d0116376_18434185.jpg
ハンブルクに来ています。

ちょっと郊外のホテルに宿泊中。

チェックインして客室に入ったら
こんなものが。。。
d0116376_18461159.jpg
で、クリスマスにまつわるお話のプリントが
添えてありました❤

洒落た計らいにちょっと感動👍

クリスマスってやっぱり素敵👏

喧嘩している相手がいたら仲直りしたい。
争い事があったら和解したい。

そういう気持ちにさせてくれる時だと
思います。

今こそ世界に平和を、
心からの祈りです。

[PR]

d0116376_22530654.jpg
アドベントも半ば過ぎて、至るところで
クリスマス会が開かれています。

昨日の午後は近郊のボプフィンゲンと言う町の
教会の婦人会のクリスマス会に呼ばれて
リコーダーの演奏に行ってきました。

カトリックとプロテスタント両方共同の会で、
上記の写真にあるように長く並べたテーブルの
列が4列くらいあったので、60人~70人くらい
の出席者だったでしょうか・・・

で、演奏はうまくいきました060.gif

お茶に出たケーキは全部手作りで、
一人一人お皿に2種類が載って出てきました067.gif

どれもとても美味しかったです049.gif

[PR]
さて日本から帰ってきて1週間が過ぎましたが
いまだに時差ボケが取れない私です。

しかしもうアドベントが始まっている、
始まっているどころかもう第3日曜日が
過ぎてしまい後半に入っているのです。

今年はイブが土曜日なのでアドベントの始まりが
ぐっと早かったわけです。

後手後手になりながらも今年も
お気に入りクッキー4種焼きました049.gif


d0116376_08240951.jpg
d0116376_08234376.jpg
d0116376_08243850.jpg
d0116376_08230846.jpg
このクッキーの後ろに立っているのは
バイエルン地方産のシングルモルトウィスキーです。
これがクッキーに合うんですねぇ。
まろやかな舌触りが何とも言えません049.gif
バイエルン地方にはビールだけじゃなく、
こういったスコッチに勝るとも劣らない
ほどのウィスキーもあるのです。





[PR]
がっかりでしたねぇ007.gif

この2,3日相撲を見ていて思わず拍手してしまうくらい、
久しぶりに歓喜する瞬間を味わっていた私だったんですけど・・・

期待がまたまた泡となって消えてしまいました050.gif

思えばカロヤンのライバルだったころは、
ひたすらカロヤンに負けることを祈っていたのですけど、
今は、菊ちゃんより、豪栄道より、横綱に近い
唯一の日本人実力派だから心から応援しています。

で、こういう大事な一番に負けるのは本当に悔しい022.gif

それも相手の栃ノ心はきょうは変化ではなく、
堂々とした相撲で勝ったのですから本物の力負け、
稀勢の里としては余計ショックだったと思いますよ。

さて、これで今場所もまた(私にとって)つまらない
結果に終わりそう。

来年、キセノンの復活あるでしょうか?
あればいいのですが・・・
気持ちを保つのって簡単ではないかもしれません。
でもそれは見ている方も同じです002.gif

[PR]
実は私、今日本にいます。

で、この季節、やはり紅葉狩りをしない手はない、
と思い、きょうは高尾山方面に出かけました。

天気予報では一昨日まできょうは雨ということに
なっていたので、予定を変更しようか、など
迷っていたのですが、変更しないで正解でした058.gif

途中の電車からは何と富士山まで見えたのです
(真ん中へんに写っているのですが見えるでしょうか?):
d0116376_23031668.jpg
あとはもう鮮やかな色に囲まれました005.gif049.gif
d0116376_23060921.jpg
d0116376_23070335.jpg
d0116376_23073581.jpg
d0116376_23110389.jpg
d0116376_23114115.jpg


[PR]
いや~、キセノン、素敵でした049.gif

白鵬に対して粘り強く最後まで戦い、
立派でした。

綱取りがゼロに戻り、
豪栄道が注目されるようになり、
影が薄くなっていたキセノン。

でも、私はどうしても豪栄道の綱とりを
応援する気になれなくて、心の中で
キセノンの復活をイメージしていたのです。

いいえ、別に、豪栄道に対して反感があるわけではなく、
ただ「順番が違うでしょ。キセノンが先でしょ。」
と思っていたわけです037.gif

あと5日、頑張れ、稀勢の里!

[PR]
ドイツの夜空に浮かぶスーパームーンです049.gif
d0116376_02483202.jpg

d0116376_02484873.jpg


[PR]
こちらドイツは今寒くて雨模様、
所によっては雪など降ったりしています。

そんな中、仕事がらみでホーエンツォレルン城
に行ってきました。

前回ここを訪れたのはちょうど8年前。
ということがこのブログの過去の記事で
判明しました:

当時はいいお天気だったんですけどね・・・
しかし、曇り空に浮き上がって見える
美しい城塞が実に幻想的に見えました。
d0116376_06473561.jpg

d0116376_06475457.jpg

d0116376_06481333.jpg
ヘッヒンゲンの町を望む
d0116376_06482604.jpg


[PR]
きょうは仕事で名古屋からドイツにいらした方たちと
お話しする機会がありました。

そこで話題になったのがこの夏名古屋が
「行きたくない所第一位」に選ばれたこと。

さらにグランパスの2部陥落が追い打ちをかけ、
ますます人気の下降線をたどりそうな名古屋、
なんででしょうねぇ002.gif

私は今年の2月に名古屋市科学館のプラネタリウムを
見に行って感心したのでいい印象があるんですけどね。

それに手羽先などおいしいものもたくさんあるし・・・

今私の住んでいる町の人たちの有志で来年の秋
日本へ旅行するという話があり、
その計画を少しずつ立てているのですが、
関西方面から関東に移動するときに
敢えて名古屋で一泊する計画にしようかな、
と考えています。

どうでしょうかね、そういう案は006.gif


[PR]
ハンブルクから車で2時間半北上して
デンマークのグラムというところに住む
35年来の友人宅を訪ねました。

グラムもお城が12世紀に建てられたものだとかで
古い町なんですが、そこから30分くらい車を
走らせたところにリーベという少し大きい町があり、
これがスカンジナビアで最も古い町なんだそうです005.gif

軒並み古い家々が立ち並んでいました:

d0116376_05384660.jpg
d0116376_05355544.jpg
d0116376_05375767.jpg
d0116376_05370490.jpg
d0116376_05372059.jpg

ただ、この日、信じられないくらい風が冷たくて、大変でした021.gif

[PR]
先週行ってきました。
今回は仕事ではなく、プライベートだったので、
動物園好きの私としては、
有名なハーゲンベック動物園を訪ねるのを
楽しみにしていたのですが・・・

諸事情で時間が足りず、
熱帯水族館だけになってしまいましたぁ。

でも水族館も十分見ごたえのあるものでしたよ049.gif


d0116376_03190916.jpg
d0116376_03185385.jpg
d0116376_03192261.jpg
d0116376_03183878.jpg
d0116376_03182185.jpg

[PR]
d0116376_19450758.jpg
049.gif今度はパーフェクトでした049.gif

レーズンが上に飛び出さないように、
下に敷いた生地の上にレーズンをまき散らし、
その上にリンゴを広げ、上から押しました。
それからクランブルを広げたわけです。

味ももちろん最高067.gif


[PR]
d0116376_07271855.jpg

リンゴ収穫の季節を迎えて
リンゴを使ったケーキを作る機会も多くなっています。

そんな中でこのレシピはイケます049.gif

クランブルを作ってその半分を
天板(30x40cm)に押しながら広げ、
これを台にし、その上にレーズンを混ぜた
リンゴを広げ、その上にもう半分のクランブル
を広げてオーブンで焼きます067.gif

クランブルを底と上に使うというのがポイント。
簡単ですよね。

材料:

クランブル:
小麦粉 500 g
ベーキングパウダー1袋(16 g)
グラニュー糖 200 g
バニラシュガー1袋(8 g)
シナモン 小さじ 1
卵 1個
無塩バター 250 g

中身:
リンゴ 1 kg
レーズン 100 g

リンゴは細かい細切りにし、
レーズンと混ぜます。*

焼き時間:
180度で約40~50分

*レーズンを混ぜるようにしないと
(私の写真のように)上に覗いて出てしまい、
焦げて苦くなります。その点、第一回目ちょっと
失敗しました。
でも全体としては美味しかったですよ049.gif


[PR]
ミュンヘンと言えばオクトーバーフェストとか
マリエン広場とか観光イベントや名所を思い浮かべ
ますが、昔から動物園もあるんですね。

ということで今回はミュンヘン市南西部にある
ヘラブルン動物園に行ってきました。

園内の道が比較的平坦で周り安く、
小雨の降る悪天候にもかかわらず、
十分楽しめました049.gif

あまり写真がないのですが、
この「蟻食い」が面白かったです:


d0116376_07184653.jpg


[PR]
に行ってきました。
私の住んでいる所から車で一時間
くらいのところ(ギュンツブルク)
にあります。

まあ遊園地なのですが、
私としてはもう少し子供が夢を感じるような
遊園地を期待していました。
だって、レゴなんですから・・・037.gif
それに結局はレゴを買わせるというのが
目的の遊園地なので商業的な感じは否めませんでした。
でも、レゴで作ったベルリンやベニス等の
町はやはり素晴らしかったです049.gif
d0116376_06530971.jpg
d0116376_06534993.jpg
d0116376_06542068.jpg
これ全部レゴで出来ているんですよ005.gif


[PR]
d0116376_03262952.jpg
霧の中でしたが、野外で行う太極拳
気持ちよかったです049.gif


[PR]
おめでとうございます049.gif

白鵬不在の場所での優勝ですが、
そういうチャンスをものにした
という点も評価の内です。

それだけに、同じチャンスを
ものにできなかったハルマや鶴竜、
そしてキセノンが不甲斐ない、
と言えるかもしれません。

特に鶴竜は050.gif
キセノンは002.gif
っていう感じですね。

カド番で優勝した力士は
カロヤン以来、10年ぶり。

あの時は、朝青龍も白鵬もいたしね・・・
立派でした、カロヤン。

ただ、アミで委縮して一敗しちゃった。
それで全勝じゃなかったんでしたっけ。

豪栄道、全勝というのはやはり立派。

来場所もこの快進撃を続けて
一発屋でないことを証明してほしいですね。

キセノンも来場所優勝すれば
まだ昇進のチャンスあるかも。

諦めないで。


[PR]
横綱白鵬不在の中で始まった秋場所ですが、
きょう3日目で豪栄道以外の横綱・大関陣が
皆黒星を喫しています。

NHKニュースでは「鶴竜に初日が出ました」
と言っていたので、横綱なのにね008.gif・・・
と思ってしまいました。

これでは関脇以下の力士たちに優勝のチャンスが
回ってくるかもです。

キセノンと2横綱を倒した今場所前頭筆頭の
隠岐の海がすごい活躍ですね。

まだこれからどうなるか分かりませんが、
白鵬の絶対的な強さ、横綱らしさが
居ないと、恋しくなるのもおかしなものです037.gif

キセノンが栃ノ心の変化で敗れたのは
気の毒というか残念というか、
悔やまれます。

でも相手がそれだけ攻略策を考えて
向かってくる対象になっていること
自覚していなくてはなりませんね。

残りの12日間を全部白星で埋める覚悟で
頑張ってほしいです。


[PR]
すみません040.gif

「では、写真:」
と書いた後、眠ってしまいました042.gif

なので、続きです:

d0116376_18163132.jpg
d0116376_18172260.jpg
d0116376_18230593.jpg


d0116376_18232532.jpg

d0116376_18180757.jpg
綺麗でした049.gif







[PR]
ブレゲンツといえば、ボーデン湖畔にある
オーストリアの町。

そこで毎年夏に音楽祭が開催され、
超現代化されたオペラなどが人気だという
話は知っていましたが、その森があるとは・・・
正直言って知りませんでした。

ウイーンに住む知人が今夏そのブレゲンツの森に
行く予定と聞いて興味を持ったのがきっかけです。

そのブレゲンツの森に小旅行に行ってきました。

山の景色が圧巻で、空気もおいしいし、
山(私たちのホテルが)奥だったので、
夫が希望していた星の観測もばっちりできました049.gif

では、写真:



[PR]
テニスって何て孤独な競技なの?!

っていうのが私の感想です。

マリー戦で体力を使い果たしたみたいですね。
いやあ、それだけのことはありました、あの勝利は。

猛暑の中で、これまでの疲れを押して、
世界トップクラスとの闘いを継続するのは
心と体、両方が盤石じゃないと越えられない
ハードルですよね。

技術面でもう最高峰に達していると言っていい
錦織選手のこれからの課題は体力づくりという
まったく基本的ものなのかもしれません066.gif

そういえば、女子の準決勝を見ても思いましたが、
美しい女子選手の肢体もまさに筋肉の
塊みたいでしたぁ005.gif

いずれにしても、錦織選手、立派な、
そしてこれからにも続く意味ある結果を
残したと思います。

ご苦労様でした。

[PR]
今、オーストリアのブレゲンツの森というところに来ています。

これに関しては別に報告したいと思っていますが・・・

滞在先のホテルでたった今、USオープンの錦織 対 マリー
を観ました。

本当に手に汗を握る試合でした042.gif

ハイレベルの選手二人の勝敗を分けるのは
心理的なものに尽きるということをつくづく
感じる試合でした。

錦織は第一セット、全然弱かったです。

でも、マリーがナーバスになった時に
しっかり落ち着いてそれを利用することができた。
それで一気に連続してゲームを取りました。

で、マリーをリードして余裕をもって
勝利に向かうかと思うと失敗を繰り返す、
という展開だったので、本当に最後まで
どちらが勝つか分かりませんでした。

でも、立派でした。
世界ランク2位を相手に本当に
磨かれた職人芸を見せてくれました。

おめでとうございます!

の一言です、ハイ。

[PR]
d0116376_012876.jpg

今年の夏もマイガーデンのリンゴちゃんは
豊作でした。

この写真はもういくつか収穫した後のもので、
このところ雨があまり降らないために、
葉っぱも早落ちてしまっています。
d0116376_014653.jpg

乾燥した空気はリンゴのサイズにも関係しているらしく、
小さいものが多いです。

また、何かの理由で表面に黒い点がたくさんついてしまいました。
夏のはじめに雹が降ったからではないか・・・
と隣家のおじさんは言っていますが、ホントかな?

それにもかかわらず、いくつか収穫して、
恒例のアップルケーキを作りました067.gif
d0116376_02061.jpg


美味でした049.gif
[PR]
のライブに行ってきました049.gif

スポーツ観戦好きの私はもちろん毎日オリンピックを
注目していて、その私が2週間ぶりの投稿記事に、
それではなく、音楽について書くなんて・・・

ちょっと可笑しいですよね037.gif

でもでもオリンピックはいろんなところで
レポートされていて、日本選手の活躍には
私も感動させられていますが、
この「アコギの神様」をライブで体験した感動は
自分オリジナルの記録に残しておかなければ、
と思ったわけです045.gif

このフィンガーピッキングの達人は2005年から
毎年来日しているそうなので、日本にもきっと
ファンがたくさんいるでしょう。

オーストラリア人で、アメリカとイギリスに
住まいを持っています。

私はドイツ・フランケン地方の小さな町で
開催されたギターフェスティバルに招かれて
行ったコンサートに行ってきました。

6歳の頃からギターをプロ並みに弾いていたそうなので、
まるでギターのモーツァルトですね、この人。

本当に指が何本あるのかと思うほどでした005.gif
彼一人、ギター一本で、完璧な音楽の演奏を
披露してくれました。

時折歌も披露、そしてギターを使ったパーカッション、
そしてウィットに富んだトーク、
エンターテーナーとしてもスターです。

激しい曲の後に演奏する実に美しいバラード、
鳥肌が立つような世界でした。

最後は聴衆の感動も頂点に達し、
もちろんスタンディング・オーべ―ション049.gif

アンコールを求める拍手が延々と続き、
トミーはなかなか帰してもらえませんでした037.gif

なんでドイツのこんな小さな町に世界的な
ギターの天才がやってくるのか不思議でしたが、
どうも友人がいるらしく、10年前にも当地で
コンサートを行ったとか。

私にとっては本当にラッキーチャンスでした。

至福の時を過ごしました053.gif
[PR]
ミュンヘン銃乱射事件の後、ドイツでも日本でも
毎日のように恐ろしい事件が続き、
このまま連鎖が続いたらどうなるかと思いましたが
ここ数日はとりあえず連鎖はないようです。

とはいってもトルコの問題などドイツにとっては
深刻な問題が山積しているので、本当にこれから
世界はどうなっていくのかと心配です。

それにしても日曜日の東京都知事選挙の結果、
小池百合子氏が新都知事に選ばれたことは朗報です。

もう言い尽くされましたが、あの石原慎太郎の
高慢な言い様、(前から嫌いでしたが)
何とも時代に即さないものでした。

女性についてああいうことをいう男性が
許された時代は本当にもう大昔の日本です。

今、気が付いてみれば、重要なポジションに
女性が就いていることが多い時代になってきています。

また、逆に言えば、女性のキャリアを認められない
社会は発展しないということまで実際に見えてきて
いるような気がします。

企業でもダイバーシティということが言われてきて、
それに配慮しない企業には優秀な人材が集まらなくなり、
結果、業績が落ち込むという危機感を持たなければ
ならないということが叫ばれています。

これ、少子化の問題と合わせて、本当に真剣に取り組む
べき問題だと思います。

などと都知事選挙の結果に歓喜していましたが・・・

同じ日、大横綱だった千代の富士の訃報があり、
相撲ファンとしては、悲しい日でもありました。

千代の富士が大活躍していたころ、
私たちは東京に住んでいたので、
夫も大ファンでした。

合掌。
[PR]
きょうは大相撲の千秋楽だったので、
本来稀勢の里がまた優勝を逃して残念だった話など
書いて総括したいところですが、
この週末は「それどころではない」経験をしたので、
ここに少しその報告をしたいと思います:

実は私、金曜日の夜にミュンヘンであった銃乱射事件に
ニアミスしました。

私たちはビクトゥアリアンマルクトという(観光スポットでもある)
市の中心地におり、ここは実際に乱射事件が起こった場所からは
少し離れていましたが、当初は数か所でテロが起こったという情報
もあり、また、犯人が3人から6人で逃走中と言われて
いたので、周辺はパニック状態に包まれました。

私たち(日本人男性3名と私)がちょうど夕食のためにレストラン
に入って飲み物を注文した直後のことでした。

何か外が騒がしくなり、レストランの窓際に座っていた人たちが
突然一斉に体を床に伏せたのです。

最初何が起こったか全くわかりませんでしたが、
領事館からのニュースレターにあったテロに対する心構えの中に、
「銃声を聞いたら床に伏せること」というのがあったのを思い出し、
とにかく私たちも床に体を伏せました。

しかし、体を伏せたその動作だけで「テロが起こったんだ」
という事実を受け入れなくてはならなかったともいえます。

その瞬間が一番怖かったです。

なぜなら、頭の上を銃弾が飛びかうかも・・・
大勢のテロリストが自分の居るレストランに入り込んでくるかも・・・
人質に取られるかも・・・

といったこれまで起こったテロから想像できる場面が
頭をよぎったからです。

幸いなことにそのようなことはありませんでしたが、
外に出るのは危険だということで、
店のスタッフに誘導されて地下室に避難することになりました。

そして、そこで約3時間、スマホに送られてくる情報を
互いに交換し合いながら、不安な時を過ごしました。

逃走中の犯人を市外に逃がさないように
中央駅が閉鎖され、公共交通機関全停止、
タクシーも走っていない様子でした。

滞在先のホテルへはそこから徒歩で30分ほどで帰れそうだったので、
外に出るタイミングを探っていたのですが、
大勢の警官が出動しており、犯人がまだ特定されておらず、
逃走中ということだったので、そこに留まらざるを得ませんでした。

しかし、数か所にわたってテロが起こったというのが誤報で
あったことが確認され、少しずつ外に人出が見えてきたという
情報で、私たちも夜10時過ぎに、勇気をもってホテルに向かう
ことにしました。

なるべく暗いさみしい道は避けて通っていくために
遠回りして50分くらいは歩いたかと思います。

東関東大震災の時に帰宅難民になったときのことを
思い出しました。

ようやくホテルに着いた時は本当にホッとしました。

ホテルロビーにあるバーは
多くのホテル宿泊客でごった返し
大繁盛していました。

誰もが苦労してようやく無事に帰れたことを
喜び合っていたのだと思います。
私たちも同じ気持ちでした。

しかし、亡くなった9人の方々には
心からお悔やみ申し上げます。

また、怪我をされた方々もいらっしゃいます。
どうか本当にお大事に。

テロは断じて許せない行為です。

が、残念なことに、どこに居ても起こるかもしれないという
覚悟が必要ということを私は今回実感しました。

今回、ドイツの警察が本当に迅速に結集し、
適切に対応したことが各方面で褒められています。
普段からテロを想定して訓練を行っていた成果だったようです。

腹立たしいのは、SNSなどで誤報を流して、
捜査を錯乱させた人たちがいたということです。

これからの大きな課題です。

日本も東京オリンピックに向けて、
テロ対策をしっかり取らなくてはならないと
思いました。

あと、感心したのは、私たちが避難していたレストランの
スタッフが飲み物をもってきてくれたり、情報を伝えてくれたり、
WiFiを使わせてくれたり、とてもよくケアしてくれたことです。

駅が閉鎖されて行き場を失っていた旅行者なども
ずいぶん地元市民に助けられたと聞いています。

日本人だけでなく、「困った時はお互い様」という気持ちは
ドイツ人も同じ、普段ドイツ人のことを「不愛想」と
愚痴るのはこれから止めることにしましょう。

そういえば、ホテルに出発するとき、レストランのスタッフに
挨拶し、飲み物代を支払おうとしたのですが、店長はそれを
受け取らずに
「食事を味わってもらえなかったのが本当に残念」
と言ったので、私たちは
「じゃ、次に必ず」
と言って、そこを再度訪れることを約束したのでした。

究極を共に乗り越えた団結感がそこにありました049.gif
[PR]
サッカーE杯の決勝戦の日に大相撲名古屋場所が
始まりました。

その日はもちろんサッカーの方に気を取られて
初日の様子はその日に見ませんでしたが、
その後はちゃんと毎日You Tubeで見ています049.gif

今場所はなんと言ってもキセノンの綱とりなるか?
がテーマですね。

もちろん私も応援しています。

これまでのところ、稀勢の里、落ち着いていますね。

昨日の松鳳山の変化には憤慨しました022.gif

なんでこんな大事な時に変化なんかするの?
と思いました。

しかし、変化は禁じられてはいないので、
それも松鳳山は下位力士ですから、
しっかり受けて立たなくてはならなかったんでしょうね。

2敗となったのは誠に残念でした。
それも白鵬をリードしたと思った矢先だったので・・・

でもきょうはそれを引きずらず勢に勝ちました。

優勝争いはちょっとどんぐりの背比べみたいに
なってきました。

あと千代の国が面白いです。
そうそう正代も。

琴勇輝はどうしたんでしょうねぇ。
どこか体の調子が悪いのかと心配です。

今場所は佐渡ヶ嶽部屋さんざんです002.gif
[PR]
信じられない結果でした005.gif
あのポルトガルがあのフランスに勝つなんて・・・

結構多くの人が、今回のE杯で通常90分内に勝利を
決めたのがたった1回だけだったポルトガルが決勝進出
する事実に「腹を立てて」いたんです。

それにあのスーパースターのロナウド。

目立ちたがりやで自意識の強い、筋肉ムキムキ、
そして憎らしいほどサッカーが上手なロナウドを
やっかむ気持ちも(私にも)ありました。

なので、「ポルトガルはロナウドだけで持っている」
というのが定説になっていて、そんなチームが
勝てるわけないでしょ、と思っていたんです。

事実は小説より奇なり、です005.gif

それも事実は特上の小説にも劣らないほど
ドラマチックでした049.gif

スーパースターが試合開始後25分で怪我で交代。

ロナウドが居ないポルトガルなんて・・・
と誰もが思ったでしょう。

それに退場しなくてはならなかったロナウドが見せた涙。
私でも「かわいそう~002.gif」と思いました。

もう誰の目にもフランスの優勝は明らかだったのです。
それまでも、またその後もフランス優勢でしたから。

ところが、フランスは幾度もあったチャンスを物に
できないまま90分が過ぎました。

まるでドイツ対フランスの準決勝のドイツみたいでした。

で、0-0で延長戦に入ることになりました。

その時なのですが、怪我で退場してそれまで姿を消していた
ロナウドが足を引きずりながら出てきて、一人一人の
同僚選手に声をかけたのです。

何を言っているのかは不明でしたが、試合後の選手の
インタビューによると、どうも「お前たちを信じているから」
と強く言っていたらしい。

それが功を奏したのか、延長戦のポルトガルはフランスに
引けを取らない闘いぶりでした。

そして延長戦終了の5分くらい前にロナウドの代理で入った
エーダーがゴール049.gif

いや、ホントにビックリポンでした。

この時のピッチサイドの監督とロナウドの喜びようは
尋常じゃなかった037.gif

その後の5分間、ロナウドは監督のアシスタントかと
思われるほど、終始サイドから声をガンガンかけ通し。

私はそれでもフランスなら最後の数分間に一点返せる
のではないかと実は思っていたのですが・・・
ダメでした。

しかし、この成り行きというか何というか、
このドラマに私はポルトガルファンじゃないのに、
やはり感動しましたね。

ドイツもフランスに対して優勢だったのに負けました。
フランスもポルトガルに対して優勢だったのに負けました。

戦略だとか何だとか分析できる理由はいろいろあるのでしょうが、
運というか、神の力というか、人間の頭脳では説明できない
何かがあるのは確かという気がしました。

私が勝手に思っているのですが、

いつもチームが頼りにしているロナウドが欠けて、
返ってチームが団結して、90分をディフェンスに
集中し必死に0ゴールで切り抜けた。

そして、あの延長戦が始まる前に
ロナウドが各選手にかけた言葉がチームに自信を与えた。

これが勝因ではないかな?

とにかく、完璧な筋書きのドラマでした049.gif
[PR]
昨夜ドイツは2-0でE杯開催国フランスに
負けてしまいました007.gif

ドイツがほとんどまさっていたので
これは不思議な結果でした。

でも、ドイツのほんの少しのミスをフランスが
チャンスとして確実にとらえたのです。

応援もすごかったし、ホームのメリットも
あったでしょう。

ドイツがあれだけたくさんのシュートを放ち
あれだけさまざまな選手がトライしたのに
一つも入らなかったのは、いったい何でだったのか?

というのがドイツではきょうメディアのテーマに
なっています。

まず、運がなかった。

そして、トップポジションのアタッカーがマリオ・ゴメス
しかいなかったのが敗因という説が濃厚です。

そのマリオ・ゴメス、怪我で準々決勝を途中で退場。
準決勝では欠場だったのです。

それで、ゴメスの代わりになる選手がいなかったわけです。

加えてMFケディーラも怪我で欠場、そして準決勝の途中では、
今大会信頼できる大黒柱だったボアテンが怪我で退場。

特にグリースマンに入れられた2点目は、GKノイアーが
ボールをはじくために前に出てゴールが空になった隙だった
ので、あの時誰もが「ボアテンが居れば・・・」
と思ったでしょう。

スポーツに怪我はつきものですが、
たくさんの怪我人が出てレーヴ監督も大変だったと
思います。

その中で万全の戦略を立て、選手もそれにこたえたのに、
残念でした。

日曜日の決勝を待たずにE杯フィーバーはすでに
ドイツでは収まりつつあります。

レーヴ監督も言っていましたが、
優勝はフランスでほぼ間違いないでしょう。

だって、ポルトガルはまだ一回(準決勝のウェールズ戦)
しか勝っていないのですから、それで優勝はないでしょう。
いくらロナウドが居ても。
[PR]
ドイツ対イタリア

さすがにこのカードは日本の地上波テレビでも
放送がありましたね。

延長戦の後、PK戦でドイツが勝ちました。

120分を通してドイツが優勢だったので、
この結果は妥当だと思います。

でも、PK戦というものはクジみたいなものなので、
見ている方も神経がすり減ります008.gif

ドイツはエジル、ミュラー、シュヴァイニーの古参が失敗。
ドラクスラー、キミッヒ、ヘクトアの新参が成功。

ファウルでPKを呼んでしまったボアテンは
その汚点を返上するかのように成功。

なんかきょうのはただのPKとは違った。
人間の心の動きがよく見えた感じでした。

さて、ドイツの準決勝は木曜日。
対戦相手はアイスランドがフランス。
それはきょう決まります。
[PR]