お相撲が終わってから更新をすっかりご無沙汰
してしまいましたが、一応いろいろと忙しく
しています。

この間の週末にはフィヒテル山脈にスキー
にも行ってきました。
でも、私はもっぱら雪道をウォーキング
していましたが。

でも、スキー学校に入って練習している
子供たちの姿を見ていたら、来年は私も
まずスキー学校に入って、約25年ぶりに
スキーを一から習おうかしらという気に
なりました。

まあ、自転車と同じで昔できたものは
体が忘れていないとは思いますけど。
昔からそれほど上手だったわけでもないので。

それに板も今みたいに短くなかったし、
勝手も違うかなと思ったり・・・
それに何といっても年齢が・・・ね?

ところで、スキーだけでなく、
ニュルンベルクでPALAZZOに行ってきました!

これは大きなテントの中でスターシェフの
お料理を食べながら、目の前のサーカス(動物はなし)
を楽しむという何とも贅沢なエンターテインメント。

写真を数枚:

d0116376_17525679.jpg
d0116376_17541035.jpg
d0116376_17531966.jpg
満喫しました165.png




[PR]
結構面白かったですね。
人間ドラマが見られた面白さがありました。

栃ノ心が優勝して良かった165.png
おめでとうございます!

栃ノ心と言えば、幕内に上がった頃、
「琴欧洲に間違えられて嫌だ」と
言っていたという記事を読んで、
「傲慢」という印象を受け、
あまり好きではありませんでした。

でも、その傲慢さ、怪我で下まで落ちて
取れたんじゃないかなと思います。

本当に地道に努力して復活してきたのですね。
人間は失敗から学ぶといいますが
本当にそうですね。

体を見るといかに鍛えたきたかが
分かります。

もう30歳ですけど、これからも頑張ってほしいです。

今場所は上位陣が薄かったせいか、
下位力士に注目が集まり、
それも力の入った取組みが多く、
楽しめました。

例の貴ノ岩が白鵬と鶴竜に
「もうあなたたちの時代じゃない」
と言ったとか聞きましたが、
(実際にそう言ったかどうかの真偽は不明でも)
何か本当にそうだな、
と思ってしまう場所でした。


[PR]
きょうは珍しく朝(9時から10時)に時間があって、
今、大相撲をリアルタイムで見ています。

偶然、きょうの正面の解説者は鳴戸親方!
虫が知らせた?
という気もしますね101.png

栃ノ心と宝富士との力の入った取り組みから
見られたのでさらにラッキーでした165.png

栃ノ心、十両まで落ちたのではなく、
幕下の下まで落ちたんだそうですね。

そこから復活して今場所の活躍、
頑張ってほしいですね。

鶴竜が安定しているので、
優勝は無理かもしれないけれど、
ここまでいい相撲を取っているのは
素晴らしいです。

と、ここまで書いたら、
鶴竜が玉鷲に負けてしまいました153.png

これで栃ノ心にもおおいにチャンスが・・・
と私まで欲が出てきました101.png

鳴戸親方の解説良いですね:
「引き癖のある鶴竜が引いたので
玉鷲が喜んで出ていった」

それから面白かったのは、
アナウンサーが今場所幕内で優勝経験がある
力士は鶴竜と豪栄道だけと言ったら、
私もすぐ「ええ?琴奨菊は?」
と思ったら、カロヤンがすぐ注意して
「琴奨菊も」って言ってました(笑)



[PR]
私は大相撲ファンなので
昨年から今年にかけての大相撲を巡る
スキャンダルにもちろん胸を痛めています。

それにキセノンが元気なくまたまた休場して
しまって日本中のファンと同じくため息を
ついています。

にもかかわらず、
懲りずに毎晩ダイジェスト版を見ていて
結構楽しめる場所になっているのには
驚かされます。

個人的な意見ですが、
嘉風とか御嶽海とか遠藤とか阿武咲とか・・・
取り組みを見るのが楽しみな力士が
たくさんいます。

そうそう、怪我で一度十両まで落ちて
復活した栃ノ心にも頑張ってほしいと
思っています。

こうやって見ると、偶然なんですが、
モンゴル出身の力士がいないですね。

いずれにしても何でもそうですが、
あまり長く君臨するといいことない
というのが私の意見です。
これは白鵬のことですけど。

(常々メルケル首相もそういう意味でも
そろそろ引き時だと思っているんですよね。)

白鵬一人に便りすぎた相撲協会にも
大いに問題ありという気がします。

まあ今場所の安定感からいくと
今場所進退をかけた鶴竜が優勝
しそうですけれど、上述の力士たち、
最後まで横綱を脅かしてほしいと
思っています。

キセノンですが、
不調でも今場所休場しないで
最後まで出るべきだったという
意見があります。

これが正しいかどうか私には判断できない
のですが、これは玄人の意見なのじゃないかな
と思っています。

休場を続けると勝負感覚が無くなる
というのは本当なのではないかと。
土俵に立つのが怖くなる・・・
なんてこともあるかも。

あの苦渋に満ちた表情のキセノンに
笑顔が訪れる日が来ますように。

[PR]
年が明けてもう1週間が経ちました。
2018年、たくさん楽しいことがあるといいですね。

さて、私たちはクリスマスのちょっと前に自宅を出発し、
ニュルンベルク、ゲッティンゲン、ハンブルク、
デンマークのグラムまで北上し、帰りにヒルデスハイム
に寄って南下し帰宅するという9日間、移動距離1900km
という車での旅を無事に終え、楽しかった、良かった、
どれも本当ですけど、実は何事もなく帰って来られて
ホッとしました101.png

何枚か写真を貼り付けてみますね:

d0116376_06075617.jpg
古い大学町ゲッティンゲン近郊のハノーバリッシュ・ミュンデン。
木組みの家々が立ち並び、綺麗でした。
クリスマスの第二祭日だったので、人っ子一人歩いていませんが、
普段は観光客でにぎわっている所だと思います。

d0116376_06081628.jpg
これはハンブルクのクリスマスマーケット。
と言ってもハンブルクでいくつか開かれている
クリスマスマーケットの一つにすぎませんが、
クリスマスが過ぎても30日までやっている
ということでした。

祭日中は家族や親戚とともに家で祝うドイツ人たちも
祭日が過ぎるとやはりまた繰り出したくなる
のでしょう。結構な人出でした。


d0116376_06083808.jpg
ハンブルクを後にして向かったのが
デンマークのグラムに住む友人宅。

面白いのが、30年以上も直接コンタクトがなかった
友人たちに昨年ひょんなことで再会して以来、
2年連続で再再会を繰り返しています(笑)

今回もまたスカンジナビア最古の町リーベに
連れていってもらいました(上の写真)。

d0116376_06082703.jpg
それから上の写真はリーベ近くにある
ワッテン海(干潟)センターの一展示。
洗練されたメディアミュージアムでした。

建物をはじめとしてインテリア、そして展示コンセプト、
すべてハイセンスで圧倒されました。

d0116376_06214870.jpg
暗いので見えにくいと思いますが、
これが外からの写真です。
屋根は葦でできています。
正に茅葺き屋根。
昔ながらの雰囲気を生かしながら
超近代的な建築でした165.png

最後にこの友人宅でいただいたデンマークの食事を
少し紹介しましょう。
デンマークは海の近くなので、
ここではやはりお魚を好んで食べるみたいです。
ということで、まず前菜:

d0116376_06382626.jpg
メインはローストビーフでした:
d0116376_06384145.jpg
全部手作り。
美味しかったです165.png



[PR]
d0116376_05420176.jpg
いよいよあすはクリスマスイブ。
今年はアドベントの第四日曜日と同日のイブです。

各地で開かれてきたクリスマスマーケットも
きょうでたいていは終わり。
(例外的にクリスマスの第二祭日後に
2,3日続けるところもあります。)

上記の写真は私が今年焼いたクリスマスクッキー。
ダイエットの目的で今年は焼かない!
と決意していたんですけど・・・
結局我慢できなくなって111.png12月15日に
3種類だけ焼きました。

でもそれも昨日底をつきました。
ということで、いよいよイブに向けて
雰囲気が高まってきました。

アドベントの間は賑やかだった町も
明日はひっそり。
皆が家族と共に聖夜を迎えます177.png

[PR]
d0116376_18221802.jpg
超綺麗でした165.png

ホットワイン、ソーセージ、ワッフル、ランゴッシュ、
グリルサーモン、ピザ、フラムクーヘン、
焼き栗や焼きアーモンド等、
おいしい飲み物や食べ物の他

カラフルなキャンドル、星形ライト、
エルツ山地の木工人形等、
クリスマス特有の名産品

香りと共に雰囲気があふれていました。

さむ~かったですけどね。

寒さもクリスマスを体感する大事な要素なんですよね101.png


[PR]
昨日は近くの老人ホームでクリスマス会があり、
その音楽をサポートしようと夫と二人で行って
きました177.png

夫はキーボードを弾き、
私は歌をサポートしました。

伝統のドイツのクリスマスキャロルを
みんなで歌い、楽しかったです。

中には重度の認知症の方もいらしたようですが、
懐かしいメロディーを聴くと目が輝くのが
分かりました。

やはり音楽はセラピーになりますね。

私たちの他に12歳くらいの女の子が
クラリネットを一人で吹きました。

まあ、曲目は同じくドイツのクリスマスの
歌だったのですが、その女の子、はっきり言って
下手だったんですね。

クラリネットって下手だと途中でキーっという
音が出たりするんですが、まさにそれで、
また音符の読み間違いもあり、聴いていて
ちょっとこちらが恥ずかしくなりました。

そのことをここで責めるつもりは毛頭ないのですけれど、
彼女が不安定な演奏を続けていたら、
興味深い現象が起こったんですね。

本来弱者であるはずのお年寄りの方たちが、
女の子の演奏に合わせて口ずさみ始めたのです。

ただ聴いていられなくなった、というか、
女の子をサポートしたくなって自然に
歌い始めたのだと思います。

つまりお年寄りが女の子を可哀想と思った、
この場合、女の子がお年寄りより弱い立場に
立ってしまった、というわけです。

人を助けるってこういうことなんだと
思いました。

私にとってはなんだかとても「感動的な」出来事でした165.png

[PR]
http://news.livedoor.com/article/detail/13979806/

ネットではサンタクロースの存在にキャッシュフローの
視点から疑問を投げかけた小4の女の子のことが話題に
なっています。

最高ですね165.png

ところでわが家にはサンタさん来ましたよ。
「うち煙突あるので」101.png

d0116376_18341179.jpg
世界中の子供たちをずっと喜ばし続けてほしい
という女の子のメッセージ、今度会ったら必ず
伝えておきます177.png

[PR]
前回(11月28日付)の投稿に私が
アドベントが始まったと書いたのは
間違いでした。

第一日曜日は一昨日12月3日でした。
一週間早かったですね(苦笑)

今年は12月24日が日曜日なので
クリスマスイブと第四日曜日が重なるのでした。

つまりアドベントの期間は実質3週間ということ。
珍しいケースです。
で、前回書いたことと逆でした。

私としたことが・・・すみません。

ところで今ドイツはとても寒く、
雪も降ったりしており、冬景色がきれいです。

そしてクリスマスマーケットも各地で始まり、
この寒さの中でホットワインなど飲むと
体が温かくなり、格別です165.png


[PR]
d0116376_02313347.jpg
今年はクリスマスイブが日曜日なので、
そこから4つ日曜日をさかのぼって
昨日の日曜日がアドベントの第一日曜日でした。

わが家もクリスマスの飾り付けをして
徐々に雰囲気が高まってきました165.png


[PR]
何といっても安美錦が勝ち越しを決める
ことができてよかったです。

インタビューも感動的でした。

その他は何とも問題ありすぎで
がっかり感が強い場所でした。

白鵬も40回優勝という大記録を達成したのに
あの万歳で「なんかね~」っていう感じに
なってしまいました。

それに問題渦中の力士の名前を挙げて
仲直りさせれば何事もなかったことにできる
かのような発言はするべきではなかったです。

いい取り組みもありましたが、
結局後味良くない場所でした。

安美錦、来場所も応援します166.png

[PR]
ブログ更新は怠っていますが102.png
お相撲は相変わらず注目しています。

まず、安美錦。

安美錦を心から応援する日が私に
訪れるとは、思ってもみませんでした。

ご贔屓だったカロヤンの天敵だったころは、
実に憎らしい相手だったんです(笑)

でも、今はしっかり応援しています。

時代は変わるもの、
そして好みって変わるものだな、
とつくづく思います。

あとキセノンが窮地に立たされているので、
観るのが辛い面がありますね。

若手に強い力士が出てきているのは
頼もしい限りですけれど。

それからハルマのことですが、
事の真偽は分かりませんが、
カロヤンが怪我している足の方を目指して
攻めてきたこともありましたからね。
アミと違って私の好みが変わることもなく、
相変わらず好きになれない力士なので、
今回のスキャンダルにそれほど驚かされる
こともない感じです。

それにしても貴ノ岩がハルマに暴行を受けた
直後に平気そうな顔して表敬訪問していた
写真を見て、最初から「どうなってるの?」
と思っていました。

親方同士の権力争いという疑念もあるとか・・・

お相撲ファンは本来本場所の力の入った相撲
だけに注目したいんですよねぇ・・・

[PR]
d0116376_04573603.jpg
d0116376_04575350.jpg
久しぶりにマーブルケーキを焼きました。

このレシピ、33年前に友人にもらったもの。
それを思い出していたら、月日が経ったことを思い、
ノスタルジックになってしまいました。

折から、秋の気分も手伝ったのかもしれません。
辺りは落ち葉でいっぱいです。
d0116376_05013993.jpg


[PR]
d0116376_03475650.jpg
(ノルディックウォーキングの途中で撮った写真)

こちらはすっかり秋の気配です。

日本ではきょうは大型台風の最中、
衆議院選挙が行われて大変な日でしたね。

選挙の結果を私もNHKの速報でずっと追っていました。
選挙前の予想通り自民党の大勝で
個人的にはガッカリしました。

一つの政党や人が長きにわたって君臨するのは
いいことじゃないと思うからです。

ドイツのメルケル首相もこの秋4期目にはいり
長すぎると私は思っています。

彼女がこれまで人気のある政治家であったことは
誰もが認めることですが、もう13年目です!

コール首相の17年にも及びそうですし、
そのコール首相も最後は政治献金の
スキャンダルで後味悪い政治家としての終わりを
迎えました。
それが教訓だったんですよね、
長すぎるとよくないっていう・・・

ちなみにメルケル首相ですが、
9月の連邦選挙でも勝ったとは言え、
党(CDU)は議席数を減らしたし、
先日行われたニーダ―ザクセン州地方選挙では
大敗したので、翳りが出てきたというもっぱらの噂。

安倍首相も今度の圧勝で有頂天にならず
よっぽど謙虚な気持ちで有権者の
気持ちに応えていかないとダメだと思います。

立憲民主党の躍進は目を見張るものがあります。
これは逆境を克服しようとする姿が
日本人の判官贔屓をくすぐったという人が
いますが、その是非はともかく、ご本人たちも
新党に必要な新たな輝きを感じ取り、
またそれを放つ体験をされたのではないでしょうか?

民進党のままだったらあり得なかったことのように思います。

新党をこれから作り上げていく上で、今回の選挙で
体験したその感動を忘れないでほしいと願っています。


[PR]
d0116376_18233224.jpg
リハビリから帰宅しやっと日常を取り戻しています。
もちろん、継続は力なり、ですから、
これからも運動は続けていくつもり。

折から、こちらは素晴らしい秋晴れ。
ノルディックウォーキングに行ってきました。
上記の写真はその時のスナップです。

久しぶりのわが町、というか私の住んでいる町の
景色、紅葉が綺麗です。

さて、日本は衆院選挙で騒がしいことと思います。

私はもう在外投票の郵便を出しました。
ぎりぎりですが間に合うと思います。

公開の場で誰を、どの党を支持するなど、
もちろん言いませんが、遠い外国で
私の思いは複雑です。

自民党内でポスト安倍を狙う石破さんの
立場も複雑ですよね。

これで自民党圧勝となれば、安倍さんが
「国民の支持を得た(ので森友、加計問題は
忘れていい)」という主張で続投になるのだろうし、
自民党の勝利は石破さんとしても目指さなくては
ならないし・・・

などと、他人事ながら、心配したりして。

自民党支持の人で石破さんに首相になって
もらいたい人はどうしたらいいんでしょうね?

希望の党が選挙民の心を侮らなければ、
その辺、もっとうまくいったのにね、と
私は思います。

残念なことです。

[PR]
さて、リハビリプログラムの内容です。
私の場合は:

1週は

理学療法30分が2

マッサージ30分が2回

マシンを使ったトレーニング1時間が3回

アクアジョギング30分が2回

ウォータートレーニング30分が1回

背骨トレーニング30分が2回

循環しながらやる10種トレーニング30分が2回

溶岩パックが2回

背中についての講義1時間が3回

太極拳30分が1

ノルディックウォーキング1時間が1回

第2週は、背泳コース45分毎日が加わりました
(その代わり、第一週のアクアジョギングと
ウォータートレーニングが削除されました)。

第3週は、再び第一週のプログラムに
ほぼ同じです。

太極拳とヨガは術後まだ12週間経っていないと
いう理由で削除されました。
体をねじる運動が多いのだそうで、まだ適さない
ということらしいです。

これだけインテンシブに運動をすると、
まず、昼食の時間に本当にお腹が空きます166.png
それから夜ぐっすり眠れます152.png

時間割に沿ってアチコチと建物の中を歩き回って
いると、学生時代に戻ったような気がします。
懐かしいです101.png

このリハビリでしっかりと安定性を
身に着けるつもりです174.png


[PR]
椎間板ヘルニアの手術を受けたのは8月10日。
半年間苦しめられた痛みがすっかり取れ、
別世界で生き返ったような気さえしました。

術後3週間自宅で静かにした後、
6月に亡くなった母を偲ぶ会が9月初めに予定
されていたので、2週間日本に一時帰国しました。

手術をしてくれたドクターは
「術後3週間で長いフライト」に
もちろんいい顔をしませんでしたが、
事情が事情でしたので、フライトを
急遽グレードアップし、フラットシートで
何とか問題なく行ってきました。

帰独後、即予定のリハビリが始まりました。
3週間の予定で現在2週間が過ぎたところ。

これは手術をした病院の社会保険担当者から

リハビリの希望を訊かれ、その病院が

健康保険会社に許可を得たことによって
参加が
決定したものです。

こういったリハビリはたいていは宿泊付で、
病院のようなホテルのような宿泊施設に
滞在して行うのですが、通いリハができる
所もあります。
そこで、私はその通いリハをやっています。

これですと昼間はリハビリプログラムをこなし、
夜は自宅に帰り、普段の生活を保つことができます。
ただし、これは「通える」状態であることが
条件です。

実質15日間通いリハの場合、料金の自己負担は

150EUR110EURです。

(もちろん保険が負担してくれる日数は

無制限ではありません。)

また、プログラムには昼食が含まれており、
この昼食メニューは、普通食とベジタリアンと
2種類。毎日サラダバー、スープ、
メイン、デザートと揃っています。
また、味もなかなかです。

そこで、最も大事なリハプログラムの
内容ですが、それは続編でご紹介しましょう101.png


[PR]
2回目のレーザー治療も効果なしだったため、
いよいよ背中を数センチ切る手術を受けました。
先週の木曜日のことです。

今回はもちろん全身麻酔です。
手術は成功165.png
昨日退院しました。

入院前日に見た(今年2度目の)ダブルレインボー:

d0116376_22424087.jpg

本当に幸運の前兆でした179.png

予後の注意はまだまだ続くとはいえ、
半年間続いた痛みは嘘のように無くなりました。

手術をしてくれたドクターに感謝です。
特に問診の翌々日に執刀してくれたこと、
何と言っていいか分からないほど、
感謝しています。

手術前に麻酔医が私に
「彼の手術はいつもドライだから」
と言ったので、どういう意味か尋ねたところ、
出血がいつも少ないので有名なのだそうです。

それだけ腕がいいということらしいです165.png165.png165.png


[PR]
日本から来た友達とランチ。
で、下記のスペアリブを食べました:
d0116376_18011327.jpg
これ、一人分です。
写真では迫力が伝わらないかもしれませんが、
実は、横が約30 cm、縦が20 cmくらいの入れ物に
入ってるんです146.png

お肉の身の部分はそれほどないとはいえ、
食べるのに疲れて、おなかがいっぱいになる前に、
降参してしまいましたぁ135.png

以前にも同じレストランで食べたことがあって、
このブログでも報告したことがありました。

先ほどちょっと探したら、2010年の8月、
その時はポテトをあまり食べずにお肉に集中した
せいか、完食した、と書いてありました。

でも、今回食べきれなかったのは、歳のせいも
あるのかも・・・だって7年経っているので142.png

で、味の方も前回は美味しいと思ったみたいですが、
今回は「まあまあ」と感じた次第。

ここのシェフはオーストリアで修業したことが
ある人なので、クレン(西洋わさびの細い千切り)
がついていたのが、私には何より嬉しかったです165.png

これって大根おろしに喜ぶ老人って
いう感じかもしれません(笑)



[PR]

d0116376_19551770.jpg
昨夜はリコーダーアンサンブルの仲間と観劇に行きました。
数年前から夏休みに入る前後にいい演目があったら
行こうという話になっています。

このブログでも紹介したことがあると思うのですが、
最初の年は「シュぺッサートの宿」、次の年はシェークスピアの
「真夏の夜の夢」でした。

この二つの作品はコミカルな内容で楽しめたのですが、
その次の年の作品がなんだか暗い作品だったので、
それ以来お休みしていました。

で、今年はモリエールというコメディだったので、
行くことになったのでした。

モリエールと言えば私は「人間嫌い」を読んだのみですが、
有名な劇作家です。
彼の生涯に倣っていくつかのストーリーを劇化した演目でした。

本当のことを言うと、私にはちょっと難しすぎて、
あまり笑えなかったんですよねぇ。。。
内緒ですけど。

で、観客の中でいやに大声で笑う人が2人くらいいて、
あまりよく内容についていけなかった私だけじゃなく、
他の多くの人もだまっているところで笑い声を上げるので、
「笑い過ぎじゃない?」
と思ったのですが、
あれって「サクラ」かもね。

俳優たちは右往左往と頑張っていました165.png

野外劇場といってもお城の中の中庭で
一応テントがあるので雨天でも決行できるのですが、
昨夜は雷雨も予想されたので、傘持参していきました。

そのせいでしょうか、降られずに済みました102.png



[PR]
ドイツでインド料理を食べるなんて・・・
とちょっとビックリされるかもしれません。
ま、イギリスなら植民地だった過去もあるので、
分かりますが、ドイツでは「珍しいですね」って
言われそう。

でも長くドイツに住んでいると、どこかに出かけた時に
ドイツ料理を食べるというのはあまりに陳腐。
なので、わが家はたいてい和食あるいは中華あるいはインド料理
を探します。

で、昨日はフランケン地方の町でカレー3種のランチ:
d0116376_23214489.jpg
もちろんナンを付けてもらいました。
本当はパトゥーラ(揚げナン)があったら
それを頼みたかったのですが、
ウェーターがあまりドイツ語が分からず
私の言うことを分かってもらえませんでした。
(後で考えたら、英語で説明すれば話が通じたかもですよね、
インドの人なんだから135.png
d0116376_23215924.jpg

d0116376_23221201.jpg
兎にも角にも、
このマンゴジュース、最高に美味しかったです165.png



[PR]

雨上がりの空を見上げたら
後ろから陽が差して前には虹が半円を描いていました165.png
d0116376_04241971.jpg
d0116376_04244238.jpg
そしてしばらくしたら、幸運の前兆と言われる
ダブルレインボーまで見えました165.png
d0116376_04245703.jpg
何かいいことあるかなあ174.png


[PR]
椎間板ヘルニアの治療で、レーザー治療を受け、
その予後が思わしくない話はしましたが、
治療が上手くいかなかった大きな理由は
MRIデータがなかったことです。

50年以上前、子供の頃に受けた先天性の
心臓疾患の手術時に胸骨に3カ所メタルを
使ったことが分かっていて、その材質が不明だと
いうことで、問い合わせた病院各所に磁気を使う
MRI検査を受けることを拒否されてきました。

でもやっと、ある放射線科の医師が、
心臓自体に使ったのでなければ、問題ないはず、
と受け入れてくれたのです。

それが今月12日のこと。

で、一抹の不安をかかえながら受けたのですが、
全く問題ありませんでした165.png

で、早速、そのデータを持って整形外科へ。
担当医師には、これほど飛び出している組織が大きいと、
レーザー治療では完全除去は難しい
という理由で手術を勧められました。

しかし、同時に、手術までの時間も見越し、
並行してレーザー治療を試みてみますか?
と訊かれたので、そうすることにしました。

で、早速、昨日、2回目のレーザー治療を受けました。

手術前、担当医師の意気込みも今回はちょっと
違ったような気がします。

「しっかり真ん中(組織の位置)までやってみますから」
ということでした。

で、結果は「すっかり除去できました165.png

まだ痛み(の余韻?)はありますが、
今回は効果がありそうな予感です。

これだったら大きな手術は必要ないかも・・・

2週間くらい様子見です。

ところで、前回より時間も長くかけたようでしたし、
じっくり治療を行うために麻酔を微量だけ
多くしたのだそうです。

そうしたら、私、すっかり麻酔が利いて、
ぐっすり寝てしまい、2分間くらい無呼吸状態に
なってしまったとか131.png

モニターで麻酔医が管理しているので、
すぐ酸素補給し問題にならなかったそうですが、
マイケル・ジャクソンはこれで亡くなった
そうだと聞いて、

ドキッでした119.png

[PR]

昨年9月に行ったオーストリアの
ブレゲンツの森に再び行ってきました。

d0116376_03570501.jpg
d0116376_03591990.jpg
d0116376_03581576.jpg
実は腰の問題が解決しないまま
休暇旅行に出かけたので、
今回はハイキングはお預けでした。

でも、
いろいろな意味で静養が必要だったので、
予定通り出かけてよかったと思っています。

何しろご覧のように素晴らしい自然が
溢れていました165.png



[PR]
先月13日に母が他界しました。
老衰でした。

親の死に目に会うということが
どんなに重要なことか分かりませんが、
私は5月に一時帰国した時に
心の中で別れを告げてきたので、
母の最期に駆けつけることはしませんでした。

9月始めに親戚が集まって偲ぶ会が
あるので、それには夫と娘と3人で
ドイツから参加する予定です。

こういう私的なことをブログで公開する
というのはどうかなと思うところもあります。

ブログって本来日記ですからね。
日記を公開すること自体に違和感があって
当然です。

(海老蔵さんもいろいろと難しさを感じて
いることでしょう。
海老蔵さんの場合は、ブログを綴っていく上でも
やはり有名人であることと、私的な人間である
ことに境をつけた方がいいと私は思います。
私的人間の領域に戻るために、公開をしばらく
お休みしたらどうでしょうか?)

ところで、亡くなった私の母は、最後の3年半、
ケアハウスにお世話になりました。

約10年前、80歳で膝関節手術後に
理由不明のまま半身不随になってしまい、
車いすの生活を強いられました。
そして、徐々に、自宅での介護が
難しくなったので、自宅近くの
ケアハウスに入居しました。

そして、そのケアハウスで静かな最期を
迎えることになったのですが、
スタッフの温かい介護には
家族として頭が下がりました。

この事を公開の場で言いたいために
私事をブログに記すことにしました。

ベネッセ今川ケアハウスの皆さん、
本当にありがとうございました。

[PR]
前回の投稿から1カ月以上が経ってしまいました。

その間にいろいろなことが起こったので
徐々に報告していきたいと思っていますが、
とりあえず、前回の投稿で改めておすすめ
したハンブルクの町がこの週末、
全くその美しい様相を変えてしまうような
醜い出来事で大騒ぎだったことを今書かずには
いられません。

7,8日の両日にハンブルクでG20サミットが
行われました。

それで各国から首脳陣が集まってきましたが、
グロバリゼーション反対派も各国から集まって
きたのです。

複数のデモ隊と警官とが衝突して
騒ぎがエスカレートし、反対派が店を荒らして
商品を盗んだり、窓を割ったり、駐車して
あった車を燃やしたり。。。。
まるで戦争のようになってしまったのです。

たくさんの怪我人や逮捕者が出ました。

5月に私が行ったハンブルクはあれほど
美しくて平和だったのに。。。
あんなことがドイツで起こるなんて
信じられません。

ホステス役のメルケル首相はあの新しい
エルフィー(前回投稿写真のコンサートホール)
で行われたケント・ナガノ氏指揮ハンブルク州立
オーケストラ演奏によるベートーベンの第九
に各国首脳を招待しました。

その間もエルフィーの周りでは信じられない
騒ぎが起こっていたのです。

第4楽章の喜びの歌を思い浮かべると
この出来事が実に皮肉に心に響きます。

[PR]
日本から帰ってきて3日後にハンブルクに行ってきました。

足の痛みは相変わらずで杖をつきながらの移動でしたが、
QOLの低下にもめげず出かけてきました166.png

d0116376_20442888.jpg
折から最高のお天気174.png
オープンカーでアルスター湖を一周。

美しく輝く湖を眺めて幸せな気分に浸りました162.png

向うに見える塔は左から
聖ヤコビ教会
聖ペトリ教会
聖ニコライ教会
そして市庁舎です。

d0116376_20524220.jpg
アルスター湖がハンブルクの伝統的な象徴なら
このエルプフィルハーモニーは
町の新しい象徴です。
2016年にオープンしたコンサートホールです。

当初の予定より費用がかさみ、いろいろと問題も
あった建物ですが、まだ完成して間もないこともあり、
新しい人気の観光名所にもなっている模様です:
d0116376_20595036.jpg
私がこれまで行ったことがあるドイツの町の中でも
ハンブルクは私にとってナンバーワンの町。
同じく(私にとって)最上級レベルのミュンヘンと比べても
シティ感覚においては一段上という気がします。
また町の中に湖があるというのが素敵。
おすすめです165.png




[PR]
前回の投稿から大分経ってしまいました。

で、今2週間前から日本に来ています。

母が大分老衰で弱ってきているので、
どうしてもこちらに来たかったのですが、
例のレーザー治療の後の予後が思わしくなく、
足が痛いのでこちらでも杖が手放せません。

家から最寄りの駅まで通常徒歩10分弱なのですが、
先日頑張って歩いてみたら25分かかってしまいました。
スタート時はよかったんですけどね。
途中次第に足の痛みで足が前に出なくなってしまったのです。

それでこちらで2日に一度鍼治療に通っています。

1回一時間強のインテンシブ治療をこれまで6回受け、
離日前にあと2回受ける予定です。
痛みはまだ無くならないのですけれど、
即効果が見えるものでもないかと思うので、
忍の一字です。

そんな中、お相撲の時期に来たのは私にとって
一つの癒し。
キセノンの苦しい場所をしっかり見届けるつもり。

ではでは、また投稿しま~す101.png


[PR]
今週末はこちらはイースターの連休で
先週の金曜日ときょうの月曜日が祭日でした。

生憎お天気がよくなかったので、
一週間前の最高のお天気の時に撮影した
マイガーデンの写真を下記にアップします:

d0116376_04295921.jpg
d0116376_04302017.jpg
で、冒頭に書いた通り、今週末はお天気が悪かったのですが、
雨が降り出す前にこのマイガーデンで恒例の卵探しをやりました。
楽しかったです101.png

それから、映画館で「美女と野獣」を見てきました。

いや、CG技術と言い、エマ・ワトソンと言い、
ダン・スティーブンスと言い、
良かったです165.png

日本でもすでに公開とか・・・
おすすめです。




[PR]