サッカー国際親善試合 ドイツ 2-1 イングランド

ヨーロッパサッカーの速報です:

今晩は、ロンドンの新しいサッカー場ウィンブリーのオープニング試合がありました。

イングランドはナショナルチームのメンバーに一年ぶりにベッカムをアメリカから呼び戻して試合に臨みました。ルーニーは怪我で欠場。

ドイツのナショナルチームもバラック、フリングス、クローゼ、シュヴァインシュタイガー、ポドルスキーなど昨年のワールドカップの時の重要メンバーが軒並み欠場だったので、ポジションも大分変え、不慣れなチーム編成でプレイ。

それで危ない場面も何度かありましたが、結果的にはドイツが伝統の対戦相手イングランドに勝ちました。

ドイツの公共放送ARDの人気サッカー解説者ギュンター・ネッツァー(元ナショナルチームメンバー)は、盛んにベッカムを批判していました。トレーナーのマクラーレンは他に人がいなかったからベッカムを呼んだ、「偉大な名前」に似合わない働きぶりだ、アメリカのチームのスピードでは国際的には通用しない、と。厳しいお言葉でした。

尚、ドイツのフィリップ・ラームは新しいポジションだったにもかかわらず相変わらず素晴らしい動きで感心しました。アナウンサーも「偉大なサッカー選手だ」って言っていました。本当に注目に値する選手です。

あっ、それからクリンスマン前監督も観に来ていました。彼はワールドカップでドイツを3位に導いておきながら、バーンアウトを理由に監督続投を拒んでアメリカの自宅に帰っていました。それ以来勲章授与式などにも姿を見せなかったのですけれど・・・少なくとも私は約一年ぶりで(テレビで)姿を見ました。

時が経って彼の周りも静かになってきたせいでしょうか、それにレーヴ新監督指揮下でもチームが安定して勝利の快挙を続けているせいでしょうか、それか対戦相手が何と言ってもイングランドだったからでしょうか・・・懐かしいお顔でした。
[PR]
トラックバックURL : https://mamapandam.exblog.jp/tb/6016590
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mamapanda_mimi | 2007-08-23 07:57 | Trackback | Comments(0)

ドイツでの暮らしや日本に里帰りした時の話など綴っていきます。


by mamapanda_mimi
プロフィールを見る
画像一覧