お相撲の話の前に我が家の日曜日の朝食の写真をご紹介:
d0116376_2271834.jpg

ちょっと豪華っぽいでしょ049.gif

さて、逸ノ城の活躍すごかったですね。

白鵬の優勝は順当でした。

でも順当でよかったですよね、大相撲協会にとっては037.gif

天下の横綱が5場所目の新人に優勝をさらわれては、
面子が立ちませんから。

言葉を換えれば、来場所もその面子、危ないかも、です。

逸ノ城の強さは偶然ではなく本物だからです。

技術がないとか何とかで、技能賞こそ貰わなかったけれど、
千秋楽に業師の安美錦に勝ったのですから、
技術だって半端じゃないと私は思います。

鶴竜に変化で勝った時、誰だか知らないけれど元横綱とかが
「そんな人間の小さいことをするなんて大した出生はしないだろう」
みたいなことを言っていたそうです。

これってほとんどヒガミじゃないかなあ・・・

変化はいいとは言わないけれど、
上位は「いつも変化がありうることも頭に入れていないといけない」
と(いつかカロヤンが変化されて負けた時)九重親方が言っていました。

そうです、横綱だったら変化されても克服しなくてはね。

今場所は久しぶりに毎日ダイジェスト版で幕内の全取り組みを
見たので、大変面白かったです049.gif

力の入った相撲が多く、楽しめました。
[PR]
毎日ダイジェスト版を見ていますが、
昨日は見られませんでした。

昼間通訳の仕事、夜翻訳の仕事、間の夕方にリコーダーの練習、
とフルスケジュールだったため、夜12時には完全にグロッキー。

で、寝てしまいました。

先ほど午前中に10日目の取り組みを見ました。

逸ノ城、すごいですねぇ005.gif
嘉風を圧倒していました049.gif

そして今日の結果を見たら、
なんと稀勢の里にも勝った049.gif

今晩見るのが楽しみです001.gif

8日目の隠岐の海戦もすごかったです。
隠岐の海を投げ飛ばしていました。

今まで勢に負けただけですけど、
あの時も勢は横綱に勝ったみたいに
インタビューされて興奮していましたっけ・・・
「やっとつかんだ白星」という感じでした。

今場所は全体として、力の入った相撲がたくさん、
という気がします。

照ノ富士、宝富士、碧山、高安など・・・
頑張っていますね。

ちょっと時代の移り変わりを感じますが、
一方ベテランの安美錦や旭鵬山も元気ですから、
新旧の組み合わせでおもしろく感じるのかもしれません。

旧と言えば、先日、元関脇の若秩父が亡くなりました。

子供の頃、ファンだったんです。

大鵬のようにスターではなかったけれど、
確か塩を高く撒くのが特徴のお相撲さんだったと思います、
それを見るのが楽しみだったことを覚えています。

お相撲ってなんか子供の時の思い出と
つながっているんですね、私の場合。

特に寒い冬の夕方、お餅を食べながら
テレビでお相撲を見ていた場面って
走馬灯のように甦ります053.gif
[PR]
今場所はお相撲、初日から毎日全取り組み観ています。

You Tubeにダイジェスト版をアップしてくださる方が
いるおかげで、それをいろいろな用が終わってから
夜遅くにゆっくりワインを飲みながら楽しんでいます069.gif

まず、逸ノ城。
すごいですね005.gif

名前の漢字の通り「逸」材です049.gif

初日から6連勝は偶然ではない。

あの体と粘り、負ける気がしないというか、
あのオーラはほとんど不気味なくらいです。

日刊スポーツの記事で読みましたが、
他の力士もいっせいに注目しているそうです。

また、「普段は弱気なのに相撲だと強すぎ」なんだそうで、
そういうところ高見盛と似ているとか037.gif

ところで、面白いことに気がつきました。

自分のご贔屓がいなくなって見ていると
昔カロヤンの天敵だった安美錦とかを
知らないうちに応援していたりする自分に
気がつきます001.gif

やはり距離を持って観ることができるからでしょうね。

それから、新大関の豪栄道ですが、
格上げになった厳しさを味わっていることでしょう。

また、菊ちゃんはきょう3敗となりました。
6日目で3敗ですからね、
これって佐渡ヶ嶽部屋シンドロームなのかも・・・
これはちょっと言い過ぎでした040.gif

全体として大関陣、奮起してほしいですね。
[PR]
新大関の豪栄道、負けてしまいました050.gif

初日ですし、重圧があったのでしょう。

大関昇進の条件である33勝を満たしていなかったのに、
どうして昇進したのでしょうね。

そういう昇進の仕方だとなおさら重圧が大きくなるので、
本当に喜んでいいのか疑問です。

上位を「日本人」が占めることが協会やファンの
一つの「希望」ということもあるのでしょう。

ところで、琴欧洲親方、引退相撲の準備で大変、
という記事をアサヒコムで読みました。


私と同じカロヤンのサポーターであるオニオンさんが
先日このブログのコメント欄で琴欧洲のテレビ露出度が
多いことに疑問を投げかけていました、

やはりこの引退相撲の宣伝のための「努力」だったみたいですね。

ファンなので日本にいたらサポートの意味で私も引退相撲には
行ったかもしれませんが、その前後のパーティその他、ご祝儀云々
という華美な部分には興味が湧きません。

今になってつくづく琴欧洲の相撲がもう観られないことが
残念でなりません。
[PR]
d0116376_2325490.jpg

リンゴが溢れている関係で、
再びリンゴを使ったケーキを作ってみました:

今回はアップルマフィン067.gif

中にリンゴが入っているのでしっとり感がありグー049.gif

なんか次第に現在尚進行中のダイエットとの両立が
厳しい状況になってきました037.gif
[PR]
2007年の夏まだヒョロヒョロだったマイガーデンのリンゴの木に
生ったのはたった一個の「リンゴちゃん」だけでした。056.gif

あれから7年目の今夏、私のリンゴの木はこんなに成長して、
「リンゴちゃん」だらけになりました037.gif
d0116376_1934685.jpg


で、収穫しましたぁ038.gif
d0116376_1974617.jpg


あまりたくさんなので、お隣とかにもプレゼントしたりしていますが、
まずは自分の家で楽しもうと、さっそくリンゴケーキを焼きました067.gif
d0116376_1994256.jpg


034.gifといっても食べ過ぎは禁物なので、
2つ焼いて、とりあえず適量味わい、あとは4分の1ずつに切り、
冷凍にし、徐々に楽しむことにしました:
d0116376_1910393.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今、お昼の代わりに食べましたが、
もう最高に美味しかったです049.gif

何が美味しいって、「リンゴちゃん」の味が
甘酸っぱくって素晴らしい!

ケーキとしての味付けと溶け合って
トロッとした舌触りになっています049.gif

自家製リンゴの自家製ケーキ、
ちょっと自慢したい気分006.gif
[PR]
全米オープンで優勝を逃した錦織選手、
小学校の頃、「ニッコリ」って言われていたんですって001.gif

決勝戦、観ましたけど、第一セットでチリッチ選手に
ブレイクされた段階からチリッチ選手のペースが
始まってしまった感じでした。

長身チリッチのあのサーブ、レシーブするのはほぼ不可能かも、
と思われるくらい速くてパワフルでした005.gif

でも錦織選手が得意のラリーで自分のテニスができていたら
チャンスはあったと思いますが、それにもミスが続きました。

いや、いい経験になったでしょう。
あの大舞台で闘ったのですから。

サッカーW杯なら4年に一度ですし、チームでやるスポーツですし、
また次に優勝をねらえばいいじゃない、となかなか言えませんが。

錦織の場合は、あれだけの実力と体力と精神力があり、
個人で闘うスポーツですし、4大大会は毎年あるわけですし、
絶対に優勝をつかむ時がそう遠くないうちに来ると思います045.gif

考えただけでも楽しみになってきました。

日本のテニス人気、きっと盛り上がりますね049.gif
[PR]
2 対 1 でドイツが勝ちました。

ま、欧州杯予選第一戦でしたからね、
とりあえず勝つことが大事だったわけです。

内容の方は、スコットランドもなかなか強かったし、
ドイツはW杯覇者としては物足りなかったですね。

ベテラン3人が代表を引退しただけでなく、
現在まだシュヴァインシュタイガー、ケディーラ、フンメルス、
それからエージルもいないので、W杯を制覇した時のレベルを
取り戻すのは今のところ無理というもの。

また、シュルレやゲッツェもまだ本調子が出せていない・・・

新しくルーディという選手が代表に抜擢されて
右MFをまあまあ頑張って守っていました。

相変わらず得点したのはトーマス・ミュラー。
頼りになりますね、あの人は049.gif

Spiegel OnlineにミュラーはBraveheartだって
書いてありました045.gif

それより、(試合のことよりっていうのも変ですが)、
ロスタイムにロイスがまた怪我しちゃって・・・

その方が胸にグサっときました。

前回W杯直前の時ほどではないけれど、
同じ踵部分の負傷で4週間絶対安静だそうです。

本当に気の毒。

代表にとっても所属クラブのドルトムントにとっても痛手です。
もちろん本人は最も辛いことでしょう。

ところで、ロイスって以前にVfRアーレンに所属していた
んですって。

驚きました005.gif

さて、今晩はもちろんUSオープン決勝戦を観るつもり。

錦織圭選手、ガンバレ047.gif
[PR]
観ました049.gif

錦織圭、やりましたね038.gif

たった今、世界ランク一位のショコビッチに勝ちました001.gif

あのレベルまで行くと精神的なものが勝敗を左右する気がします。

錦織は大事な場面で集中していました。

本人が準々決勝の後などにもすでに言っていたこと
「もう勝てない相手はいない」

この「自信」を感じました。

自信はもちろん技術に裏付けされたものなのでしょうが、
それでもショコビッチが相手だったら、
気後れしてしまっても不思議ではなかった。

ところが、自信を持ち続けて集中できた、
というところに彼の選手としての大きさがありますね。

素晴らしかったです。
ショコビッチの方がナーバスだったように見えました。

テニスって孤独な競技ですね。
あんなに長い時間、一人で闘わなくてはならないなんて。

私ならもう途中で嫌になってしまいそう・・・

錦織選手、尊敬します。

決勝も同じように淡々と闘ってほしいです。

相手がフェデラーになったら
「相手に不足はない!」
っていうところでしょうか?
[PR]
d0116376_535225.jpg

実は還暦のお祝いでした069.gif

普段はドイツ人のように誕生祝いなどしないのですが、
還暦ともなると日本でもお祝いするわけですし・・・

ということで、近くのグルメレストランで約30名のゲストを
招いてパーティ(午前11時から午後5時まで)を行いました。

本当の誕生日24日に友人から届いたカードに
「この間会った時のピンクのセーター似合ってたから
還暦はピンクでスタートしたら?」
とあったので、それをヒントに服装もテーブルデコレーションも
メニューカードやネームカードもピンクを基調にしました。
d0116376_414559.jpg

ただし、カードの色はピンクですが、和紙を斜めに貼って
日本のインプレッションを表現しました。
d0116376_4205948.jpg

最初に私の60年の歴史を紹介する意味で
夫がプレゼンを行ったのですが、
これもところどころに日本文化を紹介する目的で
夫と二人でコンセプトを考えました。
(もちろんお相撲の映像も入れましたよ037.gif

この準備にはかなり時間を要しましたが、楽しかったです。

自分のルーツと向き合うというか、
自分の人生を振り返るいい機会でした。

たとえばこの写真:
d0116376_581273.jpg

私が5歳くらいだと思います。
隣に立っているのは父方の祖母、
明治時代にピアノの英才教育を受けた西洋音楽草分けの一人です。
私もこの祖母にピアノの手ほどきを受けました。

来てくれたゲストは皆私の人生に重要な意味を
もたらしてくれた人ばかり。

その一人一人に感謝する気持ちで、
プレゼンの中でも一人一人を紹介するようにしました。
d0116376_4525989.jpg

(食事の写真は残念ながら無し)これはデザート。
ブリュレ、限りなく美味しかったです049.gif
d0116376_4541473.jpg

カフェには持ち込みの手作りケーキ067.gif

昔からの知り合いで(ヨーロッパ内ですが)
遠方から来てくれたゲストもいました。

たとえば:
これはウィーンから来てくれた友人とウイーンナーワルツの
ピアノに合わせて踊る私の後ろ姿001.gif
d0116376_4564558.jpg

遠方から来てくれた一部の友人たちとはパーティの前日と
パーティの後にもワイワイガヤガヤ。
深夜まで盛り上がりました。

疲れたけど最高に楽しい2日間でした049.gif

はっきり言って、60歳ともなると自分も友人たちも
皆もう若くないわけなので、こうやって元気に集まれるうちに
集まるのはとても意味あることだと思いました049.gif

とうとうmamapandaの年齢を公表してしまいました。
これも還暦だから特別です041.gif
すぐ忘れてください037.gif
[PR]