この間の週末にドイツに帰ってきました。

日本滞在中に逐次ブログ更新をする予定でしたが、
諸事情で余裕がありませんでした040.gif

で、こちらに帰ってきて2日後にリコーダーの友人の
軽食パーティに招待された時の写真です:
d0116376_15121135.jpg

豪華でしょう005.gif

中心にあるプレートは、近くに鱒の養魚場があって、
そこでパーティ用盛り付けをしてくれたのだそうです:
d0116376_150235.jpg

日本から帰ってきたばかりとはいえ、
今回はお魚を十分楽しむ余裕もなかったので、
満喫してしまいました037.gif

ま、日本でもこちらに帰ってくる前日には、
恒例の旧ご近所によるパーティが開催され
そこでもご馳走だらけでしたが・・・
d0116376_1562664.jpg

d0116376_15132764.jpg

いつものことながら、こちらもかなり豪華でした049.gif
[PR]
きょうは三鷹のジブリ美物館に行ってきました。
d0116376_0272936.jpg

小さい子供を連れていったせいもあると思いますが、
ちょっとガッカリしました。

ここは美術館であって、小さい子供が楽しめる要素は少ない所
なのだということがよく分かりました。

まず、「決まり」が多すぎ。

屋内写真撮影および飲食共に禁止。

どんな順番で見たら見過ごすことがないのか訊いてみたいと
思って訊いたら、「ここは順路はなく自由に見てください。」
という答え。

ネコバスコーナーでは、人数制限が行われていて、
いざ順番になると子供たちはご法度事項(屋根から飛び降りない、
駆け回らない等)をまずよく聞いてからじゃないと入れない。

同行の3歳児に持参の水筒で「水」を飲ませようと思ったら
すぐ従業員が飛んできて「外でお願いします」

いやはや規則が多すぎて閉口しました008.gif

中で鑑賞できる短いアニメ映画上映の前には
何やら年配の女性が前で5分間「ごあいさつ」。

必要ないんじゃないでしょうか?

ジブリにこんなに自由がないなんて
ちょっと違和感ありでした。

建物自体は本当に「館」という感じで
贅沢に建てられていましたが・・・

宮崎駿さんはヨーロッパの風景等を参考にして
アニメ中の風景を描いているとどこかで読みました。

確かにヨーロッパの雰囲気をいたるところに贅沢に
再現してありました。

しかし、その心というか、そのコンセプトは
何とも非ヨーロッパ的だなあと思った次第です。

何しろ従業員が多すぎる。

これは贅沢と言えば贅沢ですが、
私にとってはstrangeな(なじみのない)世界でした。

ま、一度は行ってよかったかな?

それに近年は中国や台湾からの外国人の訪問者
が主だとか・・・

私たちは日本人として行くのが遅すぎた
のかもしれません。
[PR]
明日月曜日に2週間の予定で日本に一時帰国します。

出発前はいつも何かと忙しいのですが、
昨日はヨーロッパ杯予選だったので頑張って見ました。

ところが、W杯を制したドイツがポーランドに
2対0で負けてしまいました050.gif

前半を見終わった段階では、得点にはつながらなかったけれど、
ドイツのチャンスが圧倒的に多かったので誰もがイケルと
思ったと思います。

しかし、後半にカウンター攻撃で先制され、
試合終了間際に追加点。

ドイツはチャンスが多かったのに得点に
つながらなかったのがアンラッキーでした。

ま、運だけではないのですけれどね。

やはり、ラーム、メルテスアッカー、クローゼが代表引退し、
シュヴァインシュタイガー、エージル、ケディーラの主力選手が
怪我で欠場、これは痛いですね。

W杯で活躍した守備のボアテンとフンメルスは相変わらず
安定した守りを見せていましたが・・・

昨日の試合の技術面の云々はスポーツジャーナリストに
任せるとして・・・

私は精神論で一言:

W杯優勝はたとえばラームのように過去10年間代表で闘ってきて
あと一歩のところでタイトルを繰り返し逃してきた選手にとっては
苦労の後にやっとつかんだタイトルだったわけです。

しかし、同じチームの若い選手たちも、あれ以来一人一人が
「世界チャンピオン」というタイトル付きで呼ばれているわけです。

そういった若い選手たちと10年にわたる苦労を重ねてきた選手たちが
同等に「世界チャンピオン」と呼ばれるのには本当は私はちょっと
抵抗があります。

重みが違うような気がするからです。

などと私が言ってもどうにもならないのですが・・・

少なくとも引き継ぐ若い選手たちはその違いを
しっかり意識して奢ることなく真摯に精進してほしいですね。

「苦労が足りない」とよく言いますよね。

それにノーベル賞受賞者の方たちも
「失敗が成功につながった」というようなことを
おっしゃっています。

そんなことを昨日の試合を見て感じました。

これって老婆心かもしれませんが045.gif
[PR]
グルテンアレルギーの人が身近にいるので、
グルテンフリーのザッハートルテを作ってみました067.gif
d0116376_465382.jpg

これがなんとグルテン云々にかかわらず、
大変美味しかったんですねぇ049.gif

どうやってグルテンフリーにしたかというと、
いつものレシピにある「小麦粉」の代わりに
グルテンフリーの小麦粉とコーンスターチと
半分ずつの量にしてみたわけです。

グルテンフリーの小麦粉はこちらではスーパー、または
自然食品専門店で売っています。

しかし、これだけですと、ボロボロといった感じのものになるので、
コーンスターチを入れてみたわけです。

そうしたら、しっとり感が出て、ソフト。
これまでの普通の薄力粉だけよりずっと美味しくなりました!

コーンスターチって片栗粉と同じで味をまろやかにする
効果があるらしい。

もっと早くに試してみればよかった。

それに他の料理にもこの効果を活用すればよかった、
と思った次第です045.gif
[PR]