きょうは大相撲の千秋楽だったので、
本来稀勢の里がまた優勝を逃して残念だった話など
書いて総括したいところですが、
この週末は「それどころではない」経験をしたので、
ここに少しその報告をしたいと思います:

実は私、金曜日の夜にミュンヘンであった銃乱射事件に
ニアミスしました。

私たちはビクトゥアリアンマルクトという(観光スポットでもある)
市の中心地におり、ここは実際に乱射事件が起こった場所からは
少し離れていましたが、当初は数か所でテロが起こったという情報
もあり、また、犯人が3人から6人で逃走中と言われて
いたので、周辺はパニック状態に包まれました。

私たち(日本人男性3名と私)がちょうど夕食のためにレストラン
に入って飲み物を注文した直後のことでした。

何か外が騒がしくなり、レストランの窓際に座っていた人たちが
突然一斉に体を床に伏せたのです。

最初何が起こったか全くわかりませんでしたが、
領事館からのニュースレターにあったテロに対する心構えの中に、
「銃声を聞いたら床に伏せること」というのがあったのを思い出し、
とにかく私たちも床に体を伏せました。

しかし、体を伏せたその動作だけで「テロが起こったんだ」
という事実を受け入れなくてはならなかったともいえます。

その瞬間が一番怖かったです。

なぜなら、頭の上を銃弾が飛びかうかも・・・
大勢のテロリストが自分の居るレストランに入り込んでくるかも・・・
人質に取られるかも・・・

といったこれまで起こったテロから想像できる場面が
頭をよぎったからです。

幸いなことにそのようなことはありませんでしたが、
外に出るのは危険だということで、
店のスタッフに誘導されて地下室に避難することになりました。

そして、そこで約3時間、スマホに送られてくる情報を
互いに交換し合いながら、不安な時を過ごしました。

逃走中の犯人を市外に逃がさないように
中央駅が閉鎖され、公共交通機関全停止、
タクシーも走っていない様子でした。

滞在先のホテルへはそこから徒歩で30分ほどで帰れそうだったので、
外に出るタイミングを探っていたのですが、
大勢の警官が出動しており、犯人がまだ特定されておらず、
逃走中ということだったので、そこに留まらざるを得ませんでした。

しかし、数か所にわたってテロが起こったというのが誤報で
あったことが確認され、少しずつ外に人出が見えてきたという
情報で、私たちも夜10時過ぎに、勇気をもってホテルに向かう
ことにしました。

なるべく暗いさみしい道は避けて通っていくために
遠回りして50分くらいは歩いたかと思います。

東関東大震災の時に帰宅難民になったときのことを
思い出しました。

ようやくホテルに着いた時は本当にホッとしました。

ホテルロビーにあるバーは
多くのホテル宿泊客でごった返し
大繁盛していました。

誰もが苦労してようやく無事に帰れたことを
喜び合っていたのだと思います。
私たちも同じ気持ちでした。

しかし、亡くなった9人の方々には
心からお悔やみ申し上げます。

また、怪我をされた方々もいらっしゃいます。
どうか本当にお大事に。

テロは断じて許せない行為です。

が、残念なことに、どこに居ても起こるかもしれないという
覚悟が必要ということを私は今回実感しました。

今回、ドイツの警察が本当に迅速に結集し、
適切に対応したことが各方面で褒められています。
普段からテロを想定して訓練を行っていた成果だったようです。

腹立たしいのは、SNSなどで誤報を流して、
捜査を錯乱させた人たちがいたということです。

これからの大きな課題です。

日本も東京オリンピックに向けて、
テロ対策をしっかり取らなくてはならないと
思いました。

あと、感心したのは、私たちが避難していたレストランの
スタッフが飲み物をもってきてくれたり、情報を伝えてくれたり、
WiFiを使わせてくれたり、とてもよくケアしてくれたことです。

駅が閉鎖されて行き場を失っていた旅行者なども
ずいぶん地元市民に助けられたと聞いています。

日本人だけでなく、「困った時はお互い様」という気持ちは
ドイツ人も同じ、普段ドイツ人のことを「不愛想」と
愚痴るのはこれから止めることにしましょう。

そういえば、ホテルに出発するとき、レストランのスタッフに
挨拶し、飲み物代を支払おうとしたのですが、店長はそれを
受け取らずに
「食事を味わってもらえなかったのが本当に残念」
と言ったので、私たちは
「じゃ、次に必ず」
と言って、そこを再度訪れることを約束したのでした。

究極を共に乗り越えた団結感がそこにありました049.gif
[PR]
サッカーE杯の決勝戦の日に大相撲名古屋場所が
始まりました。

その日はもちろんサッカーの方に気を取られて
初日の様子はその日に見ませんでしたが、
その後はちゃんと毎日You Tubeで見ています049.gif

今場所はなんと言ってもキセノンの綱とりなるか?
がテーマですね。

もちろん私も応援しています。

これまでのところ、稀勢の里、落ち着いていますね。

昨日の松鳳山の変化には憤慨しました022.gif

なんでこんな大事な時に変化なんかするの?
と思いました。

しかし、変化は禁じられてはいないので、
それも松鳳山は下位力士ですから、
しっかり受けて立たなくてはならなかったんでしょうね。

2敗となったのは誠に残念でした。
それも白鵬をリードしたと思った矢先だったので・・・

でもきょうはそれを引きずらず勢に勝ちました。

優勝争いはちょっとどんぐりの背比べみたいに
なってきました。

あと千代の国が面白いです。
そうそう正代も。

琴勇輝はどうしたんでしょうねぇ。
どこか体の調子が悪いのかと心配です。

今場所は佐渡ヶ嶽部屋さんざんです002.gif
[PR]
信じられない結果でした005.gif
あのポルトガルがあのフランスに勝つなんて・・・

結構多くの人が、今回のE杯で通常90分内に勝利を
決めたのがたった1回だけだったポルトガルが決勝進出
する事実に「腹を立てて」いたんです。

それにあのスーパースターのロナウド。

目立ちたがりやで自意識の強い、筋肉ムキムキ、
そして憎らしいほどサッカーが上手なロナウドを
やっかむ気持ちも(私にも)ありました。

なので、「ポルトガルはロナウドだけで持っている」
というのが定説になっていて、そんなチームが
勝てるわけないでしょ、と思っていたんです。

事実は小説より奇なり、です005.gif

それも事実は特上の小説にも劣らないほど
ドラマチックでした049.gif

スーパースターが試合開始後25分で怪我で交代。

ロナウドが居ないポルトガルなんて・・・
と誰もが思ったでしょう。

それに退場しなくてはならなかったロナウドが見せた涙。
私でも「かわいそう~002.gif」と思いました。

もう誰の目にもフランスの優勝は明らかだったのです。
それまでも、またその後もフランス優勢でしたから。

ところが、フランスは幾度もあったチャンスを物に
できないまま90分が過ぎました。

まるでドイツ対フランスの準決勝のドイツみたいでした。

で、0-0で延長戦に入ることになりました。

その時なのですが、怪我で退場してそれまで姿を消していた
ロナウドが足を引きずりながら出てきて、一人一人の
同僚選手に声をかけたのです。

何を言っているのかは不明でしたが、試合後の選手の
インタビューによると、どうも「お前たちを信じているから」
と強く言っていたらしい。

それが功を奏したのか、延長戦のポルトガルはフランスに
引けを取らない闘いぶりでした。

そして延長戦終了の5分くらい前にロナウドの代理で入った
エーダーがゴール049.gif

いや、ホントにビックリポンでした。

この時のピッチサイドの監督とロナウドの喜びようは
尋常じゃなかった037.gif

その後の5分間、ロナウドは監督のアシスタントかと
思われるほど、終始サイドから声をガンガンかけ通し。

私はそれでもフランスなら最後の数分間に一点返せる
のではないかと実は思っていたのですが・・・
ダメでした。

しかし、この成り行きというか何というか、
このドラマに私はポルトガルファンじゃないのに、
やはり感動しましたね。

ドイツもフランスに対して優勢だったのに負けました。
フランスもポルトガルに対して優勢だったのに負けました。

戦略だとか何だとか分析できる理由はいろいろあるのでしょうが、
運というか、神の力というか、人間の頭脳では説明できない
何かがあるのは確かという気がしました。

私が勝手に思っているのですが、

いつもチームが頼りにしているロナウドが欠けて、
返ってチームが団結して、90分をディフェンスに
集中し必死に0ゴールで切り抜けた。

そして、あの延長戦が始まる前に
ロナウドが各選手にかけた言葉がチームに自信を与えた。

これが勝因ではないかな?

とにかく、完璧な筋書きのドラマでした049.gif
[PR]
昨夜ドイツは2-0でE杯開催国フランスに
負けてしまいました007.gif

ドイツがほとんどまさっていたので
これは不思議な結果でした。

でも、ドイツのほんの少しのミスをフランスが
チャンスとして確実にとらえたのです。

応援もすごかったし、ホームのメリットも
あったでしょう。

ドイツがあれだけたくさんのシュートを放ち
あれだけさまざまな選手がトライしたのに
一つも入らなかったのは、いったい何でだったのか?

というのがドイツではきょうメディアのテーマに
なっています。

まず、運がなかった。

そして、トップポジションのアタッカーがマリオ・ゴメス
しかいなかったのが敗因という説が濃厚です。

そのマリオ・ゴメス、怪我で準々決勝を途中で退場。
準決勝では欠場だったのです。

それで、ゴメスの代わりになる選手がいなかったわけです。

加えてMFケディーラも怪我で欠場、そして準決勝の途中では、
今大会信頼できる大黒柱だったボアテンが怪我で退場。

特にグリースマンに入れられた2点目は、GKノイアーが
ボールをはじくために前に出てゴールが空になった隙だった
ので、あの時誰もが「ボアテンが居れば・・・」
と思ったでしょう。

スポーツに怪我はつきものですが、
たくさんの怪我人が出てレーヴ監督も大変だったと
思います。

その中で万全の戦略を立て、選手もそれにこたえたのに、
残念でした。

日曜日の決勝を待たずにE杯フィーバーはすでに
ドイツでは収まりつつあります。

レーヴ監督も言っていましたが、
優勝はフランスでほぼ間違いないでしょう。

だって、ポルトガルはまだ一回(準決勝のウェールズ戦)
しか勝っていないのですから、それで優勝はないでしょう。
いくらロナウドが居ても。
[PR]
ドイツ対イタリア

さすがにこのカードは日本の地上波テレビでも
放送がありましたね。

延長戦の後、PK戦でドイツが勝ちました。

120分を通してドイツが優勢だったので、
この結果は妥当だと思います。

でも、PK戦というものはクジみたいなものなので、
見ている方も神経がすり減ります008.gif

ドイツはエジル、ミュラー、シュヴァイニーの古参が失敗。
ドラクスラー、キミッヒ、ヘクトアの新参が成功。

ファウルでPKを呼んでしまったボアテンは
その汚点を返上するかのように成功。

なんかきょうのはただのPKとは違った。
人間の心の動きがよく見えた感じでした。

さて、ドイツの準決勝は木曜日。
対戦相手はアイスランドがフランス。
それはきょう決まります。
[PR]
日本では有料テレビでしか見られないので
E杯はあまり関心の対象になっていないようです。

でも、ヨーロッパではイギリスのEU離脱もさることながら、
いや、もしかしたら、だからこそなおさら、
(一種の逃避作用の役目もあるのか?)
大きな関心事です。

すでに準決勝が始まっていて、
その第一戦ポルトガル対ポーランドは
PK戦でポルトガルが勝ちました。

ポルトガル、予選リーグを含めて5戦通して、
まだ一度も「勝って」ないんですよねぇ・・・

それなのに準決勝に進むなんて何てことなの?

方やポーランドは5戦通して一度も「負けて」ないのに
お国に帰らなくてはならないなんて・・・
なんか気の毒007.gif

ポルトガルにはあのスーパースター ロナウドが居ます。
この人がPK等で失敗すると、結構喜ぶ人がいるのだそうです。
実は私もその一人・・・意地悪ですみません040.gif

で、折から、きょう準々決勝第2戦ウェールズ対ベルギーで
ウェールズが優勝候補だったベルギーに勝ってしまうという
番狂わせがありました。

ウェールズ人の友達に早速お祝いメールを送りました049.gif

で、このウェールズの勝利によって、準決勝第一戦は
ウェールズ対(一度も勝っていない、ロナウドが居る)ポルトガル
ということになってしまったのです005.gif

ま、この場合、もちろん私はウェールズを応援しますね。

そして、ウェールズの勝利を予言します045.gif
[PR]