?
なんて思ってしまうわけです。

選挙結果はもう出ているので、まずは自公政権の手腕を観察して
いきたいと思いますが、諸政策とは別に、右派、左派関係なく、
エネルギー政策に取り組む流れができることを願います。
[PR]
d0116376_654458.jpg

自民党の優勢は予想されていたとはいえ、
驚くべき大勝でした005.gif

「原発ゼロ」は多くの人にとって今回の選挙の
テーマではなかったみたいですね。

この辺はやはり日本に住んでいない私と
多くの人たちとの間に温度差があったみたいです。

私は自民党に入れませんでしたが、
石破幹事長の言うことはかねてから
いいと思うこともありました。

で、「美しい日本」スローガンの安倍さん、
「原発ゼロ」を見直されるらしいですね。

いいのかなあ?

と心配ですが、多くの日本人が選んだ自公政権です。

(途中で投げ出すことのないように)
経験豊かなプロの政治手腕を見せていただきたい。
[PR]
実は私はすでに郵便による投票を行いました。

先週の土曜日にこちらで投函したので、
そろそろ私の1票が品川区の選管に到着している頃でしょう。

投票に当たっては、各政党の政策や候補者の主張など
もちろんいろいろと下調べをしました。

インターネットを通して情報は入りやすく、
普段から日々日本のニュースも追っているので、
外国に住んでいてもある程度は日本事情にも通じています。

しかし、やはり日本に住んでいるわけではないので、
生活者としての実感が欠けているんですね。

だから、日本に行った時にいろいろな人と
話をすることがとてもとても貴重なのです。

で、私はもう決断をしてしまったわけですが、
きょうの朝日の世論調査結果発表によると
自民党がますます支持を伸ばしているとか・・・

これが私には理解できない。

別の世論調査で確か脱原発を望んでいる人が国民の大多数
という結果が出ていたと思うんですが、それなのに
なぜ脱原発を政策ではっきり唄ってない自民党を多くの人が
支持しているのか?

これ単純に疑問です。

憲法改正や経済や他にも重要問題があるからかもしれませんが、
いくら重要でも人類存続を脅かすかもしれない原発問題は
それ以前に重要な基本問題ではないでしょうか?

福島第一原発の事故で紙一重で起こるかもしれなかった大惨事
のことを思い浮かべれば、長い間東電と癒着した政府を率いてきた
自民党に一票を入れるなんて、私だったら絶対にあり得ない。

ということで、私がどの党に入れたかはもちろん公表しませんが、
脱原発を政策に唄っている党に票を入れました。

皆さんも目先のことに捉われず、どうか深く考えてみてください。

そうそう、維新の代表になった石原氏が、核を持っていない国は
発言権がないとか弱いとかいうようなことを言ったようですが、
それならドイツはどうなのでしょうね。

ドイツは確かに第二次大戦の敗戦国であり、ナチの大罪によって
各方面で発言には注意を払うことを迫られている国ではありますが、
それでも政治経済において常にリーダーシップを取っています。

核を保有せず、また原発も2022年までに全面停止する
決定をしています。

ドイツを見ると石原氏の主張はあたっていないと感じます。

ドイツに住んでいるとドイツという国が窮屈であると感じることは
正直言って多々あります。

しかし、その窮屈さに私自身が守られているのも本当です。

この国に対する「愛国心」はないけれど、
私の中にどこかドイツに対する「尊敬の気持ち」が根付いています。
[PR]
このところ毎日雪が降り続いていました。

それで、雪掻きに追われていました008.gif

何しろその雪の量といったらありません005.gif
d0116376_4375285.jpg

夕べ夜徒歩で近所に出かけた時に通りかかったお宅の庭をパチリ。
庭の小さなモミの木に照明をあてたたたずまいが綺麗でした。

今朝起きたら、ようやく雪はやみ、青空が広がっていました。
美しい雪景色を逃さずパチリ049.gif
d0116376_4384662.jpg

d0116376_4382930.jpg
d0116376_4381053.jpg

[PR]
アドベントには各所でクリスマスパーティが開かれます。

クリスマスパーティは日本で言えば忘年会のようなもの。
だから大人たちにとっても大事な行事です。

金曜日の夜には(我が夫が会長を務める)
地域のアマチュア無線クラブのクリスマスパーティがありました。

食事もまあまあでしたが、デザートが「モミの実」という名の
なかなかクリスマスらしいものでよかったです:
d0116376_5271232.jpg

モミの木の形をしたアイスクリームのチョコレート包み。
上からエッグノックとアーモンドがかかっていました。

また、食後のカフェに合わせて、かなりのボリュームのケーキも登場005.gif
d0116376_5353147.jpg

実はこのシュヴァルツヴェルダーキルシュトルテですが、
この日、ちょうど私たちの結婚記念日だったので、
そのウェディングケーキだったのです067.gif

銀婚式でも金婚式でもないので特に公にお祝いする理由は
なかったのですが、ちょっとしたギャグ037.gif

こういったパーティにはプログラムが必要なので、
その一つとしてケーキカットを行い、皆さんに
私たちがケーキをご馳走したというわけ049.gif

その他プログラムは、リコーダー演奏、クリスマスソング合唱、
ビンゴゲーム、クイズ、くじ引き、そうそう夏に行った行事のビデオも
みんなで観ました:
d0116376_5541638.jpg

笑い声が絶えない楽しい会でした041.gif
[PR]
d0116376_1391920.jpg

12月になりました。

明日はアドベントの第一日曜日です。
教会でリコーダーを演奏することになっています060.gif

この週末からドイツでは各地のクリスマス市が始まりました。

世界的にも有名なニュルンベルクのクリストキンデルスマルクト、
昨年は仕事がらみで行く機会がありましたが、
きょうは別の用でその最寄駅ニュルンベルク駅で
電車を乗り換えました。

ニュルンベルク駅は普段から週末は電車の乗り換えや
サッカーファンなどでいつも混雑していますが、
きょうはやはり格別にすごい人出でした005.gif

ドイツでは11月が冴えない天気のことが多いので、
暗い気持ちになりがち。

だから人々はアドベントが始まるのを
心待ちにしているのですね。

折から、南ドイツでは一昨日かなり雪が降り、
寒~くなりました。
なので、クリスマスの雰囲気盛り上がってきました049.gif

そういえば昨日asahi.comで読みましたが、
東京ドームでオクトーバーフェストが開催されたとか・・・

オクトーバーフェストの本場ドイツでは
上記のようにすでにクリスマスモードなので、
ちょっと違和感を感じました。

が、きっと東京の気候ではまだホットワインより
ビール068.gifが美味しく感じられるのかな?
なんて思いました。

とにもかくにも、あの東京ドームがいっぱいに
なっているのを見て、多くの人が「ドイツ」に
反応しているんだなあ、と驚きました。

多くの日本人にとって、ドイツと言えば
「ビールとソーセージ」だからかもしれません。

確かに「ビールとソーセージ」美味しいですよォ。

でも、ドイツに住んでいると、私など、あの手の
お祭りは騒がしすぎてちょっと苦手008.gif

私はもっぱらクリスマス市が好きで、
今年もウルムのクリスマス市など、
行ってみたいと思っています001.gif
[PR]